Foovo Deep

イスラエルのImagindairyは精密発酵でアニマルフリーな乳製品を開発

 

微生物発酵技術によるアニマルフリーな乳製品開発が盛り上がる中、イスラエルのスタートアップImagindairyが新たにこのリストに加わった。

Imagindairyは遺伝子組換えされた酵母を活用して「本物と見分けがつかない真の乳タンパク質」を開発している。

具体的には、ホエイカゼインという乳タンパク質を構成する重要なタンパク質を開発している。

出典:Imagindairy

微生物発酵の中でも「精密発酵」という技術で作られるImagindairyの乳タンパク質は、遺伝子組換え食品を含まず、コレステロール、乳糖を含まない

それでありながら、同じ食感、栄養価、風味を実現している。

Imagindairyによると、同社の微生物発酵による乳タンパク質は、牛由来の乳製品に匹敵するタンパク質含有量、カルシウムを含むミネラル組成を実現している。

食品メーカーはImagindairyの乳タンパク質を製品に組み込むことで、動物由来の乳製品に匹敵するタンパク質含有量、栄養プロファイル、食感をもつアニマルフリーなチーズ、ヨーグルト、ミルクなどの乳製品を生産できるようになる。

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

関連記事

  1. イート・ジャストの代替卵JUST EggがEU当局の認可を取得
  2. ShiruがAIプラットフォームで開発した最初の製品「OleoP…
  3. 培養魚を開発するBlueNaluが史上最大の約62億円を調達、パ…
  4. Evo Foodsとギンコ・バイオワークス、アニマルフリーな卵タ…
  5. エリンギ由来のジャーキーを作るハワイ発のMoku Foods
  6. Kikka Sushiが米ホールフーズで植物性のビーガン寿司を発…
  7. 米Apeel Sciencesがアボカドの熟度を即座に把握する新…
  8. 微生物、空気、電気を使ってタンパク質を開発するSolar Foo…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

香港IXON社が肉を2年間常温保存できるASAP技術を開発

香港のスタートアップIXON Food Technologyは画期的な食品保存方…

【参加レポート】第1回フードテックジャパン展示会

日本初となる第1回フードテックジャパン展示会が開催された(2020年11月25-…

精密発酵で着色料を開発するMichromaが約8.4億円を調達

精密発酵により持続可能な天然着色料を開発するMichromaは今月、シードラウン…

世界初!アレフ・ファームズが3Dプリンターで培養リブロース肉を開発

イスラエルのアレフ・ファームズ(Aleph Farms)が培養リブロース肉の3D…

古細菌の力で二酸化炭素をタンパク質に変換|オーストリア企業Arkeon Biotechnologiesが約8.5億円を調達

オーストリア、ウィーンを拠点とするArkeon Biotechnologiesは…

ビヨンドミートが新しいビヨンドバーガーを5月に全米小売で発売

代替肉巨人のニュースが止まらない。ビヨンドミートが新しい植物肉バーガーを…

マイコプロテイン・菌糸体タンパク質レポート好評販売中

精密発酵レポート好評販売中

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,760円(07/19 13:05時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(07/19 22:32時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(07/20 02:17時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(07/19 18:59時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(07/20 11:33時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(07/19 21:57時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP