キッチンOS

キッチンOSのサイドシェフ|買出しレシピサービスでウォルマートと連携

>> <<

 

キッチンOSの主力スタートアップサイドシェフ(SideChef)とウォルマートとのコラボが始まった。

サイドシェフのアプリで、レシピ検索からウォルマートでの食材調達までのシームレスな対応が可能になる。

サイドシェフはこれまで、レシピの検索から食材購入までをノンストップで可能とするサービスをAmazonフレッシュと提携していた。

出典:サイドシェフ

今後は、ウォルマートでも同様のサービスを利用できるようになる。

キッチンOSとは

サイドシェフはキッチンOS主力スタートアップの1つ。

キッチンOSとは、レシピ検索から食材の発注、調理時の火力・温度・時間調節などをシームレスでつなぐ概念のこと。たとえば、アプリからオーブンの温度や加熱時間を調節できるようになる。

キッチンOSのイメージ 出典:イニット

キッチンOSによって、「買い物」「レシピ」「調理」というバラバラだった行動を一連の流れとして連動できるようになる

キッチンOSのプレーヤーの中でも、注目を集めるのがレシピを開発する企業である。家電メーカーではアクセスしがたい、好み、アレルギー、よく使う食材などのパーソナルデータを保有するという強みがあるからだ。

キッチンOSの主力プレーヤーの1つがサイドシェフ。

オンラインゲーム業界出身の創業者ケビン・ユーが、自分のように料理が全くできない男性のために立ち上げたスタートアップだ。料理中にアプリを操作する度に手を洗わなくていいように、アプリのレシピ画面を音声で操作することも可能だ。

ケビン・ユー 出典:chinaparadigm.com/app-development-china/

今月から始まるのが、レシピ検索からウォルマートでの食材調達までシームレスに対応するサービス

サイドシェフのアプリ、ウェブを使用するユーザーはレシピに必要な材料をワンクリックで購入、全米3300店舗のウォルマートからデリバリーまたはピックアップする店舗を選べる。

出典:ウォルマート

現在、サイドシェフには買出しまで一括でできるレシピが150個ある。今月後半には1万個に増える見込みだという。レシピに必要な材料を購入できるほか、ユーザーは作る量を変えたり、使用するブランドを替えたりできる。

活発化する買出しレシピサービス

買出しできるレシピサービスは活発化している。

2020年7月にはドイツのサーモミックス(Thermomix)がレシピコミュニティCookidooで買出しできるレシピサービスを開始。8月には買出しレシピサービスを展開するスウェーデンNorthforkが110万ドル(約1億円)を調達している。

Northforkのサービスもウォルマートと連動している。ユーザーのアプリには、最も近いウォルマートが表示されるほか、在庫まで調べてくれる。購入すると、早ければその日に食材が届くという仕組みだ。

買出しまでシームレスで対応するレシピサービスの高まりは、コロナウイルスのパンデミック発生と密接に関係している。2025年までに食料品EC市場は2500億ドル(約26兆円)の売上になり、食料品全体の21.5%のシェアを占めると予想されている

出典:mercatus

サイドシェフのように、買出しまで可能なレシピサービスを提供する企業にはまだ発展の余地が十分にありそうだ。

 

参考記事

SideChef Now Offers Shoppable Recipes Through Walmart

Three Reasons Why We are Excited about Walmart+

Shoppable Recipe Service Northfork Raises $1.1M

SideChef Integrates with Amazon Fresh for Shoppable Recipes

 

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉開発に取り組む企業をまとめたレポートを無料でお配りしております。

●全66社

●全15ページ

の無料レポートです。

登録は1分で終わりますので、ぜひこの機会にご利用ください。

メールマガジンにご登録いただいた方には、 週1~2回フードテックの最新ニュースをお届けしております。

↓↓↓↓↓

メールマガジン登録はこちらから

 

>> <<

関連記事

  1. Cooler Screens|店舗の冷蔵食品棚を動的な広告に変え…
  2. Impact Snacksが世界初のカーボンポジティブな植物性ス…
  3. ベースフードをお試しした感想⇒継続決定【まずいは嘘】|口コミ・評…
  4. 米Bowlton Kitchensの1時間に300の調理が可能な…
  5. 微生物発酵で赤色着色料を開発するChromologicsが約8億…
  6. 新鮮な食材を買える自販機3.0のFarmer’s fridgeが…
  7. ミツバチを使わない「本物のハチミツ」を開発する米MeliBio
  8. フードテックの祭典Smart Kitchen Summit 20…

おすすめ記事

細胞を培養して人工母乳を開発するTurtleTreeが約6億3千万円を調達

このニュースのポイント●人工母乳を開発するシンガ…

韓国LOUNGE’LABがロボットアイスクリームショップBrown Banaをソウルにオープン

AI、ロボット、ブロックチェーンを活用する韓国のスタートアップLOUNGE'LA…

植物性着色料を開発中のイスラエルフードテックPhytolonが約5億円の資金調達に成功

植物由来(プラントベース)の着色料を開発するイスラエルのフードテックスタートアップのPhytolon…

菌糸体ステーキ肉の開発に挑むスペイン企業Libre Foods

日本では大豆ミート、ソイミートという言葉が浸透しているが、海外では代替肉の原料=…

イート・ジャストがカタールへの培養肉工場の建設でQatar Free Zones Authorityと提携

シンガポールに続き、次に培養肉の販売を承認する国がカタールとなる可能性がでてきた…

えんどう豆由来の代替ミルクを開発するSproudが約6.8億円を調達

えんどう豆を主原料に代替ミルクを開発するSproudが480万ポンド(約6億8千…

Foovoレポート好評販売中

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業66社をまとめたレポート(全15ページ)を無料でお配りしております。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(09/17 14:38時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(09/17 08:30時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,881円(09/17 19:03時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP