デリバリー

フードデリバリーの「Google」、デリバリー各社を比較・検索できる統合アプリMealMeとは

 

フードデリバリーを頼むとき、多くの人がさまざまなプラットフォームを使って、何を注文しようかと考える。

しかし、もしかしたらいつも使うデリバリーよりも、もっと安いデリバリーがあるかもしれない。

そんな時、わざわざ個別のプラットフォームで検索しなくてもいいように、2名のアメリカ人青年がフードデリバリーをシンプルにするサービスMealMeを始めた。

フードデリバリーの「Google」

MealMeはさまざまなフードデリバリーを比較・検索できる統括プラットフォーム。

まさにフードデリバリーの検索エンジンともいえる。

出典:MealMe

ユーザーは各デリバリーアプリでレストランや料理を検索する必要がなくなる。

MealMeのアプリ上でレストランや注文したい料理を検索すると、配達が最も早いもの送料が安いものなど、デリバリーサービスごとに比較できるようになっている。

MealMeではグラブハブやPostmate(2020年7月にウーバーが買収)から小規模なフードデリバリーを比較できる。

アプリを使うとユーザーは平均5ドルを節約できるという。

苦節2年を経て起きたブレイクスルー

MealMeは、エモリー大学出身のMatthew Bouchner氏Will Said氏が開発したアプリ。

Bouchner氏は23歳、Said氏は21歳と若い。

Matthew Bouchner氏 出典:MealMe

Said氏はアップル出身で、MealMeに注力するためGoogleを2ヵ月で退社。

MealMe誕生の背景には、ベストなデリバリーを見つけるのに複数のアプリを使わなければならないことに苦労したBouchner氏の体験がある。

MealMeのサービスは当初、予約機能のある「食のSNS」として始まった。

食べログのようにほかのユーザーが写真を投稿できるほか、個人の好みに合わせてパーソナライズされたレストランを、ユーザーの地理的条件も加味して提案してくれるサービスだった。

Will Said氏 出典:MealMe

しかし、2年の開発を経ても、ユーザーは少なく、投資家の関心を集められなかった

デリバリー情報にはニーズがあると考えたBouchner氏は、2019年の終わりにアプリ内にデリバリーサービスを検索できる機能を追加

これをRedditというウェブサイトでリリースしたところ、何千というダウンロードにつながった

これをきっかけにMealMeは当初の「食のSNS」の構想を捨て、フードデリバリーの「Google」を作る方向にシフトする。

これ以来、MealMeは「食の検索エンジン(the Search Engine for Food)」というキャッチフレーズを使っている。

食のニーズをワンストップで解決するため、これまではバラバラだった各社の情報を1つのプラットフォームに集約し、2020年3月に新しくなったMealMeアプリを発表したところ、またたくまに注目を集めた

アップルストアのフードカテゴリーでトップにランクインし、Appleにも取り上げられ、ようやく投資家の関心を集めることができた

アップデートから1年で、ユーザー数は7万人を超えている。

出典:MealMe

MealMeはアプリで各社の送料やサービス料金、待ち時間を比較するプロセスを能率化するのが狙い

ユーザーは最も安く、最も早い注文条件を見つけるために、もう複数のデリバリーアプリを行き来する必要がなくなる。

昨年には決済機能を追加し、注文から決済までがMealMeのアプリ内で完結するようになった。

アプリは無料で使用できる(チップを送ることはできる)。

大学キャンパスで始まる食のイノベーション

昨今、アメリカでは食のイノベーションを起こすスタートアップが大学というマーケットを狙うことが多い

ラーメン自販機で有名なヨーカイエクスプレスは今年リリース予定の「動く」ラーメン屋台をまず、大学で稼働させたいと考えている。

スムージー自販機のBlendidも最初の活躍の場は大学だった。

Starshipの宅配ロボットも大学キャンパスでフードデリバリーロボットとして活躍している。

出典:Emory University

MealMeも例外ではなく、エモリー大学コネチカット大学インディアナ大学ジョージ・ワシントン大学に導入されており、まもなくシラキュース大学にも導入される予定

Bouchner氏は次のように語っている。

「お腹がすいたら、まずウーバーイーツやドアダッシュ、あるいは好きなサービスアプリを開くでしょう。でも、最初に使うのをMealMeにすれば、毎回の注文でお金を節約できますよ」

日本では楽天デリバリーが似たサービスを提供していると思ったが、MealMeとは異なるものだった。

楽天デリバリーはアプリまたはWebサイトで注文すると、全国12000以上の店舗から注文できる。

比較できるのはデリバリーサービスではなく、店舗となる。

MealMeのようにデリバリー各社を比較・検索できる機能はなく、あくまで多くの店舗と直に提携しているだけとなっている。

 

参考記事

MealMe’s App That Compares Food Delivery Services Is Set to Expand Across College Campuses

MealMe prepares SU launch comparing prices of delivery apps

Food delivery comparison app MealMe launches at IU, hires college students

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:MealMe

 

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、

国内外の培養肉開発に取り組む企業をまとめたレポートを無料でお配りしております。  

●全66社

●全15ページ

の無料レポートです。

登録は1分で終わりますので、ぜひこの機会にご利用ください。  

メールマガジンにご登録いただくと、

週に1回、フードテックの最新ニュースをお届けしております。

↓↓↓↓↓

メールマガジン登録はこちらから

 

>> <<

関連記事

  1. キッチンOSのサイドシェフ|買出しレシピサービスでウォルマートと…
  2. 新鮮な食材を買える自販機3.0のFarmer’s fridgeが…
  3. デリバリー専門のスウェーデンVemblaが約7300万円を資金調…
  4. ニューヨーク発・シェフと消費者をつなぐCookUnity|パーソ…
  5. イスラエルのピザハットがドローンによる試験配達を6月から開始
  6. インドのデリバリーZomatoが約54億円を追加調達
  7. 食品ECのFarmsteadが約8億円を調達、デリバリー対応地域…
  8. ホームメード料理のデリバリーサービスWoodSpoonが約2億円…

おすすめ記事

コンタクトレスなキオスク型スムージーロボットBlendid、株式投資型クラウドファンディングを開始

新型コロナウイルスの発生で、急速な変化を求められている分野の1つがフードロボット…

えんどう豆由来の代替ミルクを開発するSproudが約6.8億円を調達

えんどう豆を主原料に代替ミルクを開発するSproudが480万ポンド(約6億8千…

ユニリーバ、植物性の代替肉・代替乳製品の年間売上目標を約1200億円に

このニュースのポイント●ユニリーバが植物由来食品…

香港IXON社が肉を2年間常温保存できるASAP技術を開発

香港のスタートアップIXON Food Technologyは画期的な食品保存方…

Aleph Farmsと三菱商事が日本での培養肉導入に向けて協業

イスラエルの培養肉スタートアップAleph Farms(アレフファームズ)と三菱…

ポーランドNapiFerynがなたね油粕から代替タンパク質Rapteinを開発|大豆にかわる新しい植物性タンパク質となるか?

万能の肥料として活用されるなたね(菜種)油粕。なたね油粕とは、アブラナか…

フードテックを理解するのに役立つ書籍

 

 

 

情報を論理的に読み解く方法を学べる書籍

【運営者おすすめ】

 

▼今ならKindle unlimitedで無料で読めます▼

 

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業66社をまとめたレポート(全15ページ)を無料でお配りしております。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

PAGE TOP