代替プロテイン

バイオミメティクスに着想を得た代替肉企業Plantedが約19億円を調達

 

スイスの代替肉企業Plantedが今月、シリーズAラウンドで1700万フラン(19億円)を調達した。

これは昨年の3月に実施されたシードでの10万フラン(約1100万円)に続くもので、これまでの調達総額は2420万フラン(約28億円)となる。

ETH ZürichのスピンオフベンチャーであるPlantedは、ブレイクスルーを実現する新たな手段として期待が寄せられるバイオミメティクス(生物模倣)に着想を得て生まれた代替肉スタートアップ企業

設立から2年で、欧州3000箇所にまで展開を拡大している。

今回の資金でまずヨーロッパの近隣国(国は非公開)へ展開を拡大した後には、海外進出も視野にいれていることを明らかにした。

最小限の原料で代替肉を作るPlanted

出典:Planted

同社はえんどう豆、えんどう豆繊維、ひまわり油、水など最小限の原料を使った代替チキンを開発している。

材料を最小限にすることにこだわったほか、本物のチキンのようにニュートラルな風味にし、食感を再現している。

精巧なプロセス技術によって、魚、チキン、豚肉、牛肉の食感をほぼ完全に再現できるほか、味、外観、栄養価においても畜産肉を模倣しているという。

Plantedの公式サイトによると、同社は代替チキンの製法に湿式押出成形という技術を採用。

タンパク質粉末、野菜繊維、水、菜種油をエクストルーダー(押出機)に加え、加熱しながら混ぜて押し出すことで、肉を構成する筋繊維の構造を再現している。

これを適正なサイズにカットし、商品によっては、カットした押出物にビタミンB12などの栄養成分を含ませるためにマリネードする。

ヌタウナギの粘液にヒントを得る

出典:Planted

興味深いことに、Plantedの代替チキンはヌタウナギの粘液に着想を得て誕生した。

深海に生息する、生きた化石ともいわれるヌタウナギは皮膚をヌタと呼ばれる粘液に覆われている。

この粘液が当時、ETH Zurichの食品科学研究所にいたLukas Böni氏とErich Windhab氏の2人の注意をひいた。

「この驚くべき天然のハイドロゲルと、Lukasのバイオミメティクス的アプローチのおかげで、肉に似た構造物について理解が深まり、いかにしてそれを模倣するか、そしてバイオマテリアルの視点から最終的にどう改善するのか、ヒントになりました」(共同創業者Pascal Bieri氏)

バイオミメティクス(生物模倣)とは?

バイオミメティクスとは生物模倣ともいわれ、生物の形態や構造、それによって発現される機能に着想を得て、新しい技術や商品づくりに生かすことをいう。

近年、市場規模も拡大しており、自然の知恵を借りた新たなブレイクスルーの手段として注目されている。

有名なものでは、ハスの葉が水をはじくロータス効果を利用した傘、ビニールハウス、ヨーグルトの蓋の裏がある。

また、天井を歩くヤモリから、ヤモリの足裏にあるナノ繊維構造と、壁との間に働くファンデルワールス力に着想を得て開発された、粘着剤を使わない接着テープも有名な事例だ。

スイスのPlantedも見た目からはとても食品に関連しそうにない、ヌタウナギの粘液から代替肉開発のヒントを得た。

のちにEric Stirnemann氏、Pascal Bieri氏も加わり、1年半の開発を経て2019年に最初の商品を発売した。

設立から2年で欧州3000箇所に拡大

Planted の代替チキンは、2年前にはヨーロッパの数箇所のレストランに導入されているに過ぎなかった。

現在はスイス、ドイツ、オーストリアの3000以上の小売店、レストランで販売される規模にまで拡大した。このほか、自社のD2Cサイトでも販売している。

同社が最近発売したplanted.pulledは二重の意味でサステイナブルだ。

この商品の原料に使用するひまわりタンパク質ひまわり油の生成で残ったものを使用しているため、アップサイクルも兼ねている。

今月のラウンドはVorwerk VenturesBlue Horizon Venturesが主導し、既存投資家のほかサッカー選手Yann Sommer氏も参加した。

今回調達した資金で、技術スタッフを増やすほか、生産能力を1時間あたり0.5トンまで増やし、ヨーロッパや海外からの需要にこたえられるようにするとしている。

また、既存の商品を改良するほか、発酵技術を活用した新しいプラントベース商品を開発するとしている。

出典:Planted

現在、Plantedの商品にはプラントベースのチキンプルドポーク(豚肉を時間をかけて煮込んだ後、細かく裂いてバーベキューの味付けを施したアメリカの代表的料理)、ケバブがある。

それぞれの商品はエンドウ豆、オーツ麦、ひまわりなど異なる原料を使用しており、合成添加物は使用していない。

誕生から2年で欧州3000箇所にまで展開を拡大したPlantedの商品が海外市場へ進出するのは時間の問題だろう。

 

参考記事

Swiss maker of meat alternatives Planted will expand and diversify with 18m Serie A/

Planted joins the meatless meat melee with its pea-protein ‘chicken’

Swiss Startup Planted Raises $18M for Plant-Based Meat Alternatives

Swiss Plant-Based Meat Makers Planted Bags US$18M Series A To Fuel Global Expansion

 

関連記事

 

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉開発に取り組む企業をまとめたレポートを無料でお配りしております。

●全66社

●全15ページ

の無料レポートです。

登録は1分で終わりますので、ぜひこの機会にご利用ください。

メールマガジンにご登録いただいた方には、 週1~2回フードテックの最新ニュースをお届けしております。

↓↓↓↓↓

メールマガジン登録はこちらから

 

>> <<

関連記事

  1. マクドナルドが植物肉バーガー「マックプラント」の試験販売をスウェ…
  2. イスラエルの培養肉企業MeaTechが世界で初めてNasdaq市…
  3. Avant Meatsが中国バイオ医薬品企業QuaCellと提携…
  4. 中国発の植物代替肉スタートアップHero Proteinが登場!…
  5. 動物を殺さずに動物性脂肪を開発する英Hoxton Farmsが約…
  6. チリのNotCoが米国進出、全米のホールフーズで代替ミルクの販売…
  7. 香港グリーン・マンデーが約73億円の資金調達に成功、年内に広東に…
  8. インポッシブルフーズが開発中の代替ミルク・Impossible …

おすすめ記事

イスラエルの培養肉・代替肉企業6社まとめ

 2021年になってから、イスラエル発の培養肉企業・植物肉企業のニュースが続ている。…

アレフファームズがブラジル食肉大手BRFと培養肉の開発・ブラジル導入で提携

イスラエルのアレフファームズとブラジル大手の食肉メーカーBRFは、培養肉の開発と…

中国代替肉企業Hey MaetがプレシリーズAで数百万ドルを資金調達

コロナ後に誕生した中国発の代替肉スタートアップ企業Hey Maetが再び資金調達…

空気と電気からタンパク質を作るSolar Foodsが約5億4千万円を調達、2022年までに生産工場稼働へ

このニュースのポイント●フィンランドSolar …

主食のイノベーションに挑む日本企業ベースフード、目指すのは「健康が当たり前の社会」

世界的にはフードテックのブームは高まる一方で、代替肉、代替卵、代替ミルク、さらに…

海藻由来の代替タンパク質を開発する米Trophic|大豆に代わるタンパク質源の「主役」となるか?

植物ベースの代替肉といえば、大豆、えんどう豆などが主流だが、数年後には、海藻が主…

フードテックを理解するのに役立つ書籍

 

 

 

情報を論理的に読み解く方法を学べる書籍

【運営者おすすめ】

 

▼今ならKindle unlimitedで無料で読めます▼

 

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業66社をまとめたレポート(全15ページ)を無料でお配りしております。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

PAGE TOP