代替プロテイン

菌糸体ベーコンを開発するAtlast Foodが社名をMyForest Foodsに変更、今秋に2工場を開設

 

菌糸体由来の代替肉を開発するアメリカ企業Atlast Foodは25日、社名変更を発表した。主原料である菌糸体の自然生息地への敬意を表して、社名をMyForest Foodsに変更した。

また、同社は今月、カナダのWhitecrest Mushroomsと菌糸体由来のベーコン「MyBacon」を商業規模で生産する契約を締結した

菌糸体ベーコンのAtlast Foodが社名を変更

出典:MyForest Foods

MyForest Foodsは菌糸体由来の代替肉を開発するスタートアップとして2019年に設立された。菌糸体のパイオニアEcovativeが代替肉事業に参入するために創設した。

菌糸体とはキノコの地中にある「根」に相当するもので、糸状の形をしていることから菌糸体と呼ばれる。

MyForest Foodsは菌糸体を成長させて、動物肉の食感と風味を再現したホールカットのタンパク質を生成している。質感、風味、本物を食べている感覚を再現するホールカットのアプローチは、同社親会社Ecovativeが開発した独自の培養手法AirMyceliumにより可能になった。同手法では、菌糸体が成長するにつれ形状や密度を制御することができるという。

MyForest Foodsが開発した世界初のホールカットタイプの代替ベーコン「MyBacon」はニューヨークの食料品店Honest Weight FoodCo-Opで販売されており、今年さらに製品の追加を予定している。

今秋に2工場をオープン

出典:MyForest Foods

MyForest Foodsは昨年4月にシリーズAラウンドで約43億円を調達した。今月発表されたWhitecrest Mushrooms との提携により、Whitecrest Mushroomsは、1エーカー(約4047平方メートル)未満の土地で「MyBacon」を年間300万ポンド(約1360トン)生産し、2023年に増産することを計画している。

Whitecrest Mushroomsオーナー兼社長のMurray Good氏はMyForest Foodsとの提携について、「最高品質の美味しいマッシュルームの栽培と生産に10年以上の経験を積んだ後、代替タンパク質という新しい市場で専門知識をいかせることを嬉しく思います。このパートナーシップは、持続可能性を事業のコアに保ち、全く新しい環境の中で変革するチャンスになります」とコメントしている

出典:MyForest Foods

MyForest Foodsは現在、ニューヨークのハドソンリバーバレーに世界最大規模となる垂直菌糸体工場を建設している。また、ニューヨーク州サラトガ・スプリングスにある本社施設とハドソンリバーバレーの工場との間に12万平方フィート(約11,000平方メートル)のインフラ施設を建設している。

2つの工場は今秋にオープンする予定。これは、差し迫った世界的な食料不足に迅速に対応し、世界に十分な食料を供給するための複数のソリューションを提供するという同社の理念を表している。

9日間でできるサステイナブルな菌糸体ベーコン

出典:MyForest Foods

子豚が成体(約110キログラム)に成長するまでに約6ヶ月かかるが、1頭の豚から生産されるベーコンは16ポンド(約7.2キログラム)に過ぎない。

これに対し、Whitecrest Mushroomsとの提携により、MyForest Foodsの菌糸体由来ベーコンは1エーカー(約4047平方メートル)未満の土地、つまりコンビニ約40軒の土地で年間1300トン以上を生産できる

工場内で動物を使わずに生産されるため、気候変動、動物感染症による供給変動・価格変動の影響もなく、抗生物質も使用しない。何より、菌糸体からベーコンができるまでの期間はわずか9日間と、従来の畜産と比べて生産期間が短いのも特徴だ。

MyForest Foodsのほかにも、動物肉に代わる原料として菌糸体を選んだ企業が登場している。スペインのLibre Foodsは当初、菌糸体由来のステーキ肉の開発に注力していたが、現在は開発ターゲットをベーコンに変更している。

アメリカのMeati Foodsは菌糸体由来のステーキ肉を開発、今年の市販化を目指している。

 

参考記事

Atlast Food Co. Reintroduces Itself as MyForest™ Foods Co.

Atlast Food Co. Partners with Whitecrest Mushrooms Ltd. to Scale Production of MyBacon® Strips

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:MyForest Foods

 

関連記事

  1. 分子農業パイオニアの英Moolec Science、SPAC経由…
  2. 培養脂肪を開発するMission Barnsが約26億円を調達、…
  3. 米NovoNutrients、牛タンパク質と同品質のCO2由来タ…
  4. 香港の代替肉企業グリーンマンデーが植物ベースの代替魚に参入!
  5. ほうれん草の葉を使った培養肉用の新しい食用足場|ボストンカレッジ…
  6. ユニリーバが精密発酵によるアイスクリーム発売計画を発表
  7. DICがスピルリナ由来ヘムを開発する米BYASに出資を発表
  8. 酵母由来の代替パーム油で2023年上市を目指す英Clean Fo…

おすすめ記事

安価な成長因子を開発するカナダのFuture Fieldsが約2億3千万円を調達、培養肉を「大衆品」に

培養肉開発のために安価な成長因子を開発するFuture Fieldsがシードラウ…

ロボットハンバーガー店のCreatorがリニューアル、「パーソナライズ化」を導入

2018年にサンフランシスコにオープンし、話題となったロボットレストランCrea…

3Dプリンターを活用した培養肉の自動生産を目指して大阪大学・島津製作所が協業

大阪大学、島津製作所、シグマクシスは「3Dバイオプリント技術の社会実装」に向けた…

味の素がイスラエルの培養肉企業スーパーミートに出資、培養肉の商用化を支援

味の素は9日、コーポレートベンチャーキャピタルを通じて培養肉の開発・製造を手掛け…

Remilkがデンマークに世界最大の精密発酵工場建設を発表

アニマルフリーな乳タンパク質を開発するイスラエル企業Remilkが、デンマークに…

菌糸体由来肉の米Meati Foodsが約199億円を調達、今年後半に大型工場から出荷を開始

菌糸体由来の代替肉を開発する米Meati Foodsは今月、シリーズCラウンドで…

精密発酵レポート好評販売中

培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(01/28 17:00時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(01/27 20:33時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,100円(01/28 14:15時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
990円(01/28 06:54時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
398円(01/28 16:36時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP