代替プロテイン

タイソンが出資するNew Wave Foodsが代替エビをアメリカの飲食店で発売

 

アメリカのスタートアップ企業New Wave Foodsは、アメリカの飲食店で植物性代替エビを発売することを発表した。

海藻と植物を原料とする代替エビ「New Wave Shrimp」が同社初の商品となる。

プレスリリースによると、今年中に商品ラインナップを増やし、2022年にはロブスター、ホタテの貝柱、カニなどエビ以外の代替シーフードも展開するとしている。

タイソンフーズから出資を受けるNew Wave Foodsは商品発売のアナウンスとともに、Dot Foodsと非独占販売権を締結したことを発表した。

これにより、北アメリカのレストランでNew Wave Shrimpが販売される。

出典:New Wave Foods

New Wave Shrimpは海藻と植物を原料としており、エビのようにグリル、焼く、ソテー、揚げるなどできる。

100%ビーガンなだけでなく、グルテン、大豆、小麦などのアレルギーになる原料は含まず、遺伝子組換え原料も使用していない。エビアレルギーの人でも安心して食べられる

エビはアメリカで最も消費される水産物

New Wave Foodsはエビの80%が消費される外食産業に焦点をあてているが、同社がエビにこだわるのには理由がある。

プレスリリースによると、エビはアメリカで最も消費される水産物とされる。その消費量はサケ、マグロの2倍になるという。

アメリカで高い人気のあるエビだが、その漁獲では、使用される網に対象としていない魚も捕らえられてしまう混獲が問題視されている。

エビ漁におけるエビの漁獲量よりも混獲量の方が多いデータも報告されており、カメや魚類の大量死の原因となる。

出典:New Wave Foods

これに代わる養殖エビはマングローブの伐採を伴う。多様な生物が暮らすマングローブの減少は、地球の生態系に長期的な影響をもたらす。

New Wave Foodsは、生態系に影響をあたえないプラントベースの代替エビを開発することで、エビの養殖や乱獲に伴う環境問題の解決を目指している

高まる代替シーフードへの注目

New Wave Foodsのほかにも代替エビに取り組むプレーヤーはいる。

The Plant Based Seafood Coはコンニャク粉末をベースにしたさまざまな代替エビを開発しており、2020年初頭から小売で販売している。

Sophie’s Kitchenはコンニャクとえんどう豆タンパク質を使って、エビ、サケ、ツナ、カニなどさまざまな代替水産物を販売している。

エビに限定しなければ、細胞ベース・植物ベースで代替シーフードに取り組む企業のニュースは増えている。

出典:New Wave Foods

GFIによると、2020年に代替シーフード企業に集まった投資額は前年の4倍になった。

代替タンパク質の主要分野にはあげられていなかったものの、2020年だけで過去5年分の調達額の66%に達している。

予定どおりにいけば、来年にはアメリカのレストランにアレルギーの心配のないロブスター、ホタテ、カニが登場するだろう。

 

参考記事

New Wave Foods® Launches Its Plant-Based Shrimp to Foodservice Companies throughout the U.S.

New Wave Foods Debuts Plant-Based Shrimp in US Foodservice Companies

Tyson-Backed New Wave Foods Launches Its Seaweed Based Shrimp in the USA

 

関連記事

 

アイキャッチ画像の出典:New Wave Foods

 

関連記事

  1. アニマルフリーな乳製品を開発する英Better Dairyが約2…
  2. 韓国政府、2022年の国家計画に培養肉のガイドラインを追加
  3. オーストラリアのVow、南半球最大の培養肉工場をオープン
  4. 米国IPOを目指すMeat-Techが3Dプリンターで10mmの…
  5. 細胞培養ソーセージを開発するNew Age Meatsが約28億…
  6. 代替脂肪(油脂)セミナー開催のお知らせ
  7. ビーガンチーズを開発するMiyoko’s Creameryが約5…
  8. スロベニア企業Juicy Marblesは世界初の植物性フィレミ…

おすすめ記事

フルーツジュースの砂糖を減らすイスラエルのBetter Juiceが約8.8億円を調達

天然ジュースの砂糖を減らす技術を開発するイスラエル企業Better Juiceが…

植物を活用してアニマルフリーな乳製品を開発するMirukuが約3.2億円を調達

植物を使って乳タンパクを開発するニュージーランドのMirukuは、シードラウンド…

ドバイが次のフードテックハブになる?UAEがドバイにフードテックバレーを設置

フードテックに国をあげて力を入れている代表例はシンガポールだが、今後はこのリスト…

ビヨンドミートが代替鶏肉ビヨンドチキンテンダーを北米で発売

ビヨンドミートが北米で代替鶏肉商品を発売した。そら豆・えんどう豆を原料に…

卵黄・卵白に分かれた植物ベースの全卵を開発するFloat Foodsが約1億8000万円を調達

シンガポールを拠点とするフードテック企業Float Foodsが、シードラウンド…

培養肉生産用のアニマルフリーな血清を開発するMultus Mediaが約2.4億円のシード資金を調達

培養肉開発に使用するアニマルフリーな血清を開発するMultus Mediaが16…

精密発酵レポート好評販売中

培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(02/07 17:04時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(02/07 20:40時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(02/07 14:18時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(02/07 07:04時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
398円(02/07 16:42時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP