代替プロテイン

牛を使わずに「本物の」乳製品を開発するイスラエルのRemilkが約139億円を調達

 

精密発酵によりアニマルフリーな乳製品を開発するイスラエル企業RemilkがシリーズBラウンドを1億2000万ドル(約139億円)の調達額で完了した。

ニューヨークとテルアビブを拠点とするベンチャーキャピタルHanaco Venturesが主導し、Rage CapitalCPT CapitalPrecision Capitalの新しい出資者に加え、イスラエルの食品大手Tnuva、ドイツの乳製品企業Hochland、アーリーステージへ出資するfresh.fund、イスラエルのベンチャーキャピタルOurCrowdが新たに参加した。

同社は2020年にもシリーズAで約11億円を調達していたが、今回はその10倍以上となる。

これによりRemilkの評価額は3億2500万ドルとなった。

牛を使うことなく本物の乳タンパク質を開発するRemilk

出典:Remilk

2019年に設立されたRemilkは、精密発酵により牛を1頭も使うことなく「本物の」乳タンパク質を開発している。

共同創業者のAviv Wolff氏Ori Cohavi氏は、牛乳の化学組成を精密に区分し、液体中の脂肪、乳糖、糖質を評価して、牛乳を作るための重要な成分はタンパク質であると判断した。

同社はこれらの乳タンパク質をコードする遺伝子を酵母に挿入し、効率的かつスケーラブルな方法でタンパク質を発現するよう微生物を遺伝子操作した。これにより、微生物を乳タンパク質の生産工場とすることに成功した。

発酵槽の中で酵母は牛が生産するものと同等な乳タンパク質を生成する。生成された乳タンパク質を乾燥させ、粉末としたものが最終産物となる。これに水や脂肪などを加えチーズ、ヨーグルト、アイスクリームなどを作ることができる。

「本物の」牛乳と100%似ているが、乳糖、コレステロール、成長ホルモン、抗生物質は含まれていない。

Remilkは牛乳を生産するメカニズム全体を単細胞性の酵母に移行させた。これにより、牛の残りの部分は不要となり、牛を成長させるために大量の資源を投入する必要がなくなる

このように、微生物を作り手として目的のタンパク質を生成する手法を精密発酵という。1980年代の合成インスリンのブレイクスルーから始まった精密発酵は近年、乳酸品を中心に食品へも開発対象を拡大しており、開発熱・投資熱が高い。

Remilkの代替乳製品は畜産と比較して、必要となる土地はわずか1%、原料は4%、水は10%ですむ。牛から牛乳を生産するのに2,3年かかるのに比べて、生産期間は短い。

1回の投資額は増大傾向

出典:Remilk

Remilkはアメリカとヨーロッパに生産施設を設置しており、世界中の乳業メーカーや大手食品メーカーと協業しているという。2023年中に商品の商用化を目指している。

イスラエルにはRemilkのほかにも精密発酵によりアニマルフリーな乳製品を開発する企業がいる。

ホエイとカゼインの開発に取り組むImagindairyは昨年11月に約14億円のシード資金を調達した。同社もすでに大手乳業メーカー数社と協業している。

精密発酵の開発アプリケーションは乳製品が特に多い。単回の投資額は増加傾向にあり、代表格のパーフェクトデイは昨年に約390億円を調達、代替卵白の開発を手掛けるThe EVERY Company(旧称クララフーズ)も先月に約198億円を調達した。

アメリカのスターバックスが一部店舗でパーフェクトデイの精密発酵ミルクを導入するなど、大手による導入も進み、海外では身近な代替乳製品となりつつある。

 

参考記事

Israeli food tech startup Remilk raises $120m investment for cow-free milk

Animal-free dairy startup Remilk raises $120 million Series B at $325 million valuation

 

関連記事

アイキャッチ画像はイメージ

 

関連記事

  1. スイスの研究チームが研究室で細胞培養によるチョコレートを開発
  2. 香港グリーン・マンデーが約73億円の資金調達に成功、年内に広東に…
  3. Joes Future Foodが中国初の培養豚バラ肉を発表、中…
  4. 香港グリーンマンデーがマクドナルドと提携、全店舗で植物肉メニュー…
  5. フィンランドの研究チームが細胞培養によるコーヒー生産に成功
  6. Motif FoodworksがSolar Biotechとの提…
  7. Motif FoodWorks、精密発酵による代替タンパク質開発…
  8. ビヨンドミートが欧州での小売展開を拡大

おすすめ記事

食料品ドローン配送を展開するMannaが約27億円を調達、今年第2四半期にアメリカ進出へ

ドローンデリバリースタートアップのMannaがシリーズAで2500万ドル(約27…

食料品配達のパーソナライズ化を実現するHungryrootが約44億円を調達|AIで買い物を予測

AIを活用してパーソナライズ化された食料品デリバリーを提供するHungryroo…

米MycoTechnologyが約105億円を調達、菌糸体発酵プラットフォームの海外展開を加速

菌糸体で食品業界の課題解決に挑むアメリカ、コロラドを拠点とするMycoTechn…

The Every Company、世界初の精密発酵タンパク質を使ったアルコール飲料を発売

精密発酵により卵白タンパク質を製造販売する米The Every Companyは…

アニマルフリーな乳製品を開発する英Better Dairyが約2億2千万円を資金調達

このニュースのポイント イギリスBetter …

米スーパー大手クローガーがドローンによる食料品配達を正式に実施

アメリカのスーパーマーケット大手クローガーは6月に、ドローンを使った食料品配達を…

培養魚レポート・予約販売開始のお知らせ

精密発酵レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(11/28 20:05時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(11/28 13:42時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(11/28 06:07時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(11/28 16:02時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP