代替プロテイン

代替エビを開発するNew Wave Foodsが約18億円を調達、3月末までに飲食店で提供予定

 

植物ベースの代替魚開発に取り組むNew Wave Foodsが、シリーズAラウンドで1800万ドル(約18億円)を資金調達した。

今回のラウンドには、New Enterprise Associates、Evolution VC Partnersなどが参加した。

調達した資金は、量産販売・マーケティングの拡大チーム拡充新しい製品開発にあてるとしている。

100%ヴィーガンな代替エビを開発したNew Wave Foods

出典:New Wave Foods

New Wave Foodsは海藻と植物を原料に代替エビを開発するニューヨークを拠点とするスタートアップ企業。

2015年から代替水産物の開発に取り組み始め、昨年は、代替エビの全国販売に向けて準備を進めてきた。New Wave Foodsは、まずレストランなど外食産業へ代替エビを提供することを考えており、今月後半にも卸売業者へ最初の出荷をする予定

今年第1四半期には飲食店のメニューに表示されるという。

同社が開発するエビは、海藻・植物を原料とする。

グルテン、大豆、小麦などのアレルギーになる素材は使わず、遺伝子組換え原料も含んでいない。100%ヴィーガンな代替エビだ。

アメリカのエビ消費の8割が外食産業

ウルフ氏は植物ベースのエビには「絶好のチャンス」があると考えている。

CTOのミシェル・ウルフ氏(Michelle Wolf ) 出典:New Wave Foods

 

「2015年に会社を設立したとき、ビヨンドミートやインポッシブルフーズは市場で大きな注目を集めていましたが、水産物に目を向けるプレーヤーはいませんでした。これは大きなチャンスでした」(CTOのミシェル・ウルフ氏)

 

同社によると、アメリカでは年間15億ポンドのエビが消費されており、その80%はレストランなど外食で消費されている。

エビ、カニなどの甲殻類はアメリカで最も消費される水産物とされる。

ウルフ氏によると、アメリカのエビの90%が東南アジアの海岸近くのエビ養殖場から輸入されている

エビの生産には持続可能でないという問題がある。消費される8割のエビを代替エビに置き換えることができれば、環境に対する負担が減る。

エビ養殖がもたらすマングローブの破壊

出典:New Wave Foods

エビ養殖のために、多くのマングローブが伐採されてエビ養殖場にされている。

国立環境研究所の報告によると、タイでは過去20~30年でマングローブの半分近くがエビ養殖場になっている。

マングローブは海からの風や波から陸地を守り、陸からは土砂や汚染が海へ流れ出るのを防ぐ緩衝場の役割を持つ。マングローブが減ると、台風の高波が直に影響を及ぼしたり、海水が内陸まで広く押し寄せたりして、生活・農作業に悪影響を及ぼす

また、多様な生態系が暮らす場所でもあるため、マングローブの減少は、直接的・間接的に地球の生態系に長期的な影響をもたらす。

国によっては、病気を予防するための抗生物質を使用するエビ養殖場もあり、残留する抗生物質も問題とされる。

New Wave Foodsは「味・食感で本物のエビとほぼ区別できない」製品を提供して、エビの養殖や乱獲に伴う環境問題の解決を目指している

年末までに味付けしたタイプをリリース予定

出典:New Wave Foods

New Wave Foodsはレストランなど飲食店のメニューに使われる形で提供される。

価格については「若干高く感じるかもしれませんが、お客さんは最終的にメインディッシュや料理全体を注文します。ですから、食事をするお店に期待する価格に見合うものになるでしょう」と語っている。

FOODDIVEの報道によると、最初の商品はプレーンな代替エビだが、年末までにパン粉をまぶした揚げ物ソースで味付けしたバージョンを市場に出す予定だという。

今回調達した資金で、ロブスター、カニ、ホタテも開発するとしている。

同社によると、チェーン店も含め、アメリカのいくつかのレストランが同社の代替エビの導入に関心を寄せている

New Wave Foodsはタイソンフーズからも非公開の出資を受けており、クランチベースによるとこれまでに調達した資金は総額2030万ドル(約21億円)となる。

ウルフ氏は次のように語り、意気込みを見せる。

「当社にとって、2021年はエビの年。エビに全力コミットします」(ウルフ氏)

 

参考記事

New Wave Foods nets $18M and plans foodservice launch in Q1

New Wave Foods Raises $18M for Plant-Based Seafood

Shrimp alternative company ‘snaps’ into foodservice

国環研ニュース26巻:マングローブと環境問題

 

関連記事

 

アイキャッチ画像の出典:New Wave Foods

 

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、

国内外の培養肉開発に取り組む企業をまとめたレポートを無料でお配りしております。  

●全66社

●全15ページ

の無料レポートです。

登録は1分で終わりますので、ぜひこの機会にご利用ください。  

メールマガジンにご登録いただくと、

週に1回、フードテックの最新ニュースをお届けしております。

↓↓↓↓↓

メールマガジン登録はこちらから

 

   

関連記事

  1. 代替マグロ開発中の米フードテックKuleana、年内に全米へ代替…
  2. ビヨンドミートの新商品ソーセージ、10月から全米の食料品店で販売…
  3. 米コストコがビヨンドミートボールの取り扱いを一部店舗で開始
  4. 香港グリーンマンデーのヴィーガンカフェGreen Commonが…
  5. 中国の培養肉スタートアップ南京周子未来食品が約3億円を資金調達
  6. インポッシブルフーズの脅威になるか?スピルリナ由来のヘムを開発し…
  7. 香港グリーンマンデーがイギリス飲食店に進出、今年中に本格展開へ
  8. ユニリーバ、植物性の代替肉・代替乳製品の年間売上目標を約1200…

おすすめ記事

中国Dicosが米イート・ジャストの代替卵をメニューに追加、500店舗以上で販売を開始

↓音声はこちらから↓(登録不要・ワンクリックで聴けます)…

米パーフェクトデイがシンガポールに研究開発拠点を設置、2021年4月に稼働を開始

このニュースのポイント●米パーフェクトデイがシン…

培養母乳を開発するイスラエル企業Bio Milk、2022年にサンプルを発表予定

1Lの牛乳を生産するには900Lの水が必要とされ、牛乳を生産するために地球のかな…

Shiok Meatsが細胞由来の培養ロブスター試作品を発表、2022年までの商品化を目指す

このニュースのポイント ●シンガポールのShiok Meatsが培養…

ポーランドNapiFerynがなたね油粕から代替タンパク質Rapteinを開発|大豆にかわる新しい植物性タンパク質となるか?

万能の肥料として活用されるなたね(菜種)油粕。なたね油粕とは、アブラナか…

微生物でタンパク質を作るNature’s Fyndが約46億円を資金調達、2021年に製品化へ

このニュースのポイント●Nature’s Fyn…

フードテックを理解するのに役立つ書籍

 

 

 

情報を論理的に読み解く方法を学べる書籍

【運営者おすすめ】

 

▼今ならKindle unlimitedで無料で読めます▼

 

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業66社をまとめたレポート(全15ページ)を無料でお配りしております。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

PAGE TOP