代替プロテイン

米イート・ジャストがシンガポール最大の植物性タンパク質工場の建設を開始

 

アメリカ、カリフォルニアを拠点とするイート・ジャストは、シンガポールで新しい生産工場を正式に着工したシンガポールのパイオニア地域に位置する新工場は広さ2.7ヘクタールと、東京ドーム0.5個分の広さとなる。

建設費用は1億2000万ドル(約145億円)で、イート・ジャストとフードテックに特化した投資会社Proterra Investment Partners Asiaが負担した。新工場は2年以内の完成が見込まれる。

北米、ドイツに続く大規模工場がシンガポールに

出典:イート・ジャスト

工場が完成すると、植物性タンパク質の施設としてはシンガポール最大規模となり、年産量は数千トン規模になると予想される。イート・ジャストは北米とドイツにも大規模工場を有しており、3つ目の工場となる。

同社CEO兼共同創業者のジョシュ・テトリック氏は、工場の設置場所としてシンガポールを選定した理由について「食糧安全保障、気候変動、個人の健康いずれの理由でも、数十年後には、家族を養うために動物性タンパク質を作る革新的なアプローチが必要になる。シンガポールはこれらの新しいアプローチを取り込み、加速させるリーダーとしての確固たる地位を築いている」とコメントしている。

出典:イート・ジャスト

17日に開催された起工式には、シンガポールの貿易産業大臣であるLow Yen Ling氏をはじめ、政府関係者、投資家が招かれ、イート・ジャストの代替卵製品JUST Eggを試食した。

Yen Ling氏は同社の代替卵について「本物の卵と見分けがつかない」と感想を述べた。さらに、新たな工場建設が「現地生産を大きく推進させ、シンガポールの備蓄と多様な輸入戦略を補完するものになる」とコメントし、シンガポールの食料自給率を向上させるという国家戦略において、代替タンパク質の重要性を強調した。

国をあげてフードテックに取り組むシンガポール

シンガポールは国土面積約728.6平方キロの島に、人口約570万が住む過密な都市国家で、農地は国土の1%にも満たない。国内には2.4ヘクタール規模の野菜農園をはじめ、約80の農園があるが、食料の約9割を輸入に依存しているのが現状となる

シンガポールは2019年3月、2030年までに食料自給率を30%まで引き上げる目標を発表した。その中で、限られた土地で効率的にタンパク質を生産できる代替タンパク質に特に力をいれている。

細胞培養による培養肉の販売を最初に認可した国がシンガポールだったことも、こうした事情が背景にある。

出典:イート・ジャスト

2021年には農業生産を促進するために6000万ドル(約72億円)を投じたほか、政府系投資会社テマセクは、持続可能な食品・代替タンパク質のスケールアップと商品化に特化したプラットフォームAsia Sustainable Foods Platform設立した。このプラットフォームはフードテック企業に研究開発の助言や、パイロット設備の提供、投資支援などを提供するものとなる。

こうした一連の取り組みは、シンガポールが国内の食料供給源として持続可能な代替タンパク質を重視していることの表れといえる。

培養肉市場参入への布石を打つ

出典:イート・ジャスト

イート・ジャストは2020年12月に最初に培養肉を販売してから、培養肉料理のデリバリーなど先進的な取り組みを実施してきた。

今月には、シンガポールで70年以上の歴史のある屋台(ホーカー)Loo’s Hainanese Curry Riceとの提携を発表。これは1946年に始まった屋台で、父親から事業を引き継いだLoo Kia Chee氏が40年以上にわたって経営している。

Loo’s Hainanese Curry Riceの屋台では、イート・ジャストの培養肉GOOD Meatの鶏肉を使ったカレーが約4シンガポールドル(約360円)で提供される。

昨年12月にはシェフのJosé Andrés氏が同社培養肉部門GOOD Meatの取締役に就任した。Andrés氏の参画は、イート・ジャストの培養肉戦略に大きな意味を持つ。

同氏はアメリカで30以上のレストランを運営しており、アメリカで認可が得られ次第、自身のレストランの1つで培養肉を提供することを約束している。

イート・ジャストはカタールに工場建設もする計画を進めており、シンガポール以外での市場参入準備を着実に進めている。

 

参考記事

Eat Just Breaks Ground On Largest-Ever Plant-Protein Factory in Singapore

Largest plant-protein factory in Singapore to open within the next two years

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:イート・ジャスト

 

関連記事

  1. 植物ステーキ肉のChunk Foodsが約20億円のシード資金を…
  2. パーフェクトデイが約390億円を調達、今秋にアニマルフリーなクリ…
  3. 微生物を活用してアニマルフリーなチーズを開発するFormo、年内…
  4. 【12/8】Foovoイベント開催のお知らせ|代替タンパク質スタ…
  5. 【現地レポ】シンガポールで培養ウズラ肉を実食|Vowの「Forg…
  6. Back of the Yards Algae Sciences…
  7. オーストラリアのAll G Foods、植物肉ブランドを切り離し…
  8. Future Fieldsが約15億円を調達、ショウジョウバエで…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

ドイツのBluu Seafoodが欧州で初めて培養魚製品を発表、2023年にアジア上市を目指す

ドイツの培養魚企業Bluu Seafood(旧称Bluu Biosciences…

Meati Foodsの菌糸体肉、全米のホールフーズ全店舗で発売

菌糸体由来の代替肉を開発する米Meati Foodsは先月、全米のホールフーズマ…

堆肥化できるコーヒーボールを使うCoffeeB、20万世帯に導入|廃棄カプセルゼロを目指す

ひと昔前はコーヒーメーカーといえば、フィルターと粉をセットして、数杯分のコーヒー…

培養肉企業Meatableがオランダに新しいパイロット工場を開設

オランダの培養肉企業Meatableは今月、オランダ、ライデンにあるバイオサイエ…

微生物発酵でサステイナブルな着色料を開発するデンマーク企業Chromologics

植物ベースまたは細胞農業によって肉、魚、乳製品に取り組むフードテック企業は増えて…

細胞培養ソーセージを開発するNew Age Meatsが約28億円を調達、実証プラント建設へ

培養ソーセージを開発するNew Age Meatsが9月にシリーズAで2500万…

マイコプロテイン・菌糸体タンパク質レポート予約注文開始

精密発酵レポート好評販売中

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,724円(06/20 12:45時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(06/20 22:10時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(06/21 01:48時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(06/20 18:38時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(06/20 11:14時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(06/20 21:34時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP