ロボット

xRoboticsのピザロボットがピザ店での試験運用を完了、800の予約注文を受注

 

ピザロボットを開発するxRobotics(エックスロボティクス)が、オックスフォードにあるピザ店「Dodo Pizza」でのピザロボットの試験運用を完了したことを発表した。

レストラン裏方に徹するピザロボットを開発するxRobotics

出典:xRobotics

xRoboticsが開発するピザロボット「xPizza One」はレストラン裏方の負担を軽減するための自動ピザロボット。

従業員がピザ生地をトレイに載せると、生地を載せた台が回転しながらロボット内部を移動する。トッピングは従業員はタブレットであらかじめ設定する。

ロボットが内部を移動するにつれて、ソース、トッピングが指定された通りにピザ生地に載せられる。ソース、トッピングが均等になさされるように、生地を載せた台は回転しながら移動する。

オックスフォードにあるピザ店に試験導入されたxPizza Oneは、11種類のトッピングを収容でき、ピザ店のメニューの90%に対応できたという。

1時間に生成されるピザは100枚で、1ヶ月の試験導入で472枚のピザを生成した。

これにより手作業の工数を32時間節約できたという。

公式サイトによると、xPizza One は1時間で最大150枚のピザを生成できる。

予約注文はすでに800

出典:xRobotics

ピザのソースがけ、トッピングは単調な作業であり、ロボットであれば、休憩をはさむことなく連続して1日に何百枚ものピザを生成できる。

さらに、毎回のトッピング量を正確に制御することができるため、人がトッピングする場合のように多かったり少なかったりというブレを防ぐことができる。

サラミを指定された場所から2mm以内に、正確に正しい間隔で配置することもできる。

これにより、毎回同じ品質のピザを提供できるほか、全体的なコスト削減につながる。また単調な作業はロボットに任せて、より付加価値のある作業に人が専念することもできる。

出典:xRobotics

xPizza Oneの場合、完全に自律したロボットではなく、生地を置く、洗浄といったプロセスで人の介入を必要とするが、残りはすべてロボットが担当する。

The Spoon誌の報道によると、ピザチェーン店などからすでに800の予約注文が入っており、今年後半から来年はじめにかけて大量生産を開始するために施設を準備している。

さらに、現行バージョンのxPizza Oneに加え、1時間に300枚生成できるxPizza One Maxも今年リリースする予定

xRoboticsは手頃な価格で高品質なピザロボットで食品業界にイノベーションを起こすことを目的に2019年にサンフラシスコに設立されたスタートアップ。

公式サイトに書かれているとおり、同社はレストラン業界が直面する問題の解決にコミットしている。

ピザロボット事業から撤退したZumeから学べること

出典:xRobotics

コロナウイルスの感染が拡大を続けるなか、人の介在を最大限減らし、感染リスクを減らせるピザロボットは需要が高まっていくと予想されるが、ピザロボットを語るうえで、同じくピザロボットを開発したZumeの失敗を無視することはできない。

2社を比較する限り、xRoboticsはZumeの失敗を分析している。

Zumeがピザロボット事業を撤退した原因として次の3つが指摘されている。

1つは、ロボットが得意とすることを最適化するのではなく、人がピザを作る動作をロボットで再現しようとしたこと

Zumeのロボットアームにはソースを生地に広げるためのスプーン、ブラシなどの道具が搭載されていた。

出典:xRobotics

2つ目は、精密な機械を搭載していたこと。これらの設備は高価なだけでなく、大量のスペースを必要としたため、一般のピザ店には装置を収容できなかった。

3つ目は、従業員の95%の時間を占めるトッピングを自動化していなかったこと。反対に、ピザ生地を置く、ソースを塗るといった、それほど時間のかからない工程を自動化していた。

このように比較すると、Zumeは自動化しなくても良い工程を自動化したのに対し、xRoboticsは従業員にとって手間と時間のかかる工程を自動化していることがわかる。

出典:xRobotics

さらに、xRoboticsはロボットならではの演出に重きを置いておらず、キッチンスタッフの「悩み」にフォーカスし、負担を軽減するよう設計している。

人間が調理したピザを好む人の方が現在はまだ多いかもしれないが、マクドナルドのように一貫性、再現性を忠実に維持するファーストフードが人気を博していることから、ピザも同じ流れに向かう可能性はある。

 

参考記事

xRobotics’ Pizza Assembling Robot Concludes Test with Dodo Pizza

Lessons on automation from our investment in xRobotics, and notes on why Zume failed

Age Of Robo-Pizza, Lukewarm On Arrival, Heats Up

アイキャッチ画像の出典:xRobotics

 

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉開発に取り組む企業をまとめたレポートを無料でお配りしております。

●全66社

●全15ページ

の無料レポートです。

登録は1分で終わりますので、ぜひこの機会にご利用ください。

メールマガジンにご登録いただいた方には、 週1~2回フードテックの最新ニュースをお届けしております。

↓↓↓↓↓

メールマガジン登録はこちらから

 

>> <<

関連記事

  1. ラーメン自販機のYo-Kai Expressが家庭用調理機『Ta…
  2. Moleyが自動調理ロボット「モーレイ・ロボット・キッチン」の販…
  3. コンタクトレスなデリバリーロッカーMinnowがSKS2020で…
  4. 材料毎に投入タイミングを制御するスマート調理ロボットOliver…
  5. コンタクトレスなキオスク型スムージーロボットBlendid、株式…
  6. フードテックの祭典Smart Kitchen Summit 20…
  7. トッピングから焼き上げまで3分で完成するピザ自販機Piestro…
  8. 多才な料理ロボットのカナダYPCテクノロジーズが約1億4千万円を…

おすすめ記事

スロベニア企業Juicy Marblesは世界初の植物性フィレミニヨンステーキを開発

スロベニアのスタートアップ企業Juicy Marblesは100%植物原料ででき…

ピザ自販機のカナダ企業PizzaFornoがアメリカへ進出

新型コロナの発生により、自動販売機が新しく生まれ変わろうとしている。日本…

ビヨンドミートが新しいビヨンドバーガーを5月に全米小売で発売

代替肉巨人のニュースが止まらない。ビヨンドミートが新しい植物肉バーガーを…

植物性卵・培養鶏肉を開発するイート・ジャストが新たに約219億円を調達

カリフォルニアを拠点とするイート・ジャストが2億ドル(約219億円)という巨額の…

インポッシブルフーズがオーストラリア・ニュージーランド進出へ向け準備

代表的な米代替肉企業インポッシブルフーズが1年以内に株式上場すると言われるなか、…

コオロギタンパク質を生産するエントモファームズが約3億円を調達

コオロギタンパク質粉末を開発するEntomo Farms(エントモファームズ)が…

フードテックを理解するのに役立つ書籍

 

 

 

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業66社をまとめたレポート(全15ページ)を無料でお配りしております。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

PAGE TOP