リテール

Simbe Roboticsが在庫管理ロボットTally3.0を発表

スポンサーリンク

 

このニュースのポイント

 

●在庫管理ロボットTallyの新型が登場

●70cm以上離れた場所からデータの読みとりが可能に

●認識精度は99%

●データ処理性能を強化、シームレスな在庫状況の確認が可能に

●在庫切れ検知率は手動の10倍以上

●在庫切れ商品が平均20%減少

 

 

Simbe Roboticsは最新の在庫管理ロボットTally3.0を発表した。

Tally3.0はスーパーなど店内を巡回して商品の状態を確認したり、配置ミスを見つけたりするロボット。営業中も買い物客や従業員を避けながら安全に巡回できる。

現在はカルフール、デカトロン、Schnucksやジャイアント・イーグルをはじめ、米国、欧州、中東、アジアの250の小売企業に配置されている。

出典:Simbe Robotics

新型となるTally3.0では光学センサーをアップグレード、耐久性と操作性を改善したほか、深度センサーとRGBセンサーを搭載したインテルRealSenseデプスカメラを追加。

これにより、30インチ(76cm)離れたところからでもデータを読みとることが可能になり、速度を落とすことなく認識精度を99%まで高めることができた。陳列棚の一番上で過剰在庫になっている商品を見つけ出すことも可能だ。

さらに、コンピュータビジョンとAIアルゴリズムによる処理能力を追加することで、スタッフが在庫情報をより早く、シームレスに確認できるようになった

出典:Simbe Robotics

コスト面も改善された。Tally3.0の1台あたり5000マイル(約8000km)以上の探査性能を備えるという。

コンサルティング会社が主力小売企業で使用効果を調査したところ、

 

●マニュアルによる在庫管理と比べ、在庫切れ検知率は10倍以上

●在庫切れ商品が平均20%減少

●データ改善により年売上高が2%上昇

 

という結果が得られたという。

新型コロナ発生以降、小売業は商品の在庫切れに悩まされている。

今でも多くの店では手動による在庫管理が行われている。ロボットであれば1日中、複数の陳列棚を見回ることができるため、正確な在庫情報を収集することで、特定の商品が突然売り切れても、タイムリーな補充が可能だ。

店全体の在庫管理に1週間かかり、精度が65%である場合、Tally3.0を導入すると1日に3回、99%の精度になるという。

出典:Simbe Robotics

在庫管理ロボット導入には、顧客対応、オンライン注文のピックアップ、衛生面の管理などほかの業務に時間をあてられるというメリットもある。

在庫ロボットを展開するのはSimbe Roboticsだけではない。

Bossa Novaのロボットは1000店舗のウォルマートに配置され、Badger TechnologiesのロボットはWoodman’s Marketsで使用されている。

Tally3.0の使用料金は1店舗あたり月額2000ドル(約20万円)~4000ドル(約40万円)。価格は導入店舗数によるという。同社はセンサーと製造プロセスを改良することで、さらにコストダウンしたいとしている。

 

参考記事

Simbe Robotics Announces New Tally 3.0 Shelf-Scanning Robot

Simbe Unveils Tally 3.0, The Most Advanced Autonomous Inventory Robot on The Market

Tally 3.0 inventory robot from Simbe includes improved optics, autonomy, endurance

アイキャッチ画像の出典:Simbe Robotics

 

スポンサーリンク

関連記事

  1. コンタクトレスなデリバリーロッカーMinnowがSKS2020で…
  2. 「移動型レストラン」自販機3.0のスウェーデン企業VEATが初の…
  3. Apeel Sciencesが約31億円を資金調達、小規模農家の…
  4. Apeel Sciences、鮮度を保てるプラスチックフリーなキ…
  5. 多才な料理ロボットのカナダYPCテクノロジーズが約1億4千万円を…
  6. 食品ECのFarmsteadが約8億円を調達、デリバリー対応地域…
  7. フードテックの祭典Smart Kitchen Summit 20…
  8. 食品ECスタートアップFarmsteadが小売業にGrocery…

おすすめ記事

代替マグロ開発中の米フードテックKuleana、年内に全米へ代替マグロ寿司の提供を目指す

サンフランシスコのフードテック企業Kuleanaは、クロマグロを使わない「リアルな寿司」を開発中だ。…

米InnerPlantが自らSOSを出す植物 InnerTomatoを開発、病気の早期発見に

(▲左は通常のトマト、右が昆虫の攻撃を受けたInnerTomato。通常のトマトは発光しないが、In…

イート・ジャストがシンガポールにアジア初の生産拠点を建設、培養肉の協業も

植物性代替卵のイート・ジャストがアジア進出拡大に乗り出した。投資機関Proterraから1億…

アイスランドORF Geneticsが大麦由来の低コスト成長因子を開発、培養肉の生産コスト削減を目指す

アイスランド・ORF Geneticsの技術によって、今後数年のうちに培養肉の商…

Shiok Meatsが細胞由来の培養ロブスター試作品を発表、2022年までの商品化を目指す

このニュースのポイント ●シンガポールのShiok Meatsが培養…

ポーランドNapiFerynがなたね油粕から代替タンパク質Rapteinを開発|大豆にかわる新しい植物性タンパク質となるか?

万能の肥料として活用されるなたね(菜種)油粕。なたね油粕とは、アブラナか…

中国ファーストフード大手DicosがStarfieldと提携、植物肉バーガーを全国で一斉発売

中国のファーストフード大手Dicosが植物由来代替肉に取り組む中国企業Starf…

香港IXON社が肉を2年間常温保存できるASAP技術を開発

香港のスタートアップIXON Food Technologyは画期的な食品保存方…

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

PAGE TOP