代替プロテイン

【現地レポ】ソーラーフーズ、ソレインを商用生産する工場を稼働/ソレイン使用のシンガポールレストランを訪問

 

フィンランド企業ソーラーフーズ(Solar Foods)は今月15日、代替タンパク質ソレインを商用生産するための工場Factory 01の稼働開始を発表した

ソーラーフーズはこれまで、フィンランド首都ヘルシンキ近郊のエスポ―にあるパイロット施設でソレインを製造してきた。Factory 01の稼働により、年間最大160トンのソレインを製造できるようになり、食品メーカーがソレインを使用した製品を量産するためのソレイン供給が可能になる。

今回の記事では、工場稼働のニュースに加え、シンガポールでソレインを料理に使用中の現地レストランを訪問した結果をお伝えする。

ソーラーフーズ、工場Factory 01を稼働

出典:Solar Foods

フィンランド、バンターにあるFactory 01は、二酸化炭素、電気、微生物(水素細菌)から作られるタンパク質ソレインを商用生産する同社初の工場となる。

微生物発酵を利用したタンパク質生成には大きく、精密発酵、バイオマス発酵がある。

ソーラーフーズは微生物に餌として水素、酸素、二酸化炭素を与え、微生物が二酸化炭素を炭素源として利用して体内に蓄積した炭素化合物を粉末にしており、バイオマス発酵いえる(同社プロセスはガス発酵とも呼ばれる)。

同工場には20,000Lのバイオリアクターが設置されている。プロセスでは、敷地内の電解槽から供給される水素と、工場のDAC技術によって回収された二酸化炭素を使用。これにより、寒冷なフィンランドでも年間を通じて、農業と切り離されたタンパク質製造が可能になる。

同社はFactory 01の運営を通じて得られたデータをもとに、Factory 02の計画も進める考えだ。

年に500万~800万食のソレイン使用食を提供可能に

出典:Solar Foods

ソーラーフーズは2022年11月にシンガポールでソレインの販売認可を取得した。アイスクリームチョコレートバーの提供に続き、最近では中華レストランとのコラボを実施しているが、Foovoの現地調査(後述)では量・食事の範囲ともに提供は限定的だった。

Factory 01の稼働により、年に500万~800万食のソレインを使用した食事を提供可能になり、食製品への適用が拡大する。

同社共同創業者兼CEO(最高経営責任者)のPasi Vainikka氏は、「消費者に少量を提供することはできましたが、地元のスーパーでソレインを使用した食品を見つけることは不可能でした。まもなくそれが可能になります」と述べている。

ソーラーフーズはシンガポールに続き、EUイギリスアメリカなど主要市場での認可取得を目指している。当面の目標として、2024年後半のアメリカ市場進出を目指している。

ソレインを料理に使用中という現地レストランを訪問

Chengdu Bowl@120 Tanjong Pagar Road Foovo(佐藤)撮影

ソーラーフーズは今月、シンガポールの中華レストラン「Chengdu Bowl」で、ソレインを使用した2メニューの提供開始を発表した。プレスリリースによると、4月2日から新しいビーガンメニューが導入され、3ヵ月間提供される。

そこで今月14日、タンジョンパガー通りにある「Chengdu Bowl」を訪れてみた。プレスリリースに掲載されていた2メニューを注文したが、結論を先にいうと、本当にソレインが使用されていたか、最後まで自信を持てなかった

Foovo(佐藤)撮影

まず、メニュー・店内に「Solein」の記載がどこにもない(プレスリリースには「Mapo Tofu with Solein」「Spicy and Sour Soup with Solein」と「Solein」の記載がある)。

ホールスタッフに聞くと、ソレインのことを知らなかった様子で、厨房に確認してくれた。

戻ってきたスタッフは、ソレインを使用した料理は、「Mapo Tofu」「Sichuan Spicy and Sour Soup」だと教えてくれた。しかし、「Mapo Tofu」にはビーガンを示す「素」の表記があるが、「Spicy and Sour Soup」にはない。ソレインについて初耳だった様子から、そうだと言われても納得できない。

以前、ソレイン使用のジェラートを提供したレストラン「Fico」はインスタグラムでソレインに言及していたので、「Chengdu Bowl」のインスタグラムを見てみるが、言及はない。公式サイトにもない。住所を何度も確認するが、ここで正しい。

スタッフがそうだというのに、さらに追及するのははばかられたので料理を分析してみる。

Mapo Tofu Foovo(佐藤)撮影

Spicy and Sour Soup Foovo(佐藤)撮影

プレスリリースで「Spicy and Sour Soup with Solein」(酸辣湯)は、卵と肉をソレインに置き換えたと記載されている。この「置き換え」はソレインで卵、肉らしいものを生成するのか、単に相当するタンパク質をソレインで置き換えるという意味なのか読み取れず、ソレインを使用しているのかやはりわからなかった。

せっかく店まで行ってみたものの、自分が食べたものがソレイン使用の料理なのか確信が持てず残念だった(料理自体は美味しかった)。もしかしたら、予定よりも提供が遅れているだけで、今後「Chengdu Bowl」で提供するのかもしれない。あるいは、店内で特に言及せずにすでに提供しているのかもしれない(現地で何か新しい情報をお持ちの方がいたら教えてもらえると嬉しい)。

これをふまえると、Factory 01の稼働は、ソレイン使用食品の流通拡大を促進するものとなり、農業と切り離された新しいタンパク質へのアクセスを容易にする。ソーラーフーズはソレインを使用した製品開発・試験販売で味の素と提携しており、今後の動向を注視していきたい。

 

参考記事

Opening a window to the food industry’s future: the world’s first factory growing food out of thin air launches

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Solar Foods

 

関連記事

  1. Gelatex、年間300トンの培養肉生産を可能とする足場生産の…
  2. 他社の発酵製品の市場投入を早めるSolar Biotechが約2…
  3. Esco Asterが培養肉の製造承認をシンガポールで取得
  4. オーストラリアのNourish Ingredients、植物肉用…
  5. ベルギーのPaleoがペットフード業界に参入|精密発酵ミオグロビ…
  6. 蜜蜂を使わずにハチミツを作る米MeliBioがプレシードで約94…
  7. 【2024年1月16日】Foovo初の現地セミナー開催のお知らせ…
  8. 連続細胞培養技術を開発する英CellulaREvolutionが…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

分子農業スタートアップMiruku創業者に聞く「ベニバナによる乳製品生産の再構築」

植物を「ミニ工場」として特定成分を作る分子農業が注目されている。代替タン…

Remilk、イスラエルで精密発酵タンパク質の認可取得が間近

イスラエルのベンヤミン・ネタニヤフ首相は19日、イスラエルのフードテック企業が牛…

MycorenaとRevo Foodsが3Dプリント用マイコプロテインの開発で約2.1億円の欧州助成金を獲得

マイコプロテインで代替肉や代替バターを開発するスウェーデン企業Mycorenaは…

微生物発酵でシーフードを開発するAqua Cultured Foods、2022年の市場投入を目指す

アメリカを拠点とするAqua Cultured Foodsは、微生物発酵技術によ…

DouxMatokが砂糖の使用量を半分に減らしたIncredo Spreadsの販売を開始

イスラエルのスタートアップDouxMatokが開発した、少ない量でも甘さの変わら…

青果物の鮮度保持期間を延ばすHazel Technologiesが約76億円を調達

アメリカ農務省(USDA)によると、アメリカでは供給される食料の30-40%が廃…

次回セミナーのご案内

マイコプロテイン・菌糸体タンパク質レポート予約注文開始

精密発酵レポート好評販売中

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,671円(05/21 12:27時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(05/20 21:44時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(05/21 01:22時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(05/21 18:20時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(05/21 11:03時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(05/20 21:17時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP