代替プロテイン

高級培養肉を開発するOrbillion Bioが約5億4000万円を調達

>> <<

 

培養肉を開発するスタートアップ企業Orbillion Bioが、シードラウンドで500万ドル(約5億4000万円)を調達した。

Yコンビネーターから支援を受ける同社は培養肉に取り組む数多くのスタートアップ企業の1つだが、和牛、子羊、ヘラジカ、バイソンなどの高級培養肉に焦点をあてる点で他社とは異なる差別化戦略をとる。

今回のラウンドには、Climax Foods、Finless Foods、Wild Earthに出資しているAt One VenturesHoxton Farmsに出資しているEuropean Nucleus CapitalMission BarnsTurtle Tree Labsを支援しているPrithi Venturesなどが参加した。

Orbillion Bioは調達した資金で、生産コストの削減、最初の商品となる和牛のパイロット生産を図る。

出典:Orbillion Bio

同社は3月に試食会を実施した。試食会では細胞培養による和牛、ヘラジカ、子羊が披露された。

試食会の数日後、CEOのPatricia Bubner氏はYコンビネーターの「デモデイ(Demo Day)」で投資家に向けプレゼンを実施。

試食会とデモデイの発表は一流投資家の注目を集め、今回のラウンドは応募超過で完了した。

Green queenの報道によると、同社がまず注力するのは米国市場となる。

高級レストラン・高級小売で市場に投入されてから、価格を下げ、商品を提供するターゲット層を広げていく。

最初は「高級路線」を採用するが、最終的には目的であるすべての購買層をターゲットとしている。市場投入のタイムラインは2023年中としている。

出典:Orbillion Bio

畜産による温室効果ガスの排出、動物による感染症発生、集約畜産による抗生物質の使用、動物愛護、農業用地のための森林伐採、人口増加の観点から、培養肉が畜産肉に代わる手段として注目されている。

2021年になってから培養肉に集まる投資は増加する一方で、直近では培養脂肪を開発するMission Barnsが約26億円を調達、世界で初めて培養肉の販売したイート・ジャストは約219億円を調達している。

先日にはイート・ジャストが世界に先駆けてシンガポールで培養肉料理のデリバリーを開始するなど、食卓に並ぶには程遠いと思えた培養肉の大衆化が着実に進んでいる。

培養肉の市販化ではシンガポールが他国の先をいく形となるが、日本でも三菱商事培養肉のアレフ・ファームズ培養魚のBlue Naluと提携を発表するなど、日本導入へ向けた取り組みを強化している。

 

参考記事

Y Combinator-Backed Orbillion Bio Secures US$5M To Bring Its Cell-Cultured Wagyu Beef, Bison & Sheep To Market

Orbillion Bio Raises $5M to Develop Cell-Cultured Bison, Elk, and Wagyu Beef

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Orbillion Bio

 

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉開発に取り組む企業をまとめたレポートを無料でお配りしております。

●全66社

●全15ページ

の無料レポートです。

登録は1分で終わりますので、ぜひこの機会にご利用ください。

メールマガジンにご登録いただいた方には、 週1~2回フードテックの最新ニュースをお届けしております。

↓↓↓↓↓

メールマガジン登録はこちらから

 

>> <<

関連記事

  1. 代替卵イート・ジャストが欧州進出へ向けて加速、EUの承認待ち
  2. ビーガンチーズを開発するMiyoko’s Creameryが約5…
  3. イート・ジャストが中国上海に初の料理スタジオをオープン、中国市場…
  4. チリのフードテックNotCoが約89億円の資金調達に成功、米国進…
  5. イスラエルのImagindairyは精密発酵でアニマルフリーな乳…
  6. 菌糸体ステーキ肉の開発に挑むスペイン企業Libre Foods
  7. 培養魚スタートアップのFinless Foodsが植物性マグロに…
  8. 米コストコがビヨンドミートボールの取り扱いを一部店舗で開始

おすすめ記事

コーヒー豆の品質評価を自動化するDemetriaが約3億2千万円を調達

コーヒー豆の品質評価を自動化するDemetriaがシードラウンドで300万ドル(…

3Dプリンターを活用する上海企業CellXが培養豚肉のサンプルを発表

3Dプリンターを活用して培養肉を開発する中国の培養肉企業CellXが培養豚肉のサ…

個人から企業まで|貼るだけで果物の鮮度を保持するシールを開発したRyp Labsとは

アメリカ、ワシントン州を拠点とするRyp Labsは、果物の保存期間を最大14日…

3Dプリント肉のSavorEatがアメリカの大学への試験導入でソデクソと提携

3Dプリンターを活用して植物肉を開発するイスラエル企業セイバーイート(Savor…

ネスレがFuture Meatと協業して培養肉参入に向けて準備

ネスレが培養肉事業に参入する準備を進めている。ネスレが培養肉と植物肉をブ…

Motif FoodWorksが約249億円を調達、植物肉をアップデートさせる成分の市販化に向けて加速

植物ベース食品のアップデートに取り組む米フードテック企業Motif FoodWo…

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業66社をまとめたレポート(全15ページ)を無料でお配りしております。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(10/28 15:18時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(10/28 09:09時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,881円(10/27 20:01時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP