代替プロテイン

イート・ジャストの培養肉部門GOOD Meatが約110億円を調達、今年の調達総額は約305億円に

 

イート・ジャストの培養肉部門GOOD Meatは先月、9700万ドル(約110億円)を調達した。同社は今年5月に1億7000万ドルを調達しており、これにより調達総額は2億6700万ドル(約305億円)となる。

このラウンドにはUBS O’ConnorGraphene VenturesK3 VenturesResilience ReserveFernando Chico Pardo氏などが参加した。GOOD Meatは調達した資金で培養肉の研究開発を加速する。

培養肉で今年最大の調達総額

出典:イート・ジャスト/GOOD Meat

イート・ジャストは昨年12月に世界に先駆けてシンガポールで培養肉の販売許可を取得したアメリカのスタートアップ企業。同月、レストラン1880で培養肉を使った料理が販売された。4月にはシンガポールで世界初の培養肉料理のデリバリーを実施

5月には培養肉部門GOOD Meatが約184億円を調達した。

同月、レストラン1880に続き、シンガポールのJWマリオット・ホテル・シンガポール・サウスビーチにある広東料理レストラン「Madame Fan」でも培養肉が導入された。同レストランは、1日の決められた時間帯、動物肉を培養肉で完全に置き換えることを発表した。

培養肉分野では今年になってから巨額の資金調達が続いている。イスラエルのアレフ・ファームズは7月に約116億円を調達し、9月にはレオナルド・ディカプリオ氏から出資を受けているが、1社が調達した額としては、GOOD Meatの305億円は今年最大規模となる。

今回の資金調達に加え、GOOD Meatは新しいスタッフ2名の採用を発表した。元米国農務長官・元米国下院議員のダン・グリックマン氏が諮問委員会に加わったほか、アメリカの化学大手デュポンの元副社長であるジム・ボレル氏が取締役会に加わった。

2030年までに培養肉は動物価格と同等価格に

出典:イート・ジャスト/GOOD Meat

これまで培養肉の販売を許可した国はシンガポールのみだが、親会社であるイート・ジャストは9月、カタールのウムアムフリーゾーンに培養肉の生産施設建設を発表している。

生産施設建設のために、同社はDoha Venture Capital(ドーハベンチャーキャピタル)とQatar Free Zones Authority(QFZA)と提携。この工場には培養肉部門GOOD Meatに続き、代替卵部門のJUST Eggも入る予定。

カタール当局はGOOD Meatの培養鶏肉の販売を「すぐに」承認する意向を示しており、シンガポールの次の国がカタールとなる可能性がでてきている。

アメリカで培養肉を販売するにはFDAが承認する必要があり、カタールとアメリカどちらが先にGOOD Meatの培養肉を承認するかが注目される。

マッキンゼーの最新の報告によると、過去10年で培養肉の生産コストは99%削減された。ヒト全ゲノムシーケンスと同じ軌道をたどるならば、培養肉は2030年までに従来の動物肉と同等価格を実現することが可能となる。

出典:マッキンゼー

マッキンゼーは、生産プロセスの最適化、規模の拡大によってコストの約75%を削減でき、残る約25%は研究開発の微調整で削減できると分析している。

イスラエルのFuture Meatのように、植物肉をブレンドすることで110gあたり4ドルまでコスト削減している事例もあり、培養肉の低コスト化が進んでいる。

 

参考記事

GOOD Meat Raises $97M, Bringing Its Total Funding For Cultivated Meat To $267M

GOOD Meat, a Division of Eat Just, Inc., Raises $267 Million, Adds Former USDA Secretary to Advisory Board

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:イート・ジャスト/GOOD Meat

 

関連記事

  1. シンガポールで培養ウズラ肉を実食|Vowの「Forged Par…
  2. アイスランドORF Geneticsが大麦由来の低コスト成長因子…
  3. 米The Every Company、精密発酵で作られた史上初の…
  4. 【8/24】注目のフードテックベンチャー・ネクストミーツ社佐々木…
  5. 黄エンドウ豆から代替チーズを開発する英スタートアップ、英政府系機…
  6. カナダのBurcon NutraScienceはヒマワリの圧搾粕…
  7. 培養シーフードを開発するShiok Meatsが資金調達、シンガ…
  8. 植物の葉緑体を活用して成長因子を開発するBright Biote…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

黄エンドウ豆から代替チーズを開発する英スタートアップ、英政府系機関から助成金を獲得

ノッティンガム大学のスピンオフベンチャーであるThe Good Pulse Co…

アニマルフリーな乳製品を開発する英Better Dairyが約2億2千万円を資金調達

このニュースのポイント イギリスBetter …

モサミートはいかにしてFBSを使わずに培養牛肉を生産したのか?研究者が論文を発表

オランダの培養肉スタートアップ企業モサミートは今月13日、ウシ胎児血清(FBS)…

マメ科植物の種子から植物性ホイップクリームを開発するANDFOODSが約4億円を調達

ニュージーランドのフードテック企業ANDFOODSは、マメ科植物の種子からアニマ…

Nature’s Fyndが菌類由来の代替肉を米ホールフーズで発売、来年には大規模工場を稼働

微生物発酵により代替肉や代替乳製品を開発するアメリカ企業Nature's Fyn…

韓国企業Zikooinは廃棄される穀物を使って代替肉Unlimeatを開発

韓国のスタートアップ企業Zikooinは、ユニークな方法で代替牛肉Unlimea…

次回Foovoセミナーのご案内

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

精密発酵レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,671円(04/19 12:11時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(04/18 21:26時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(04/19 00:56時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(04/19 18:01時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(04/19 10:46時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(04/19 21:00時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP