レストランテック

フランスのピザロボットレストランPazziが操業停止

 

フランス、パリに設置されていたピザロボットレストランPazziが操業を停止した。

Pazziは、生地のならしから、トッピング、焼き上げ、箱にいれる作業までをすべてロボットが行う自動化レストランを昨年7月にオープンした。

フランス文化中心の地・パリに設置するという独創的かつ挑戦的な試みが注目されたが、PazziのCEO Philippe Goldman氏が今月リンクトインに投稿した記事によると、レストランの買い手が見つかっていたものの、買い手による契約撤回となり、会社は清算することとなった。

Goldman氏は操業停止に至った主な理由について、フランスのハードウェアエコシステムが未熟で、公的資金と機関投資家による資金いずれの点においても不十分であること、ソフトウェア文化に対しロボットに対する評価が低く、ロボット工学に対して一般に不信感があり、雇用を奪うだけだと非難されることを挙げている。

(Goldman氏は、世界で最もロボット化された国は失業率が最も低いと補足している)。

出典:Pazzi

高品質でおいしい、手頃な価格のピザに、誰もがいつでもアクセスできることを目指して2013年に設立されたPazziは自動化のパイオニアとして、5年以上生存するスタートアップ企業の1社となった。5つの特許を出願し、世界中から3000を超えるリクエストが寄せられ、累計1380万ドル(当時約15億円)を調達していた。

過去1年で提供したピザは115,000枚以上にのぼる

Pazziは35名の従業員を解雇する予定で、レストランはすでに閉鎖されている。

今年5月にはピザ自販機のBasil Streetが操業を停止しており、ピザロボットレストランではPazziは2例目の解散事例となった。Basil Streetも操業停止の理由の1つに資金不足を挙げていた。

 

参考記事

The end of the journey for Pazzi Robotics

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Pazzi

 

関連記事

  1. 【現地レポ】シンガポール展示会(Agri-Food Tech E…
  2. Moleyが自動調理ロボット「モーレイ・ロボット・キッチン」の販…
  3. フランス・パリにPazziによるピザロボットレストランがオープン…
  4. 農林水産省が培養肉、CO2タンパク質生産、泡盛粕のアップサイクル…
  5. VenHubが開発する完全自律型のスマートコンビニ
  6. 米セブン-イレブンとNuroがカリフォルニアで自動運転車による配…
  7. 家庭用調理ロボットのNymbleが予約注文を受付中
  8. イスラエル企業Ansāが開発した電波を利用したコーヒー焙煎機e2…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

代替マグロの切り身を開発する米Impact Food、年内の市販化を目指す

水産資源の枯渇が懸念される中、カリフォルニア州サンマテオに新たな代替シーフード企…

菌糸体生産のB2Bソリューションを開発するKyndaがドイツ政府から助成金を獲得

ドイツのバイオマス企業Kyndaは、ドイツ連邦食糧農業省から非希薄化(Non-d…

米MeliBioが欧州進出を拡大、植物性ハチミツをスイスとオーストリアで発売

米MeliBioが開発した植物性のビーガンハチミツが、イギリスでの発売に続き、ス…

培養シーフードのShiok Meatsが生産コスト50ドル/kgを実現、2023年に培養エビ上市へ

アジアにおける培養シーフードの先駆けであるシンガポール企業Shiok Meats…

ソーラーフーズ、微生物タンパク質を使用したアイスクリームをシンガポールで発売

フィンランド企業ソーラーフーズは今月、二酸化炭素と微生物を活用して開発した代替タ…

培養肉企業モサミートがシリーズBを約89億円でクローズ

オランダの培養肉スタートアップ企業モサミート(Mosa Meat)が新たに100…

マイコプロテイン・菌糸体タンパク質レポート好評販売中

精密発酵レポート好評販売中

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,760円(07/20 13:06時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(07/19 22:32時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(07/20 02:17時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(07/19 18:59時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(07/20 11:33時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(07/19 21:57時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP