レストランテック

フランスのピザロボットレストランPazziが操業停止

 

フランス、パリに設置されていたピザロボットレストランPazziが操業を停止した。

Pazziは、生地のならしから、トッピング、焼き上げ、箱にいれる作業までをすべてロボットが行う自動化レストランを昨年7月にオープンした。

フランス文化中心の地・パリに設置するという独創的かつ挑戦的な試みが注目されたが、PazziのCEO Philippe Goldman氏が今月リンクトインに投稿した記事によると、レストランの買い手が見つかっていたものの、買い手による契約撤回となり、会社は清算することとなった。

Goldman氏は操業停止に至った主な理由について、フランスのハードウェアエコシステムが未熟で、公的資金と機関投資家による資金いずれの点においても不十分であること、ソフトウェア文化に対しロボットに対する評価が低く、ロボット工学に対して一般に不信感があり、雇用を奪うだけだと非難されることを挙げている。

(Goldman氏は、世界で最もロボット化された国は失業率が最も低いと補足している)。

出典:Pazzi

高品質でおいしい、手頃な価格のピザに、誰もがいつでもアクセスできることを目指して2013年に設立されたPazziは自動化のパイオニアとして、5年以上生存するスタートアップ企業の1社となった。5つの特許を出願し、世界中から3000を超えるリクエストが寄せられ、累計1380万ドル(当時約15億円)を調達していた。

過去1年で提供したピザは115,000枚以上にのぼる

Pazziは35名の従業員を解雇する予定で、レストランはすでに閉鎖されている。

今年5月にはピザ自販機のBasil Streetが操業を停止しており、ピザロボットレストランではPazziは2例目の解散事例となった。Basil Streetも操業停止の理由の1つに資金不足を挙げていた。

 

参考記事

The end of the journey for Pazzi Robotics

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Pazzi

 

関連記事

  1. カクテルに3DプリントするPrint a Drink、企業向けの…
  2. Picnicがピザ組み立てロボットの予約注文受付をスタート
  3. Basil Streetがピザ自販機をアメリカの国際空港に導入、…
  4. ロボットハンバーガー店のCreatorがリニューアル、「パーソナ…
  5. スーパー・薬局が自宅までやってくる!Robomartの移動型スー…
  6. トッピングから焼き上げまで3分で完成するピザ自販機Piestro…
  7. ピザ組み立てロボットを開発するPicnicが約17億円を調達
  8. ピザハットのロボットレストランがイスラエルに登場

おすすめ記事

6つの豆をベースに代替魚を開発する米Good Catchがシンガポールへ進出

6つの豆をベースに植物性の代替魚を開発する米Good Catchがシンガポールに…

All G Foodsが約34億円を調達、細胞農業に特化したVC主導のインフラ構築進む

精密発酵による乳タンパク質、植物由来の代替肉を開発するオーストラリア企業All …

イート・ジャストの培養肉部門GOOD Meatが約184億円を調達

アメリカ企業イート・ジャストの培養肉部門GOOD Meatが1億7000万ドル(…

ミツバチを使わない「本物のハチミツ」を開発する米MeliBio

↓ラジオ音声はこちらから↓(登録不要・ワンクリックで聴けます)…

規格外・余剰農産物のB2B販売プラットフォームを提供するFull Harvestが約26億円を調達

規格外・余剰の農産物をB2Bで販売するプラットフォームを構築するFull Har…

Wilkが細胞培養による乳脂肪を使用したヨーグルト開発に成功

細胞培養によりヒト、動物の乳成分を開発するイスラエル企業Wilk(ウィルク)は、…

培養魚レポート・予約販売開始のお知らせ

精密発酵レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(11/30 20:07時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(12/01 13:43時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(12/01 06:11時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(12/01 16:05時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP