Foovo Deep

培養肉開発用の成長因子を低コストで量産するCore Biogenesisが約3.2億円を調達

 

フランスのCore Biogenesisが2020年11月にシードラウンドで260万ユーロ(約3億2000万円)を調達した。

同社は成長因子を安価に大量生産する技術開発に取り組むスタートアップ企業。

今回調達した資金で最初の試作品を作り、取引先30社に提供したいとしている。

培養肉開発に必要なもの

 

培養肉を開発するためには、細胞培地成長因子が必要になる。

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

 

関連記事

  1. 【12/17】熊本発の植物肉スタートアップDAIZ社セミナー開催…
  2. SavorEatがパーソナライズ化された3Dプリント植物肉バーガ…
  3. Upside Foodsが業界史上最大の約510億円を調達、年内…
  4. AngelList初のローリングファンド、Sustainable…
  5. イート・ジャスト(Eat Just)の培養肉が世界で初めてシンガ…
  6. 香港培養肉スタートアップのAvant Meatsが培養魚の切り身…
  7. Aqua Cultured Foodsが微生物発酵による代替イカ…
  8. 食品廃棄物を活用してマイコプロテイン由来の代替肉を開発するMyc…

おすすめ記事

藻類で培養肉用培地のコストダウンを図る東京女子医科大学、培養廃液もリサイクル

2021年8月29日に第3回細胞農業会議(日本細胞農業協会・培養食料研究会主催)…

TurtleTree Scientificが商用規模での細胞培養培地の開発でJSBiosciencesと提携

細胞農業に取り組むTurtleTree Scientificが、商用規模での細胞…

漁業者と消費者をダイレクトにつなげるE-Fish、48時間以内に新鮮魚を宅配

アメリカで漁師と消費者をダイレクトにつなげる新しいサービスがある。獲れた…

スイスの研究チームが研究室で細胞培養によるチョコレートを開発

細胞培養による培養肉の開発が世界的に進んでいるが、今後はチョコレートも工場で作ら…

シンガポールの代替肉企業Next Genがシードで約10億円を調達、3月にシンガポールで発売へ

シンガポールを拠点に代替鶏肉を開発するNext Genはシードラウンドで1000…

食品ロスに取り組むFlashfoodが約14.7億円を調達、アメリカ食料品店との連携を強化

食品ロスに取り組むアプリを提供しているカナダ企業FlashfoodがシリーズAで…

精密発酵レポート販売のお知らせ

代替脂肪セミナー開催のお知らせ

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(09/27 19:30時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(09/27 13:11時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(09/28 05:27時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(09/27 15:31時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP