代替プロテイン

オランダのViviciが精密発酵ホエイの生産プロセスをスケールアップ、来年の発売を予定

 

オランダの精密発酵企業Viviciは、乳タンパク質の1つであるβ-ラクトグロブリンを生産するプロセスのスケールアップに成功し、取引先に向けて食品グレードの製品を製造したことを発表した

プレスリリースによると、同社は2024年に生産をさらにスケールアップする予定だ。また、来年始めに最初の製品となる、牛由来と同等のβ-ラクトグロブリンを市場に投入することを予定している。

Viviciが精密発酵ホエイを生産するプロセスをスケールアップ

出典:Vivici

Viviciは、ニュージーランドの大手乳業メーカー・フォンテラ(Fonterra)とオランダ大手化学メーカーDSMにより昨年設立された。

Viviciが開発するβ-ラクトグロブリンは、乳タンパク質のホエイに分類されるタンパク質だ(乳タンパク質はホエイ、カゼインに分類される)。β-ラクトグロブリンは、優れたゲル化力、起泡性、乳化性を備えており、さまざまな食品・飲料の口当たりや食感を向上させる作用を持つ。

代表的な精密発酵企業とされる米パーフェクトデイや、同社に続きアメリカで認可を取得したRemilkImagindairyもホエイタンパク質を開発している。

ViviciはB2B企業として、サステナブルなホエイ製品や改良されたアニマルフリー製品を市場に投入したいと考えている大手食品・飲料メーカーへ精密発酵ホエイを提供する予定だ。

プレスリリースでは具体的なターゲット市場に言及していないが、精密発酵ホエイが承認され、流通しているアメリカ、シンガポール、あるいはインポッシブルフーズのヘムを承認しているオセアニアで上市する可能性が高いだろう。

フォンテラ・DSMによって設立されたViviciは、バイオプロセスの開発・拡張における数十年にわたる経験、乳タンパク質の単離・応用において世界をリードする知識を保有している。長年の知見を活用し、市場投入においてもスピード感のある取り組みをしていくだろう。

欧州における精密発酵

Fooditiveが開発した精密発酵によるカゼイン 出典:Fooditive

遺伝子組換え微生物を製造過程で使用する精密発酵タンパク質は、最終産物に当該微生物は含まれないものの、欧州で販売するためには、新規食品として当局の認可を取得しなければならない。欧州の新規食品規制は特に厳しいと言われるが、規制状況に反して、欧州での精密発酵企業設立が近年増えている

欧州の「長すぎる不透明な新規食品プロセス」の改善に向けて、今年3月、Formo(ドイツ)、Better Dairy(イギリス)、Imagindairy(イスラエル)、Onego Bio(フィンランド)、Those Vegan Cowboys(ベルギー)の5社が新たな業界団体Food Fermentation Europe(FFE)を設立した。

Viviciも8月に参画し、FFEの参加企業は現在8社となった。今後はFFEが中立団体として、欧州当局と協議する役割を担っていくだろう。

欧州の精密発酵企業としては、今年カゼインの生産拡大を発表したオランダのFooditive、B2Bプラットフォーマーを目指すオーストリアのFermify、卵白タンパク質を開発するフィンランドのOnego Bio、乳製品に加え、最近麹菌を使用した代替卵(卵は新規食品対象外)開発が報道された独Formo、カカオバターを開発する独Planet A Foods、カゼイン・乳脂肪を開発する仏Nutropyなど、さまざまな企業が確認されている。

 

参考記事

Vivici successfully scales up its beta-lactoglobulin process, producing food grade product

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Vivici

 

関連記事

  1. オーストラリアのVow、南半球最大の培養肉工場をオープン
  2. ショウジョウバエで成長因子を開発し、培養肉のコスト削減に挑むFu…
  3. イスラエルの培養肉企業MeaTechが世界で初めてNasdaq市…
  4. 菌糸体から代替肉を開発するMushlabsが欧州イノベーション会…
  5. 分子農業企業Moolec Scienceが豚肉タンパク質を作る大…
  6. 米Checkerspot、微細藻類を活用したヒト乳脂肪類似体を開…
  7. 細胞農業によるキャビア製造でGeneus Biotechがヴァー…
  8. 米Liberation Labs、アメリカで精密発酵工場の建設を…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

英Hoxton Farmsがロンドンに培養脂肪のパイロット工場を開設

培養脂肪を開発する英Hoxton Farmsは今月、ロンドンに初のパイロット工場…

GEAが代替タンパク質の技術センターをドイツに開設

食品・飲料・製薬業界向けの世界大手システムサプライヤーであるドイツ企業GEAは今…

チョコレート大手のマース、精密発酵由来の乳タンパク質を使ったチョコレート製品を発売

米チョコレート大手のマースは16日、精密発酵で開発されたアニマルフリーな乳タンパ…

シンガポールの培養魚企業Umami Meatsが日本進出を発表

シンガポールの培養魚企業Umami Meats(ウマミミーツ)が日本進出を発表し…

米MycoTechnologyが約105億円を調達、菌糸体発酵プラットフォームの海外展開を加速

菌糸体で食品業界の課題解決に挑むアメリカ、コロラドを拠点とするMycoTechn…

豆を使わずに合成生物学でコーヒーを開発するCompound Foodsが約5億円を調達

コーヒー豆を使わずにコーヒーを生産する米Compound Foodsがシードラウ…

次回Foovoセミナーのご案内

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

精密発酵レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,671円(04/14 12:07時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(04/14 21:25時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(04/15 00:54時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(04/14 17:58時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(04/14 10:45時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(04/14 20:57時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP