Foovo Deep

Fooditiveが精密発酵カゼインの生産拡大を発表、欧州進出に向けて提携パートナーを探索

 

精密発酵でカゼインを開発するオランダ企業Fooditiveは試作製造が成功し、欧州の消費者向けにビーガンカゼインをより大規模に生産できるようになったことを発表した

Fooditiveは微生物を活用した精密発酵により、アニマルフリーでありながら動物由来と同等なカゼインを開発・製造している。このカゼインを使用することで、より本物に近い味、食感を備えた植物性代替乳製品の開発が可能となる。

Fooditiveが精密発酵カゼインの生産拡大を発表

出典:Fooditive

Fooditiveは2019年に精密発酵でカゼインの開発を開始した。

当初は「生産工場」として酵母を使用していたが、現在は遺伝子合成によりFooditiveが開発した独自の細菌株を使用している。これにより品質や味を妥協することなく、コスト最適化、拡張性、効率性、安全性の向上など多くの利点が得られるようになったという。

Fooditiveの非動物性カゼインはチーズやヨーグルトなどの代替乳製品に加え代替肉にも適しており、しっとりとした心地よい食感をもたらすとしている。

Fooditiveは欧州市場に向けてカゼインの大量生産を開始できる立場にあるものの、販売するには欧州で新規食品Novel Food)の認可をとらなければならない。

ビーガンカゼインを工業規模で生産できる実現可能性が実証された今、同社は欧州市場で販売するためのパートナーを探索している。パートナーとともに新規申請プロセスを前進させたい考えだ。

Fooditiveが開発した精密発酵によるカゼイン 出典:Fooditive

同社創業者兼CEO(最高経営責任者)のMoayad Abushokhedim氏は、「試験が無事完了したので、Fooditiveは欧州のクライアントのニーズにこたえるため、ビーガンカゼインの生産をスケールアップしようとしています(中略)。前進する前にEUで新規食品の認可を早急に取得する必要があるため、サステナビリティとイノベーションへの取り組みを共有するパートナーとの連携を積極的に模索しています」と述べている。

Abushokhedim氏はさらに、「志を同じくするパートナー企業と共に新たな可能性を解き放ち、共にビーガンカゼイン市場を再定義する旅を開始したいです」と述べた。

精密発酵カゼインの開発状況

出典:New Culture

精密発酵によるホエイタンパク質は上市されているものの、カゼインで上市を実現した企業はまだない。Fooditiveは欧州市場でその最前線に立つ企業の1つだが、Fooditiveのほかにも複数の企業がカゼインの上市を目指している。

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Fooditive

 

関連記事

  1. 培養肉企業インテグリカルチャーによる 「CulNetコンソーシア…
  2. EUが出資するFEASTSが発足:欧州における培養肉・培養シーフ…
  3. 代替卵イート・ジャストが欧州進出へ向けて加速、EUの承認待ち
  4. Remilk、イスラエルで精密発酵タンパク質の認可取得が間近
  5. ユニリーバ、精密発酵アイスクリームをBreyersブランドで発売…
  6. グリラス、国産食用コオロギを使用したプロテインバー等をコンビニで…
  7. グリーンマンデーのインスタント食品、香港のセブンイレブン全店で販…
  8. 二酸化炭素からタンパク質を作る英ディープ・ブランチ、アイスランド…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

シンガポールのSophie’s Bionutrientsは微細藻類を原料にした代替パテ肉を発表

シンガポールのSophie's Bionutrientsは微細藻類を使った植物性…

酵母由来の代替パーム油を開発するオランダのNoPalm Ingredientsが植物性ヨーグルトを生成

精密発酵で代替パーム油を開発するオランダ企業NoPalm Ingredients…

材料毎に投入タイミングを制御するスマート調理ロボットOliver

ほかの料理の準備で焼きすぎてしまったり、ゆですぎてしまったり、料理には失敗がつき…

培養肉モサミートが培養脂肪用培地の大幅コストダウンに成功

オランダの培養肉企業モサミートが、培養脂肪用培地のコストダウン成功を発表した。…

トッピングから焼き上げまで3分で完成するピザ自販機Piestro

新型コロナウイルスの影響により、人との接触を減らせる「次世代自販機」が海外では注…

イスラエル企業Ansāが開発した電波を利用したコーヒー焙煎機e23

イスラエルのスタートアップ企業Ansāが開発したコーヒー焙煎機e23によって、職…

次回Foovoセミナーのご案内

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

精密発酵レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,671円(04/15 12:08時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(04/15 21:25時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(04/16 00:54時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(04/15 17:59時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(04/15 10:46時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(04/15 20:58時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP