Foovo Deep

モサミートはいかにしてFBSを使わずに培養牛肉を生産したのか?研究者が論文を発表

 

オランダの培養肉スタートアップ企業モサミートは今月13日、ウシ胎児血清(FBS)を使うことなく、筋肉に分化させるための無血清培地製剤の開発方法を論文NatureFoodで発表した。

論文は「培養肉生産のための無血清培地製剤は、血清飢餓がない条件下でウシ衛生細胞分化を支持する(原語:A serum-free media formulation for cultured meat production supports bovine satellite cell differentiation in the absence of serum starvation)」というタイトルで発表された

筋分化における重要なタンパク質を同定

出典:モサミート

モサミートは2019年に培養肉の生産プロセスからFBSを除去したことを発表した。今回発表された論文は、同社がFBSを使わずにいかにして筋細胞を分化させたかが明らかにされている。

論文には、血清飢餓(serum-starvation)というプロセスを通じて、幹細胞が筋肉に変わるときに生じる変化が説明されている。血清飢餓とは、血清濃度の急激な低下を指し、これによりインビトロ(体外)で骨格筋分化が誘導される。

同社は、血清飢餓により誘導される筋分化中におけるウシ筋衛星細胞のトランスクリプトミクス・リモデリングを調査した。RNAシーケンシングを活用することで、筋細胞が筋線維に分化する時に細胞に生じる遺伝子発現の変化を解明することが可能になったという。

同社は分化の初期段階でアップレギュレーションされる表面受容体を特定した。これらの受容体にリガンドを補充すると、血清飢餓および/または導入遺伝子発現がない条件下でも、分化を誘導する培地の形成が可能になったという。

論文の著者Tobias Messmer氏 出典:モサミート

論文の著者Tobias Messmer氏はこのプロセスについて、次のようにまとめている。

「私たちは、分化中に増殖する細胞表面のタンパク質に特に興味を持っていました。(「受容体」と呼ばれる)これらのタンパク質を特別に活性化することで、FBSがなくても同じ遷移を再現できるようになりました」

モサミートの手法をまとめると、

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:モサミート

 

関連記事

  1. 牛を使わずに「本物の」乳製品を開発するイスラエルのRemilkが…
  2. 微生物発酵でサステイナブルな着色料を開発するデンマーク企業Chr…
  3. 6つの豆タンパク質から代替魚を開発する米Good Catch、カ…
  4. 【12/8】Foovoイベント開催のお知らせ|代替タンパク質スタ…
  5. Those Vegan Cowboysが精密発酵で作成されたチー…
  6. 代替エビを開発するNew Wave Foodsが約18億円を調達…
  7. 米ビヨンドミート、植物ステーキ肉の年内発売を計画
  8. オランダのビーガンシーフードスタートアップMonkeys by …

おすすめ記事

培養牛肉バーガーで早期の米国上市を目指すSCiFi Foodsが約30億円を調達

細胞培養による培養牛肉を開発する米SCiFi Foodsは、最初の商品として培養…

Chipotleがトルティーヤチップス製造ロボット「Chippy」を発表

米国、カナダ、英国、フランス、ドイツで2,950を超えるレストランを経営している…

米Matrix F.T.が独自マイクロキャリアで作成した培養鶏肉を発表

培養肉用の足場とマイクロキャリアを開発する米Matrix F.T.(旧称Matr…

味の素がイスラエルの培養肉企業スーパーミートに出資、培養肉の商用化を支援

味の素は9日、コーポレートベンチャーキャピタルを通じて培養肉の開発・製造を手掛け…

Gelatex、年間300トンの培養肉生産を可能とする足場生産の試運転をスタート

培養肉用の足場を開発するエストニアのGelatexは先月、ナノファイバー材料の開…

米培養肉Upside Foods、培養肉用のアニマルフリーな増殖培地を開発

アメリカの主要な培養肉企業Upside Foods(旧称メンフィスミーツ)はアニ…

精密発酵レポート好評販売中

培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(01/27 17:00時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(01/27 20:33時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,100円(01/27 14:14時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
990円(01/27 06:53時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
398円(01/27 16:35時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP