アグテック(AgTech)

塩水で作物を栽培するサウジアラビアのRed Sea Farmsとは

 

サウジアラビアを拠点とするRed Sea Farmsの技術によって、水不足な地域でも塩水を利用した農業が可能となる可能性がある。

Red Sea Farmsは淡水の代わりに塩水を使った農業技術を開発している。

厳密には海水の中で農作物を育てるのではなく、作物の栽培温室の蒸発冷却に塩水を活用している。

作物に淡水の代わりに塩水を使用することで、淡水の使用量を最大90%削減できる。

温室では、太陽光パネルによる二酸化炭素排出量削減に加え、蒸発冷却に塩水を利用することで、エネルギー・水消費量の少ない稼働が可能となる。

出典:Red Sea Farms

公式サイトによると、塩水による栽培、冷却機能によって、淡水とエネルギーの使用を最大10分の1に削減できるシステムを実現できる。

これにより、淡水へアクセスできないエリアでも、豊富で無料な海水を使って農業ができるようになる。

Red Sea Farmsは現在、塩水で栽培したトマトを販売している。

塩水で栽培されたトマトは、非遺伝子組換え作物で通常のトマトよりも甘い。これは、塩に打ち勝つために、植物が砂糖を余分に産生するためだという。

また、これらのトマトはいくぶん皮が厚く、鮮度保持期間の延長も見込めるという。ミニトマト、トマトは、サウジアラビアのジッダの複数箇所で販売されている。

また、サウジアラビアのキング・アブドラ科学技術大学(KAUST)に塩水を活用する2000㎡規模の温室試験施設を設置している。

Red Sea Farmsは、KAUSTで植物科学教授を務めるマーク・テスター氏(Mark Tester)、農業工学のエキスパートRyan Lefers氏によって2018年に設立された、KAUSTのスピンオフベンチャー。

マーク・テスター氏(左)とRyan Lefers氏(右) 出典:Red Sea Farms

これまでにKAUSTイノベーションファンドとResearch Products Development Companyから出資を受けており、調達総額は430万ドル(約4億7000万円)。

健康に優しいサステイナブルな食品生産に塩水を活用し、食料不足を削減することを理念としている。

The Spoon誌によると、現在は塩水を活用した作物を生産しているが、長期的には自社技術を他社へライセンスアウトすることを長期的な目標としている。

 

参考記事

Red Sea Farms is Growing Crops in Saltwater

KAUST, RPDC and KACST launch new state-of-the-art greenhouse for agri-tech startup Red Sea Farms

アイキャッチ画像の出典:Red Sea Farms

 

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉・魚開発に取り組む企業をまとめたレポート2報を無料でお配りしております。

●全101社

●全23ページ

の無料レポートです(2022年3月更新版)。

登録は1分で終わります(下記画像をクリックするとページにジャンプします)。

 

>> <<

関連記事

  1. 屋内農業用デバイスのiUNUが約7億円を調達、個々の農作物をリア…
  2. コーヒー副産物のアップサイクルに取り組むKaffe Bueno、…
  3. 自宅を農家にする室内農業のGardynが約10億円を調達
  4. ゲノム編集で野菜・果物に新しい命を吹き込む米Pairwiseが約…
  5. インポッシブルフーズの脅威になるか?スピルリナ由来のヘムを開発し…
  6. フードテックの祭典Smart Kitchen Summit 20…
  7. 農家に植物の「内なる声」を伝えるInnerPlantが約6.2億…
  8. マイクロ流体チップによる農業用栄養分析デバイスを開発したNord…

おすすめ記事

フードデリバリーの「Google」、デリバリー各社を比較・検索できる統合アプリMealMeとは

フードデリバリーを頼むとき、多くの人がさまざまなプラットフォームを使って、何を注…

Biftekがシンガポールの培養肉企業へ最初の増殖培地サンプルを出荷

培養肉用のアニマルフリーな培地を開発するトルコ企業Biftekは、商用化に向けて…

ニューヨーク発・シェフと消費者をつなぐCookUnity|パーソナライズされた定期デリバリー

コロナウイルスの発生で、外食の機会が減り、ウーバーイーツなどデリバリーを取る機会…

SJW Roboticsがアジア料理を作る自律型ロボットレストランの試作品を公開

カナダ、トロントを拠点とするSJW Roboticsは、アジア料理を作る完全自律…

培養肉用の食用足場を開発する米Matrix Meatsがシードラウンドで資金調達を実施

このニュースのポイント●米国Matrix Mea…

キッチンOSのサイドシェフ|買出しレシピサービスでウォルマートと連携

キッチンOSの主力スタートアップサイドシェフ(SideChef)とウォルマートと…

精密発酵レポート販売のお知らせ

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(07/06 18:34時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(07/06 12:15時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,881円(07/06 23:47時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(07/06 14:36時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP