Foovo Deep

ミシュラン星付きシェフと再生医療研究者が立ち上げた培養肉企業ダイバースファームが目指すもの

今月のセミナーをお見逃しなく▼(画像をクリック)

 

ミシュラン星付きシェフと再生医療の研究者が立ち上げた異色の培養肉企業ダイバースファーム

同社は、人工皮膚や人工軟骨などを開発する再生医療ベンチャー・ティシューバイネット社を創業した大野次郎氏と、大阪でミシュランの星を8年連続獲得する日本料理店「雲鶴」のオーナーシェフ島村雅晴氏が出会い、2020年に登場した。

「テクノロジーで地球と暮らしを守る」を理念に、培養肉という新しいソリューションで、食料危機、環境問題に対応しつつ、既存畜産業との共存を目指している。

10月26日、ダイバースファーム社のセミナーに代表の大野氏、共同創業者の島村氏、主任研究員の岡野徳壽氏が登壇した。

セミナーでは、同社の技術概要、培養肉が求められる背景、必要と想定される安全性試験、今後の市場参入について詳細が語られた(セミナー動画は本記事の最後より視聴可能)。

培養肉の背景にある食糧危機、水不足、温暖化、穀物高騰

30年後には世界人口は約100億人に達すると予想される。人口が増えれば、当然のことながら必要となる食糧も増える。2050年には2010年比で、1.8倍の畜産物が必要になる試算となる。

共同創業者・副社長の島村氏は、「鶏肉を1Kg生産するには4.5Kgの穀物、1Kgの牛ステーキには穀物が20Kg必要」になり、肉1Kgの生産の裏側には、大量の穀物、穀物を生産するための土地・水があると指摘。

2010年から2050年までの農地面積の分布変化を示した上図からは、水不足、温暖化により新たな農地の確保が難しい現状が読み取れる。

アフリカは温暖化による砂漠化で農地が減少、南米では森林伐採による農地開拓で農地が増加。インドでは水不足を解消するための灌漑用水が原因となる紛争など、農地拡大が温暖化、紛争の原因となっていると島村氏は指摘する。

世界的な食肉需要の増加に伴う穀物価格の高騰、十分量の穀物確保が難しくなる状況は、穀物飼料の大部分を輸入に依存する日本、特に畜産農家にとって死活問題となる。

既存畜産業と共存する培養肉

こうした畜産業に付随する問題を解決する1つのソリューションとして、培養肉の生産効率性の高さに注目が集まっている。

培養肉は既存の畜産産業と比較して、土地利用を99%、温室効果ガスの排出を96%、淡水の使用量を96%削減できると試算されている。

島村氏は「培養肉は既存の畜産肉のライバルではなく、共存関係にある。肉の需要量増加を培養肉が受け皿になることで、肉不足や過度の競争を軽減できる。これが飼料価格の安定につながる」とし、既存の畜産肉を食べ続けるためにも、培養肉が必要になると述べた。

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

 

今月のセミナーをお見逃しなく▼(画像をクリック)

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉開発に取り組む企業をまとめたレポートを無料でお配りしております。

●全66社

●全15ページ

の無料レポートです。

登録は1分で終わりますので、ぜひこの機会にご利用ください。

メールマガジンにご登録いただいた方には、 週1~2回フードテックの最新ニュースをお届けしております。

↓↓↓↓↓

メールマガジン登録はこちらから

 

>> <<

関連記事

  1. アレフファームズがブラジル食肉大手BRFと培養肉の開発・ブラジル…
  2. ホームメイド料理をデリバリーするShefが約22億円を調達
  3. 培養母乳を開発するイスラエル企業Bio Milk、2022年にサ…
  4. 代替エビを開発するNew Wave Foodsが約18億円を調達…
  5. ビーガンチーズを開発するMiyoko’s Creameryが約5…
  6. フランスのYnsectは昆虫由来のバーガー、ナゲットの販売を目指…
  7. 植物性卵・培養鶏肉を開発するイート・ジャストが新たに約219億円…
  8. 培養肉生産用のアニマルフリーな血清を開発するMultus Med…

おすすめ記事

ロボットハンバーガー店のCreatorがリニューアル、「パーソナライズ化」を導入

2018年にサンフランシスコにオープンし、話題となったロボットレストランCrea…

シンガポールの代替肉企業Next Genがシードで約10億円を調達、3月にシンガポールで発売へ

シンガポールを拠点に代替鶏肉を開発するNext Genはシードラウンドで1000…

発酵技術で代替シーフードに挑むAqua Cultured Foodsがプレシードで約2億4000万円を調達

微生物発酵でシーフードを開発する米Aqua Cultured Foodsがプレシ…

タイソンの植物肉ブランドRaised & Rootedが100%植物ベースの新商品を発売

タイソンフーズが植物肉への取り組みを強化する。自社の植物性ブランドRai…

食肉生産者を培養肉生産者に変えるドイツ企業Innocent Meatの「Clean meat as a service」

培養肉はクリーンミート、細胞培養肉とも言われ、動物を殺さずに食肉を生産する新たな…

AIを活用するチリ企業The Live Green Coが植物性アイスクリームを発売

代替タンパク質に使われる原料は、大豆、えんどう豆、ひよこ豆から、菌糸体など菌類を…

【12月】Foovoセミナーのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業66社をまとめたレポート(全15ページ)を無料でお配りしております。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,881円(12/08 16:00時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(12/08 09:43時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,881円(12/08 20:43時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP