Foovo Deep

ミシュラン星付きシェフと再生医療研究者が立ち上げた培養肉企業ダイバースファームが目指すもの

 

ミシュラン星付きシェフと再生医療の研究者が立ち上げた異色の培養肉企業ダイバースファーム

同社は、人工皮膚や人工軟骨などを開発する再生医療ベンチャー・ティシューバイネット社を創業した大野次郎氏と、大阪でミシュランの星を8年連続獲得する日本料理店「雲鶴」のオーナーシェフ島村雅晴氏が出会い、2020年に登場した。

「テクノロジーで地球と暮らしを守る」を理念に、培養肉という新しいソリューションで、食料危機、環境問題に対応しつつ、既存畜産業との共存を目指している。

10月26日、ダイバースファーム社のセミナーに代表の大野氏、共同創業者の島村氏、主任研究員の岡野徳壽氏が登壇した。

セミナーでは、同社の技術概要、培養肉が求められる背景、必要と想定される安全性試験、今後の市場参入について詳細が語られた(セミナー動画は本記事の最後より視聴可能)。

培養肉の背景にある食糧危機、水不足、温暖化、穀物高騰

30年後には世界人口は約100億人に達すると予想される。人口が増えれば、当然のことながら必要となる食糧も増える。2050年には2010年比で、1.8倍の畜産物が必要になる試算となる。

共同創業者・副社長の島村氏は、「鶏肉を1Kg生産するには4.5Kgの穀物、1Kgの牛ステーキには穀物が20Kg必要」になり、肉1Kgの生産の裏側には、大量の穀物、穀物を生産するための土地・水があると指摘。

2010年から2050年までの農地面積の分布変化を示した上図からは、水不足、温暖化により新たな農地の確保が難しい現状が読み取れる。

アフリカは温暖化による砂漠化で農地が減少、南米では森林伐採による農地開拓で農地が増加。インドでは水不足を解消するための灌漑用水が原因となる紛争など、農地拡大が温暖化、紛争の原因となっていると島村氏は指摘する。

世界的な食肉需要の増加に伴う穀物価格の高騰、十分量の穀物確保が難しくなる状況は、穀物飼料の大部分を輸入に依存する日本、特に畜産農家にとって死活問題となる。

既存畜産業と共存する培養肉

こうした畜産業に付随する問題を解決する1つのソリューションとして、培養肉の生産効率性の高さに注目が集まっている。

培養肉は既存の畜産産業と比較して、土地利用を99%、温室効果ガスの排出を96%、淡水の使用量を96%削減できると試算されている。

島村氏は「培養肉は既存の畜産肉のライバルではなく、共存関係にある。肉の需要量増加を培養肉が受け皿になることで、肉不足や過度の競争を軽減できる。これが飼料価格の安定につながる」とし、既存の畜産肉を食べ続けるためにも、培養肉が必要になると述べた。

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

 

関連記事

  1. 植物食品のゲームチェンジ:Motif FoodWorksが植物性…
  2. SavorEatがパーソナライズ化された3Dプリント植物肉バーガ…
  3. 動物を殺さずにコラーゲン・ゼラチンを開発するJellatechが…
  4. 米January AI:血糖値モニターを使用せずに血糖値を予測す…
  5. DAIZが海外進出を本格化、タイの植物肉企業へミラクルミートの提…
  6. 乳製品生産の再考|牛に頼らず細胞培養でミルクを開発するドイツ企業…
  7. 3Dプリント肉のSavorEatがアメリカの大学への試験導入でソ…
  8. 米Puretureが植物性の代替カゼインの開発を発表

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

細胞培養でチョコレートを開発するCalifornia Culturedが約4億5000万円を調達

細胞培養によりチョコレートを開発するCalifornia Culturedがシー…

【現地レポ】シンガポール展示会(Agri-Food Tech Expo Asia 2023)参加レポート

2023年10月31日~11月2日の3日間、シンガポールのマリーナベイ・サンズに…

米ビヨンドミート、植物ステーキ肉の年内発売を計画

植物肉を展開する米ビヨンドミートが今年後半に植物由来ステーキ肉の発売を予定してい…

中国ファーストフード大手DicosがStarfieldと提携、植物肉バーガーを全国で一斉発売

中国のファーストフード大手Dicosが植物由来代替肉に取り組む中国企業Starf…

天然には存在しない「新しい酵素」を開発するEnzymitが約6.3億円を調達

イスラエルを拠点とする合成生物プラットフォーマーのEnzymitは先月、シードラ…

イスラエルの培養肉企業Steakholder Foods、バイオ3Dプリンターの商用化に向けて加速

イスラエルの培養肉企業Steakholder Foods(旧称MeaTech)は…

次回セミナーのご案内

マイコプロテイン・菌糸体タンパク質レポート予約注文開始

精密発酵レポート好評販売中

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,671円(05/23 12:27時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(05/22 21:46時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(05/23 01:24時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(05/23 18:21時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(05/23 11:04時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(05/22 21:18時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP