代替プロテイン

南米を代表するチリのフードテック企業NotCo、シェイク・シャック創業者ダニエル・マイヤー氏から支援を受ける

2022年1月セミナーはこちらから▼

 

アマゾン創業者のジェフ・ベゾス氏から支援を受けるチリの代替ミルク企業NotCoが、Enlightened Hospitality Investments(EHI)から出資を受けたことを発表した

EHIはアメリカの人気バーガー店シェイク・シャックの創業者ダニエル・マイヤー氏がパートナーを組むグロースエクイティファンドで、AIを活用するフードテック企業に出資するのはこれが初となる。

今回の調達額は明らかにされていないが、同社はこれまでの調達総額が1億3000万ドル(約142億円)となることを公表した。

年末までに企業価値が10億ドルになる見込みとなる。

創業者のMatias Muchnick氏(左)とダニエル・マイヤー氏(右) 出典:NotCo

NotCoは2015年に設立された南米を代表するフードテック企業。

アメリカのホールフーズで代替ミルクNotMilkの販売を開始してから数ヵ月で、すでに3000店舗以上に販売を拡大している。

同社はGiuseppeというAI技術を用いて、独自に蓄積した膨大な植物プロファイルから、動物性たんぱく質にマッチする理想的な植物成分を割り当てる。

使用する原料は、えんどう豆、パイナップル、ココナッツ、キャベツなど多岐にわたる。

生物学的に加工された食品を作るのではなく、既存の食品を分類し、さまざまな植物成分を組み合わせることで、動物性食品に最も似た食感、匂い、口当たりを再現する。

Giuseppeを活用して動物性食品に置き換わる理想の植物原料をすばやく特定し、分子レベルでマッチングすることで、植物性でありながら、動物性食品と同じ味、食感、機能を持つ食品を作り出している

出典:NotCo

NotCoは調達した資金で、アメリカでの展開をさらに拡大し、南米では新商品を販売するとしている。

現在、同社の代替ミルクはアメリカのホールフーズやECサイトで販売されている。チリ、ブラジル、アルゼンチン、コロンビアでは、代替ミルクのほかにバーガー、マヨネーズ、アイスクリームも販売している。

プレスリリースによると、南米、アメリカのほか世界に拡大する計画にも触れているが、具体的な参入国は明かされていない。

創業メンバー、左からKarim Pichara氏、Matías Muchnick氏、Pablo Zamora氏 出典:NotCo

同社は南米ではバーガーキング、Papa John’sなどファーストフード店と提携しているが、EHIのネットワーク、マイヤー氏の知見で、アメリカ、南米で展開スピードをさらに加速できるとみている。

NotCoは昨年にはコロナウイルスの感染拡大にも関わらず、4倍の売上成長を記録した。

創業者・CEOのMatias Muchnick氏は今回の調達について次のようにコメントしている。

「当社の目標は、消費者がすぐに受け入れられるような、科学を活用した植物性代替食品の急速な進歩を加速することです」(Matias Muchnick氏)

 

参考記事

Chile’s NotCo Nabs Investment From Danny Meyer-Affiliated Growth Equity Fund

Bezos-Backed NotCo Receives Backing From Shake Shack Founder Danny Meyer’s Fund

Bezos-backed Food Tech Company NotCo Announces Investment from Enlightened Hospitality Investments, the Growth Equity Fund Affiliated with Danny Meyer’s Union Square Hospitality Group

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:NotCo

 

2022年1月セミナーはこちらから▼

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉開発に取り組む企業をまとめたレポートを無料でお配りしております。

●全66社

●全15ページ

の無料レポートです。

登録は1分で終わりますので、ぜひこの機会にご利用ください。

メールマガジンにご登録いただいた方には、 週1~2回フードテックの最新ニュースをお届けしております。

↓↓↓↓↓

メールマガジン登録はこちらから

 

>> <<

関連記事

  1. 中国の培養肉Joes Future Foodが約12億円を調達、…
  2. 菌糸体から代替肉を作るMeati Foodsが約29億円を資金調…
  3. 培養肉はどんな産業を生み出すのか?|SKSJ2020参加レポート…
  4. 独自ヘムを開発する豪代替肉v2foodが約58億円を調達、中国・…
  5. 連続細胞培養技術を開発する英CellulaREvolutionが…
  6. 3Dプリンター製サーモンを開発するRevo Foodsが約1億9…
  7. 代替肉の米インポッシブルフーズが約560億円を調達、調達総額は2…
  8. ドバイが次のフードテックハブになる?UAEがドバイにフードテック…

おすすめ記事

漁業者と消費者をダイレクトにつなげるE-Fish、48時間以内に新鮮魚を宅配

アメリカで漁師と消費者をダイレクトにつなげる新しいサービスがある。獲れた…

コーヒー豆の品質評価を自動化するDemetriaが約3億2千万円を調達

コーヒー豆の品質評価を自動化するDemetriaがシードラウンドで300万ドル(…

国内初|グリーンカルチャーが植物性ゆで卵の開発に成功

植物肉Green Meatで知られる日本のスタートアップ企業グリーンカルチャーが…

6つの豆タンパク質から代替魚を開発する米Good Catch、カナダ・欧州へ進出

FAOの「世界漁業・養殖業白書(2018)」によると、2015年の水産資源は「漁…

バイオ3Dプリンターで植物性代替サーモンを開発するLegendary Vish

このニュースのポイント●オーストリアのLegen…

培養肉企業インテグリカルチャーによる 「CulNetコンソーシアム」が本格始動、細胞農業の社会実装を目指す

日本を代表する培養肉企業インテグリカルチャーによる細胞農業オープンイノベーション…

Foovoセミナーのお知らせ

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業66社をまとめたレポート(全15ページ)を無料でお配りしております。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(01/16 16:27時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(01/16 10:13時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,881円(01/15 21:23時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP