代替プロテイン

精密発酵で脂肪を開発するNourish Ingredientsが約39億円を調達

 

精密発酵で脂肪を開発するオーストラリア企業Nourish IngredientsがシリーズAラウンドで2860万ドル(約39億円)を調達した。ラウンドはHorizons Venturesが主導し、オーストラリア政府のベンチャーキャピタルMain Sequence VenturesHostplusが参加した。

Nourish Ingredientsは昨年3月、初の資金調達で異例の約12億円を調達しており、今回の資金調達はこれに続くものとなる。Nourish Ingredientsは調達した資金を使い、生産のスケールアップ、さらなる商品開発を行う。

Nourish Ingredientsは、産業イノベーション科学省傘下のオーストラリア連邦科学産業研究機構(CSIRO)や、クイーンズランド大学、カリフォルニア大学、ノッティンガム大学などの大学と連携してスケールアップ、研究開発に取り組んでいる。共同創業者のJames Petrie氏Ben Leita氏はいずれも、CSIROの元研究者となる。

代替脂肪のNourish Ingredientsが約63億円を調達

出典:Nourish Ingredients

Nourish Ingredientsは植物由来食品と動物由来食品の違いに焦点をあて、代替タンパク質分野では脂肪が足りないことを特定した。脂肪は「アイスクリームを止められないものにし、和牛ステーキを特別なものにする」ために必要だが、現在は味覚体験に最も不可欠な要素である脂肪が見過ごされていると指摘。

Nourish Ingredientsは独自の精密発酵技術により、生産プロセスから動物を完全に排除した、脂肪分子を作り出すことを可能とした。

Petrie氏は、「第一世代の代替タンパク質は、主にビーガン、ベジタリアンで波を起こしました。脂肪は見過ごされており、味覚体験に最も重要な成分が市場には欠けています。そこでNourish Ingredientsの出番です。肉を再現するだけでなく、アニマルフリーな成分から動物成分を作り出します」と述べ、次世代の代替タンパク質に脂肪が重要な働きを発揮することを強調している。

相次ぐ代替脂肪企業の資金調達

出典:Melt&Marble

Nourish Ingredientsは2023年に代替脂肪を市場に投入したいと考えている。

Nourish Ingredientsのように既存の代替肉市場の欠点を補完する「脂肪」に着目する企業は着実に増えている。

直近の3ヶ月間で、Cultimate FoodsHoxton FarmsPhyx44Paragon PureCultivated Biosciencesなど脂肪を開発するスタートアップ企業が資金調達を実施している。培養肉企業の中にも、スイスのMirai FoodsモサミートSteakholder Foodsのように培養脂肪を製品ポートフォリオに追加する事例も増えている。

さらに、GREEN-ONのように電気・水・空気から代替脂肪開発に取り組む企業も登場している。

第二世代の代替肉が、肉愛好家の間でブームを起こせるか、鍵の1つは脂肪にあるといえるだろう。

 

参考記事

Animal-free fat startup Nourish Ingredients lands a meaty $45 million funding round

Nourish Ingredients gets $28.6M boost for its animal-free fats

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Nourish Ingredients

 

関連記事

  1. イギリスのマクドナルドがマックプラントを導入、2022年に全国導…
  2. スペイン政府がBioTech Foodsの主導する培養肉プロジェ…
  3. 代替肉のネクストミーツが新潟に代替肉の自社工場を建設、2022年…
  4. 微生物で世界に挑戦|合成生物学の世界大会iGEM参加のため、東大…
  5. バイオ3Dプリンティング技術で培養肉を開発するTissenBio…
  6. モサミートが培養肉の工業生産に向けて生産施設を拡大
  7. 韓国の培養肉企業CellMEATが約4億7千万円を調達、培養肉の…
  8. プラスチック使用削減のために食用スプーンを開発したIncrEDI…

おすすめ記事

イスラエルのドローン企業Flytrexが約8億7000万円を調達

ドローンスタートアップFlytrexは800万ドル(約8億7000万円)を調達し…

FDAがSensientのチョウマメ由来の青色着色料を承認

FDAがSensientのチョウマメ由来の抽出物を着色料として承認した。Sens…

Aqua Cultured Foodsが微生物発酵による代替イカを今年後半に発売

シカゴを拠点とするフードテック企業Aqua Cultured Foods(アクア…

Finless Foodsが約40億円を調達、培養マグロの製造と植物性マグロの販売を拡大へ

植物由来や細胞培養の代替シーフードを製造するアメリカのFinless Foods…

最短30秒で調理する自律調理ロボットを開発したRoboEatz、1台目をラトビアに設置予定

カナダ、米国、ラトビアに拠点を置くRoboEatzは、自社の調理ロボットを「世界…

培養シーフードのShiok Meatsが生産コスト50ドル/kgを実現、2023年に培養エビ上市へ

アジアにおける培養シーフードの先駆けであるシンガポール企業Shiok Meats…

培養魚レポート・予約販売開始のお知らせ

精密発酵レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(11/30 20:07時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(12/01 13:43時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(12/01 06:11時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(12/01 16:05時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP