Foovo Deep

アメリカミズアブ由来のタンパク質・油脂を開発するVolare、今年大型工場の建設を開始

 

フィンランドのスタートアップ企業VolareアメリカミズアブBSF)を活用し、食品業界で生じる副産物をアップサイクルして、動物飼料・ペットフード・農業・化学用途向けの代替タンパク質・代替油脂に変換している。

すでに欧州で上市を実現している同社は今年、フィンランドに工業規模の工場建設を開始する。

Volare、アメリカミズアブ由来のタンパク質・油脂を開発

出典:Volare

Volareは、フィンランド技術研究センターVTT)からのスピンオフとして2021年に設立された。同社は食品業界の副産物をアップサイクルするリーディングカンパニーになることを目指している。

Volareが「生産工場」に選んだのは「世界で最も効率的なバイオリアクター」と同社が呼ぶアメリカミズアブだ。アメリカミズアブを使用する理由は、その驚異的な物質転換能力と、成長の速さにある。

地球上に存在する550万種の昆虫の中で、アメリカミズアブは有機バイオマスの変換効率が最も高い種に属するという。既知の他種のハエよりも効率的に食品廃棄物を消化し、1日に体重を5倍にできる。完全に成長するまでの期間は14日間

出典:Volare

アメリカミズアブが食品の副産物を食べて成長すると、タンパク質と油脂の混合物を生成する。最終的なアミノ酸組成は動物飼料用にバランスのとれたもので、ラウリン酸を豊富に含む油脂は、パーム油やココナッツオイルの代替品になるという。成虫はイエバエのように食品に誘引されることなく、人畜・作物へ病原体を汚染させる危険も少ないとされる

アメリカミズアブのもう1つの利点は飼育のしやすさにある。

「多くの昆虫は、大量飼育すると病気にかかりやすくなりますが、この種には既知の病気がないため、飼育時に化学薬品や抗生物質を使用する必要がありません。まさにスーパー種です」と共同創業者兼CEO(最高経営責任者)のTuure Parviainen氏述べている

拡大するパートナーシップ、大規模工場の建設

Volareの開発したタンパク質、油脂、肥料(左から) 出典:Volare

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

 

関連記事

アイキャッチ画像:Volareの画像をもとにFoovoが加工

 

関連記事

  1. Remilkがカナダで精密発酵乳タンパク質の認可を取得
  2. アニマルフリーなチーズを作るChange Foodsが約2.3憶…
  3. インドEvo Foodsが代替卵を年内に販売開始、2021年4月…
  4. 動物を殺さずに動物性脂肪を開発する英Hoxton Farmsが約…
  5. ドイツのThe Cultivated B、EFSAに向けた培養ソ…
  6. ナイジェリア初の植物肉企業VeggieVictoryに世界の投資…
  7. スイスのフードテック企業Plantedが世界初の植物性ケバブを開…
  8. コオロギタンパク質を生産するエントモファームズが約3億円を調達

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

オランダの培養肉企業Meatableが約51億円を調達、来年にシンガポールで販売へ

オランダの培養肉企業Meatableは今月、シリーズBラウンドで3500万ドル(…

【現地レポ】シンガポール企業Preferの豆不使用コーヒーを実食|おから、廃棄パン、ビール粕をアップサイクルした持続可能なコーヒー

コーヒーに伴う環境負荷をご存知だろうか。コーヒーは世界的に人気のドリンク…

培養魚企業ブルーナル、回転ずしチェーン「スシロー」を展開するフード&ライフカンパニーズと提携

写真はイメージ画像(ロゴは各社より引用)クロマグロ、ブリなどさまざまな培…

インドNymbleの料理ロボットJulia(ジュリア)がSKS2020に初登場!

スマートキッチンサミット2020には10社のスタートアップが登場した。そ…

フランスのYnsectは昆虫由来のバーガー、ナゲットの販売を目指す

フランスの昆虫食企業Ynsectが開発するバーガーやナゲットが、数年以内にイギリ…

スーパーミート、来年アメリカに培養肉工場建設を計画

細胞培養による培養肉を開発するイスラエルのスーパーミートは、2023年後半にアメ…

マイコプロテイン・菌糸体タンパク質レポート予約注文開始

精密発酵レポート好評販売中

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,724円(06/21 12:46時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(06/20 22:10時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(06/21 01:48時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(06/20 18:38時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(06/21 11:15時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(06/20 21:34時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP