Foovo Deep

ゲノム編集で食・農業の変革を目指す米Pairwiseが新たな戦略を発表

 

ゲノム編集技術を活用して農産物を開発する米Pairwise(ペアワイズ)は先月、ゲノム編集食品を市場に投入するための新たな戦略を発表した

Pairwiseは昨年5月、アメリカ初のCRISPR食品であるリーフ野菜Conscious Greens発売した

Pairwiseは、栄養価が高いものの、わさびのような鼻をつく匂いと辛味が難点とされてきたからし菜について、ゲノム編集技術により辛味と匂いのないからし菜を開発、Conscious Greensブランドとして発売した。

販売は成功し、消費者・シェフからの反応も良好だったが、Food Navigatorの報道によると、PairwiseはConscious Greensの販売を中止し、パートナーによる販売、新製品の開発に焦点をあてる方針に転換した。

同社は現在、からし菜に続き、種なしベリー・チェリー、気候変動に対応した低身長トウモロコシバナナ、コーヒーなどの「革新的な」新品種の市場投入を目指している。

CRISPRなどゲノム編集技術についてはこちらの記事でわかりやすく解説している(より詳しい解説はこちら)。

Pairwise、ゲノム編集食品の開発加速のために戦略をシフト

出典:Pairwise

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Pairwise

 

関連記事

  1. タイソンフーズが出資するFuture Meatが培養鶏肉のコスト…
  2. 米Algae Cooking Club、微細藻類由来の食用油を発…
  3. バナナの追熟をAIで予測する米Strellaのソリューション
  4. 砂糖削減テックのIncredoが約42億円を調達、商用化を加速
  5. 「代替タンパク質大国」を目指すイスラエルの今をクローズアップ-2…
  6. 農業スタートアップRevol Greensが約71億円を資金調達…
  7. シンガポール発、Fattastic Technologiesのオ…
  8. ソーラーフーズ、シンガポールでソレインの販売認可を取得

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

イート・ジャストの培養肉部門GOOD Meatが約110億円を調達、今年の調達総額は約305億円に

イート・ジャストの培養肉部門GOOD Meatは先月、9700万ドル(約110億…

米New Cultureが精密発酵カゼインによるモッツァレラ試食会を実施

精密発酵でカゼインを開発する米New Cultureは今月8日、世界初となるアニ…

Redefine Meatが3Dプリントされた植物ステーキ肉を欧州で発売

3Dプリンターで代替肉を開発するイスラエル企業Redefine Meatが、欧州…

微生物発酵で飲食用のアニマルフリーなコラーゲンを開発する米Geltor、今秋市販化へ

アニマルフリーなコラーゲンを開発するGeltorが、ヴィーガンコラーゲンPrim…

イスラエル政府が培養肉コンソーシアムに約23億円の助成金を提供

イスラエル経済産業省傘下のイスラエル・イノベーション庁(Israel Innov…

培養肉企業Meatableがオランダに新しいパイロット工場を開設

オランダの培養肉企業Meatableは今月、オランダ、ライデンにあるバイオサイエ…

次回Foovoセミナーのご案内

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

精密発酵レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,671円(04/14 12:07時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(04/13 21:24時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(04/14 00:54時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(04/14 17:58時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(04/14 10:45時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(04/13 20:57時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP