代替プロテイン

Nature’s Fyndの微生物発酵によるタンパク質「Fy」が米国FDAよりGRAS認証を取得

>> <<

 

微生物発酵により代替タンパク質を開発するNature’s Fyndが、米国の食品安全性に関するGRAS認証について、FDAから「異議なし」の回答を受け取った。

これにより、同社の発酵タンパク質Fyの安全性が、FDAに評価されたことになる。

Nature’s Fyndが米国FDAよりGRAS認証を取得

GRASとは、Generally Recognized As Safe(一般に安全とみなされている)の略語で、米国における食品安全に関する独自の認証制度。

製造業者が米国で食品素材を販売するには、まずGRAS自己認証を行う必要がある。

製造業者によるGRAS物質のFDAへの通知は強制ではなく、自主的なものとなるが、GRASに該当する物質がFDAへ通知され、FDAが異議を申し立てない場合、通知した物質はGRAS物質として「GRAS Notice Inventory」に掲載される。

CEOのThomas Jonas氏 出典:Nature’s Fynd

今回の報道の概要は要するに、Nature’s Fyndが2020年1月15日にGRAS自己認証に関するレターをFDAに提出し、FyプロテインがGRASの定義にあてはまることを通知(GRAS通知)。

これに対し、FDAからGRAS通知に対し「異議なし」という回答が得られたことになる。

つまり、Nature’s FyndのFyプロテインの安全性が、FDAから「お墨付き」をもらったことになる。

Nature’s FyndのFyプロテインは既に、FDAの「GRAS Notice Inventory」のリストに掲載されている。

FDAはレターの中で、

「Nature’s Fyndが提供した情報、ならびにFDAが入手した他の情報に基づくと、Fusariumタンパク質は意図された条件で使用されればGRAS(=一般に安全にみなされるということ)であることに異議はない」

と回答している。

極限環境微生物から作られる代替タンパク質「Fyプロテイン」

Nature’s Fyndは、シカゴを拠点とするスタートアップ企業。

ビル・ゲイツ氏馬雲(アリババ創業者)、アル・ゴア氏(元米副大統領)など名だたる人物から出資を受けており、これまでに約163億円を調達している。

同社のはじまりは、NASAの研究プロジェクトに参加していたMark Kozubal氏が極限環境で生息する微生物を発見したことにさかのぼる。

Nature’s Fyndはアメリカのイエローストーン国立公園の熱水泉に生息する極限環境微生物を使用。

イエローストーン国立公園の熱水泉 出典:Nature’s Fynd

極限環境微生物とは、極限環境でのみ増殖できる微生物のことをいう。

具体的には、Fusarium strain flavolapisと呼ばれる極限環境微生物由来の菌類(真菌)を発酵させてFyプロテインをつくる。

同社は、独自の発酵技術で菌類に栄養を与えて発酵させる。

わずか数日で、細糸が織り交ざって筋肉繊維のような層が形成される。これを収穫して、蒸す、圧搾、洗浄、スライスといった加工を施し、Fyプロテインにする。

こうしてできたFyプロテインは固形、液体、粉末に形状を変えることができ、さまざまな食品に使うことができる。

菌類を発酵させてFyプロテインを作る 出典:Nature‘s Fynd

FDAによる回答にも、Nature’s FyndのFyプロテインが、代替肉、代替乳製品、果物・野菜ジュース、穀類・パスタ類、焼き菓子、スープなどの原料として安全に使用できることが示されている

Fyの発酵は、シンプルなトレーをタワー状に積み重ねて行うため、省スペースで、生産効率が良い。

公式サイトによると、適切に管理された環境下であれば、同社のFyプロテインは宇宙でも生産可能だとしている。

GRAS自己認証のレター(p9)によると、Fyプロテインは、固形分が20-30%で、乾燥させると固形分95%の粉末状にできる

粉末状では、タンパク質を45%以上、食物繊維を25-35%、脂質を5-10%含み、9つの必須アミノ酸、食物繊維、カルシウム、ビタミンを含んでいる。

2月に発売された新作は即完売

Nature’s FyndはFyプロテインを使った商品を今年2月に数量限定で発表した。

この時は、Fyプロテインを使ったクリームチーズ、代替肉パテを発表したが、わずか1日で完売となった。

出典:Nature‘s Fynd

今回のFDAによる「お墨付き」を得て、Nature’s Fyndは製品の市場投入を加速していくことが予想される。

Green queenの報道によると、同社は香港・中国本土での販売に向けて、規制当局に働きかけていることを以前明らかにしている。

動物の飼料にするための植物の栽培には数ヵ月、動物を育てるには数年かかるが、微生物をベースとすれば、数時間で倍増させることができるうえ、年間を通じて同じ生産量を維持できる。

何より、Fyプロテインの生産には、従来の牛肉生産と比較して、使用する土地・水がそれぞれ99%、87%少なく温室効果ガスの排出量が99%少なく、生産に必要な資源が極めて少ない。

Nature’s Fyndのように微生物を発酵させて代替タンパク質を作る領域は、代替タンパク質の第3の柱と呼ばれ、近年、投資額・参入企業ともに急増している。

この2年、発酵タンパク質企業が急増している 出典:GFI

Nature’s Fyndのほかには、菌糸体を使ってステーキ肉を開発するMeati Foods、ベーコンを開発するAtlast Foodなどがいる。

微生物を活用して代替タンパク質を開発する企業の半数以上はこの2年に登場していることからも、この領域の注目度の高さがうかがえる。

 

参考記事

Nature’s Fynd receives GRAS no questions letter from FDA for ‘Fy’ nutritional fungi protein

Nature’s Fynd Gets FDA GRAS Approval For Its Yellowstone Park Fungi Protein ‘Fy’

農林水産省令和2年度輸出環境整備推進委託事業 (食品規格等調査)調査報告書 アメリカ合衆国

日本貿易振興機構(ジェトロ)食品添加物規制調査

FDA GRAS通知プログラム

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Nature’s Fynd

 

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉開発に取り組む企業をまとめたレポートを無料でお配りしております。

●全66社

●全15ページ

の無料レポートです。

登録は1分で終わりますので、ぜひこの機会にご利用ください。

メールマガジンにご登録いただいた方には、 週1~2回フードテックの最新ニュースをお届けしております。

↓↓↓↓↓

メールマガジン登録はこちらから

 

>> <<

関連記事

  1. 香港グリーンマンデーがマクドナルドと提携、全店舗で植物肉メニュー…
  2. 動物を使わずに「牛乳」を開発するイスラエルRemilkが約11億…
  3. 他社の発酵製品の市場投入を早めるSolar Biotechが約2…
  4. 菌糸体ステーキ肉の開発に挑むスペイン企業Libre Foods
  5. フードテックの祭典Smart Kitchen Summit 20…
  6. チリのNotCoが米国進出、全米のホールフーズで代替ミルクの販売…
  7. BlueNaluがアジアへの培養魚販売に向けて三菱商事、タイ・ユ…
  8. バーガーキングのプラントベースワッパーを食べた感想【何度でも食べ…

おすすめ記事

【完全食】ベースクッキーの実食レビュー|罪悪感のない間食にぴったり【口コミ・評判】

橋本社長の理念に惚れてから始めた完全栄養食ベースフード。今年6月に新しく…

植物性着色料を開発中のイスラエルフードテックPhytolonが約5億円の資金調達に成功

植物由来(プラントベース)の着色料を開発するイスラエルのフードテックスタートアップのPhytolon…

アニマルフリーなチーズを作るChange Foodsが約2.3憶円のシード資金を調達

精密発酵でアニマルフリーなチーズを開発するChange Foodsが、シードラウ…

南米を代表するチリのフードテック企業NotCo、シェイク・シャック創業者ダニエル・マイヤー氏から支援を受ける

アマゾン創業者のジェフ・ベゾス氏から支援を受けるチリの代替ミルク企業NotCoが…

菌糸体ステーキ肉の開発に挑むスペイン企業Libre Foods

日本では大豆ミート、ソイミートという言葉が浸透しているが、海外では代替肉の原料=…

肉屋出身者が立ち上げたIvy Farm|2023年までに英国で培養ソーセージの市販化を目指す

イギリスの培養肉スタートアップIvy Farmは、2023年までにイギリスの小売…

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業66社をまとめたレポート(全15ページ)を無料でお配りしております。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(08/03 13:54時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(08/04 07:41時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
990円(08/03 18:11時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています

Foovoによる【今月のピックアップ本】

ミドリムシ博士の超・起業思考 ユーグレナ最強の研究者が語る世界の変え方

ミドリムシ博士の超・起業思考 ユーグレナ最強の研究者が語る世界の変え方

鈴木健吾
1,650円(08/04 08:01時点)
発売日: 2021/04/16
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP