Foovo Deep

UPSIDE Foodsが培養シーフード企業Cultured Decadenceを買収

 

アメリカの培養肉企業Upside Foods(アップサイドフーズ)が、培養シーフード企業Cultured Decadenceを買収したことを発表した

買収により、Upside Foodsの製品ポートフォリオに培養シーフードが追加される。

培養肉企業による培養シーフード企業の買収

出典:UPSIDE Food

Cultured Decadenceは、ウィスコンシン州マディソンを拠点とするスタートアップ企業。

ロブスターを始めとする甲殻類の細胞培養シーフード開発を手掛ける企業として、2020年に設立された。昨年4月にはウィスコンシン州経済開発公社から160万ドルの出資を受けている

買収により、Upside Foodsは製品ポートフォリオを補完、拡大し、動物細胞から直接生産されたさまざまなシーフード製品の商用化を加速できるようになる。Cultured DecadenceはUpside Foodsのブランドを採用し、同社中西部の「ハブ」としてウィスコンシンに残る。Cultured Decadenceの従業員、知的財産、技術はすべてUpsideFoodsの一部となる。

出典:Cultured Decadence

UpsideFoods創業者のウマ・バレティ氏はFOOD Diveの取材に次のように回答している

「彼らの細胞株樹立における重要なマイルストーンに非常に満足しており、甲殻類において経験が最も豊富だと感じました。

また、彼らは独自のパートナーシップを多数構築しています。海洋研究者、海洋生物学者や関連組織から、シーフードの流通業者や学者に至るまで、有識者との幅広いパートナーシップを構築しています。これは非常に価値があります」

8週間でロブスターを生産

後ろ左から共同創業者のJohn Pattison氏とIan Johnson氏 出典:Cultured Decadence

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

 

関連記事

アイキャッチ画像はイメージ

 

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉・魚開発に取り組む企業をまとめたレポート2報を無料でお配りしております。

●全101社

●全23ページ

の無料レポートです(2022年3月更新版)。

登録は1分で終わります(下記画像をクリックするとページにジャンプします)。

 

>> <<

関連記事

  1. ドイツのAlife Foodsがアニマルフリー培養培地を用いて培…
  2. 精密発酵で母乳タンパク質を開発するHelainaがシリーズAで約…
  3. 海藻由来の代替タンパク質を開発する米Trophic|大豆に代わる…
  4. 動物油脂のようにふるまう植物油脂を開発するLypid、約4.7億…
  5. スターバックスがパーフェクトデイの代替ミルクを試験導入
  6. ビヨンドミートが欧州での小売展開を拡大
  7. Aqua Cultured Foodsが微生物発酵による代替イカ…
  8. 量子ドットを活用して温室フィルムを開発するUbiQD、電気を使わ…

おすすめ記事

培養魚のBlueNalu(ブルーナル)がヨーロッパ進出へ向け冷凍食品大手のノマド・フーズと提携

培養魚を開発する米BlueNalu(ブルーナル)がヨーロッパ進出へ向け動き出した…

培養魚の米Wildtype、培養魚の試食ができる実証プラントの稼働をまもなく開始

細胞培養により培養サーモンを開発するWildtypeが、実証プラントの稼働をまも…

カナダのBurcon NutraScienceはヒマワリの圧搾粕から高純度なタンパク質を生産

カナダのBurcon NutraScienceはヒマワリの種から高品質なタンパク…

廃棄される果物の皮からドライフルーツを製造するRINDが約6.7億円を調達

廃棄される果物を活用してドライフルーツスナックを製造するRINDがシリーズAラウ…

Finless Foodsが約40億円を調達、培養マグロの製造と植物性マグロの販売を拡大へ

植物由来や細胞培養の代替シーフードを製造するアメリカのFinless Foods…

代替シーフードのAqua Cultured Foods、スイスの小売大手ミグロスとPoC契約を締結

代替シーフード企業Aqua Cultured Foodsは16日、スイスの小売大…

精密発酵レポート販売のお知らせ

代替脂肪セミナー開催のお知らせ

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(09/25 19:29時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(09/26 13:10時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(09/26 01:14時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(09/25 15:31時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP