Foovo Deep

UPSIDE Foodsが培養シーフード企業Cultured Decadenceを買収

 

アメリカの培養肉企業Upside Foods(アップサイドフーズ)が、培養シーフード企業Cultured Decadenceを買収したことを発表した

買収により、Upside Foodsの製品ポートフォリオに培養シーフードが追加される。

培養肉企業による培養シーフード企業の買収

出典:UPSIDE Food

Cultured Decadenceは、ウィスコンシン州マディソンを拠点とするスタートアップ企業。

ロブスターを始めとする甲殻類の細胞培養シーフード開発を手掛ける企業として、2020年に設立された。昨年4月にはウィスコンシン州経済開発公社から160万ドルの出資を受けている

買収により、Upside Foodsは製品ポートフォリオを補完、拡大し、動物細胞から直接生産されたさまざまなシーフード製品の商用化を加速できるようになる。Cultured DecadenceはUpside Foodsのブランドを採用し、同社中西部の「ハブ」としてウィスコンシンに残る。Cultured Decadenceの従業員、知的財産、技術はすべてUpsideFoodsの一部となる。

出典:Cultured Decadence

UpsideFoods創業者のウマ・バレティ氏はFOOD Diveの取材に次のように回答している

「彼らの細胞株樹立における重要なマイルストーンに非常に満足しており、甲殻類において経験が最も豊富だと感じました。

また、彼らは独自のパートナーシップを多数構築しています。海洋研究者、海洋生物学者や関連組織から、シーフードの流通業者や学者に至るまで、有識者との幅広いパートナーシップを構築しています。これは非常に価値があります」

8週間でロブスターを生産

後ろ左から共同創業者のJohn Pattison氏とIan Johnson氏 出典:Cultured Decadence

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

 

関連記事

アイキャッチ画像はイメージ

 

関連記事

  1. 香港グリーンマンデーの代替豚肉オムニポークが米国上陸
  2. 代替脂肪(油脂)セミナー開催のお知らせ
  3. 蜜蜂を使わずにハチミツを作る米MeliBioがプレシードで約94…
  4. 代替脂肪セミナー動画-2022年9月開催-
  5. SavorEatがパーソナライズ化された3Dプリント植物肉バーガ…
  6. スーパーミート、システムのオープンソース化で培養肉の商用化を加速…
  7. イスラエルのImagindairyは精密発酵でアニマルフリーな乳…
  8. 中国企業HaoFoodのピーナッツを原料とする代替肉が上海レスト…

おすすめ記事

トマトで代替マグロを開発するスペイン企業Mimic Seafoodとは

スペインのフードテック企業Mimic Seafoodはユニークな原料を使って代替…

培養肉企業21社の生産工場・稼働状況まとめ-2022年11月時点-

2020年12月にシンガポールで培養肉が世界に先駆けて販売されてからもうすぐ2年…

100%スピルリナ由来の代替スモークサーモンを開発するSimpliiGood

スピルリナを活用して代替タンパク質を開発するイスラエル企業SimpliiGood…

1時間に350杯のカクテルを作るバーテンダーロボット「Backbar One」

今まで様々な特徴を持つバーテンダーロボットが発売されてきたが、今回取り上げるアメ…

酵母から脂肪を開発するCultivated Biosciencesが約2.1億円を調達

植物由来乳製品の食感を改善するためにクリーミーな脂肪成分を開発するスイス企業Cu…

精密発酵でアニマルフリーなチーズを作るNutropyが約2.8億円を調達

パリを拠点とする精密発酵企業Nutropyは今月、プレシードラウンドで200万ユ…

精密発酵レポート好評販売中

培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(01/29 17:00時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(01/29 20:35時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,100円(01/29 14:15時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
990円(01/30 06:55時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
398円(01/29 16:38時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP