Foovo Deep

ユニリーバ、精密発酵アイスクリームをBreyersブランドで発売|パーフェクトデイのホエイを使用

 

今回のニュースに関する音声配信はこちらから▼

 

食品・日用品大手のユニリーバが精密発酵に参入した。

今月22日、ユニリーバは精密発酵乳タンパク質を使用したチョコレートアイスクリームの発売を発表した。ユニリーバのアイスクリームブランドBreyersとして発売され、米パーフェクトデイのホエイタンパク質を使用している。今月から全米で発売される。

ユニリーバが精密発酵タンパク質を使用した製品を発売するのはこれが初

同社が参入計画を発表したのは2022年11月。当時、約1年以内に精密発酵アイスクリームを発売する計画が発表されたが、パートナーは非公表だった。

今回のニュースは、ネスレの2回目の発売に続くもの。ネスレに続き、ユニリーバが参入したインパクトは大きい。ユニリーバが長期にわたり販売を続けるか、他の大手メーカーの参入もみられるのかが今後の注目ポイントとなる。

ユニリーバが精密発酵アイスクリームを発売

出典:Unilever

Breyersは1882年に登場したアイスクリームの老舗ブランドで、約150年の歴史を持つ。ユニリーバは1993年にBreyersを買収した

ネスレが2022年末に最初に発売した製品は新ブランドであったが、すでに知名度のあるユニリーバブランドに採用されたことで、Breyersを愛用している消費者が試す可能性は高まる。

ユニリーバのLisa Vortsman氏は、「代替アイスクリームの需要が伸び続けている中、Breyersが150年以上にわたって提供してきたクリーミーな味、風味を損なうことなく、食事上のニーズや好みに合ったフローズンスイーツをBreyersファンに提供することが私たちにとって重要です」と述べている。

出典:Perfect Day/Unilever

今回発売された製品は、乳糖・コレステロールを含んでいない。パーフェクトデイがB2B事業にシフトする前とは異なり、製品には同社ロゴの掲載はない。製品の前面には「Animal-free Frozen Dairy Dessert(アニマルフリーの乳製品フローズンデザート)」と記載されている。

Agfunderの報道によると、この製品は全米の小売店で販売され、メーカー希望小売価格は48オンスで4-8ドルになるという。

大手の参入動向

出典:Nestlé/Orgain

精密発酵の社会普及では、製品の一部に精密発酵成分が使用されて店頭に並ぶため、大手メーカーの本格導入が社会普及の速度を左右する要因となる。しかし培養肉と異なり、精密発酵の導入状況は全体を把握しづらく、規制プロセスも地域間の差が大きい。

2021年以降の大手の参入動向をまとめると次のようになる。

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Perfect Day/Unilever

 

関連記事

  1. 廃棄大麦から代替タンパク質を開発するEverGrain|世界最大…
  2. 【12/8】Foovoイベント開催のお知らせ|代替タンパク質スタ…
  3. 世界初|MeliBioがミツバチを使わない「本物のハチミツ」を試…
  4. イスラエル企業Ansāが開発した電波を利用したコーヒー焙煎機e2…
  5. Joes Future Foodが中国初の培養豚バラ肉を発表、中…
  6. 韓国の培養肉スタートアップSpace Fらが政府から助成金を獲得…
  7. 英Jack & Bryがジャックフルーツを使った代替切…
  8. Motif FoodWorksが新成分ヘム「HEMAMI」を発売…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

アイルランド企業Evoccoは食料品レシートから気候変動への影響を可視化するアプリを開発

気候変動に対する問題意識はあっても、普段の生活で自分の行動が気候変動にどのような…

イスラエルのImagindairyは精密発酵でアニマルフリーな乳製品を開発

微生物発酵技術によるアニマルフリーな乳製品開発が盛り上がる中、イスラエルのスター…

Aleph Farmsと三菱商事が日本での培養肉導入に向けて協業

イスラエルの培養肉スタートアップAleph Farms(アレフファームズ)と三菱…

オランダのViviciが精密発酵ホエイの生産プロセスをスケールアップ、来年の発売を予定

オランダの精密発酵企業Viviciは、乳タンパク質の1つであるβ-ラクトグロブリ…

米Aqua Cultured Foodsがギンコバイオワークスと提携、発酵由来シーフードの上市に向けて加速

バイオマス発酵で代替シーフードを開発する米Aqua Cultured Foods…

果物の鮮度保持シールStixFRESHを開発する米Ryp Labs、ベリー向けに商用化を発表

果物の鮮度を2倍に伸ばす独自シールを開発する米Ryp Labsが、ベリー向けの鮮…

次回Foovoセミナーのご案内

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

精密発酵レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,671円(04/14 12:07時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(04/13 21:24時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(04/14 00:54時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(04/14 17:58時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(04/14 10:45時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(04/13 20:57時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP