代替プロテイン

微生物でタンパク質を作るNature’s Fyndが約46億円を資金調達、2021年に製品化へ

 

このニュースのポイント

 

●Nature’s Fyndが約46億円を資金調達

火山に生息する微生物からタンパク質を開発

●2021年の製品化を目指す

●ビル・ゲイツの投資ファンド、アル・ゴアの投資会社からの支援を受ける

●微生物由来のタンパク質で乳製品、肉を開発

●代替タンパク質の第3の柱とされる微生物発酵

 

 

微生物発酵でタンパク質を開発する米Nature’s Fyndが、4500万ドル(約46億円)を資金調達した。

Nature’s Fyndはこの資金で、製品化を加速し、2021年の市場投入を進めるとしている。

高まる微生物発酵によるタンパク質開発

Nature’s Fyndは微生物を発酵させてタンパク質を開発するスタートアップ。

近年、発酵タンパク質を作る企業は多く、代替タンパク質の第3の柱と呼ばれている。

GFIのレポートによると、微生物発酵技術で代替タンパク質に取り組む企業は44社

出典:GFI

2018年の23社から約1.9倍に増えており、この約半数は、2019年と2020年7月までの19カ月に立ち上がっている。

つまり、1ヵ月に1社以上が新たに誕生していることになる

Nature’s Fyndの微生物を原料にして作られるタンパク質は畜産と比べ、使用する土地は1%、排出する温室効果ガスは1%、使用する水は13%ですむ。

土地利用の効率性は動物性タンパク質の3.6倍、植物性タンパク質の1.8倍だという。

つまり、環境に対する負荷・生産コストを大幅に抑えて、タンパク質を作ることができる。

火山帯に生息する微生物から作られるタンパク質「Fy Protein」

Nature’s Fyndが使う微生物には特徴があり、火山帯に生息する極限環境微生物を使っている。

 

極限環境微生物とは、極限環境でのみ増殖できる微生物のことをいう。

 

 

Nature’s Fyndはアメリカのイエローストーン国立公園の熱水泉に生息する微生物を使って、代替タンパク質Fy Proteinを開発している。

具体的には、Fusar­i­um strain flavolapisと呼ばれる極限環境微生物由来の菌類タンパク質を発酵させてFy Proteinをつくる。

イエローストーン国立公園の熱水泉

最終的にできるFy Proteinは、9つの必須アミノ酸、食物繊維、カルシウム、ビタミンを含む完全なタンパク質で、代替肉や代替乳製品を作ることができる。

ビル・ゲイツのファンドも出資

Nature’s Fyndは今年3月にも資金調達を実施し、シリーズBラウンドで8000万ドル(約82億円)を調達した。

ビル・ゲイツ(マイクロソフト創業者)、ジェフ・ベゾス(アマゾンCEO)、馬雲(アリババ創業者)による10億ドル規模のファンド・Breakthrough Energy Ventures

アル・ゴア(元米副大統領)とデビッド・ブラッド(ゴールドマンサックスの元幹部)による投資会社Generation Investment Management

などがこのラウンドに参加した。

名だたるメンバーからの出資を受けたNature’s Fyndだが、新型コロナウイルスによる影響を免れることはできなかった。

売上・マーケティングの準備は停滞したものの、製品化のタイムラインは予定通り進んでいるという。最近、従業員を100名まで増やし、技術のスケールアップに取り組んでいる。

その1人、Tom Freyはカーギルに16年間勤務したエンジニア。発酵技術の専門を持つFreyは、2021年に目標を定めた商品化に向けて、スケールアップに取り組む。

Nature’s Fyndは、B2Bで市場投入する予定でいる。

NASAの研究プロジェクトから生まれたNature’s Fynd

Nature’s Fyndは2016年にThomas Jonasによって設立されたスタートアップ。

CEOのThomas Jonas 出典:Nature’s Fynd

同社の誕生は、2009年にさかのぼる。

NASAが支援する研究プロジェクトに従事ししていた科学者Mark Kozubalは、極限環境で生息する微生物を発見した。

この微生物は「Fusarium strain flavolapis」と名付けられ、Nature’s Fyndがタンパク質を作るための原材料となった。

Mark Kozubalは、CEOのThomas Jonasと共に、Nature’s Fyndを立ち上げ、現在は最高科学責任者(CSO)を務めている。

Mark Kozubal 出典:Nature’s Fynd

今回の資金調達は、Oxford FinanceTrinity Capital Investmentが主導した。Nature’s Fyndがこれまでに調達した資金は総額1億5800万ドル(約163億円)にのぼる。

2021年の市販化を目指しているが、最初の商品が何になるかは公表していない

発酵タンパク質に取り組むスタートアップが調達した資金は、2020年の最初の7ヵ月だけで4億3500万ドルにのぼる。

この中には、微生物発酵の代表格とされるパーフェクトデイのほかに、米・オーストラリアのChange Foods、イスラエルのRemilk、イギリスのBetter Dairyなど新しい企業がいる。

後者の3社がこの1ヵ月で調達した資金は14億円だが、Nature’s Fyndは今回だけでその約3倍に相当する資金を調達しており、微生物発酵技術に対する注目の高さがうかがえる。

 

参考記事

Nature’s Fynd Raises $45M For 2021 Launch of its Fermented Protein

Nature’s Fynd raises $45M and hires CPG veterans

Nature’s Fynd closes $45m debt round to scale up its consumer offering

 

関連記事

 

アイキャッチ画像の出典:Nature’s Fynd

 

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉開発に取り組む企業をまとめたレポートを無料でお配りしております。

●全66社

●全15ページ

の無料レポートです。

登録は1分で終わりますので、ぜひこの機会にご利用ください。

メールマガジンにご登録いただいた方には、 週1~2回フードテックの最新ニュースをお届けしております。

↓↓↓↓↓

メールマガジン登録はこちらから

 

>> <<

関連記事

  1. じゃがいもを原料に代替チーズソースを開発したLoca Foodと…
  2. 菌類から代替肉を作るMeati Foodsが約29億円を資金調達…
  3. スロベニア企業Juicy Marblesは世界初の植物性フィレミ…
  4. 空気と電気からタンパク質を作るSolar Foodsが約5億4千…
  5. シンガポールの代替肉企業Next Genがシードで約10億円を調…
  6. イスラエルの培養肉・代替肉企業6社まとめ
  7. 培養肉用の食用足場を開発する米Matrix Meatsがシードラ…
  8. タイソンが出資するNew Wave Foodsが代替エビをアメリ…

おすすめ記事

代替マグロ開発中の米フードテックKuleana、年内に全米へ代替マグロ寿司の提供を目指す

サンフランシスコのフードテック企業Kuleanaは、クロマグロを使わない「リアルな寿司」を開発中だ。…

ベースフードのスタートセットをお試ししてみた感想⇒継続決定【口コミ・レビュー】

話題のベースフードという完全栄養の主食を試してみました。&nbs…

ユニリーバ、植物性の代替肉・代替乳製品の年間売上目標を約1200億円に

このニュースのポイント●ユニリーバが植物由来食品…

海藻由来の代替タンパク質を開発する米Trophic|大豆に代わるタンパク質源の「主役」となるか?

植物ベースの代替肉といえば、大豆、えんどう豆などが主流だが、数年後には、海藻が主…

培養ハイブリッド肉を開発する米New Age Meatsが約2億1千万円を調達

カリフォルニアを拠点とする培養肉スタートアップのNew Age Meatsがシー…

3Dプリンターで次世代ステーキを作るRedefine Meatが約30億円を調達

イスラエルのRedefine MeatがシリーズAで2900万ドル(約30億円)…

フードテックを理解するのに役立つ書籍

 

 

 

情報を論理的に読み解く方法を学べる書籍

【運営者おすすめ】

 

▼今ならKindle unlimitedで無料で読めます▼

 

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業66社をまとめたレポート(全15ページ)を無料でお配りしております。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

PAGE TOP