代替プロテイン

イスラエルのYO-Eggが黄身と白身に分かれた代替卵を開発

>> <<

 

代替卵に新たなトレンドが生まれつつある。

アメリカのJUST Eggに代表されるような液状卵から、黄身と白身が分かれたタイプの代替卵に取り組む企業が増えている。

イスラエルのYO-Eggが新たにこのリストに加わった(公式サイトは作成中の模様)。

同社は、特許出願中の独自の成分を使用して、黄身と白身に分かれた100%植物性の代替卵を開発している。

YO-Eggは今後数ヵ月かけてイスラエルのレストラン、スーパー、カフェ、ホテルなどに導入した後は、イギリス進出を目指している。

卵黄と卵白に分かれた代替卵を開発するイスラエル企業YO-Egg

出典:YO-Egg

YO-Eggの卵は、本物の動物性卵のように黄身と白身に分かれている。

YO-Eggの卵白部分にはさまざまな成分が含まれ、動物性卵にあるすべての栄養成分を含むという。

黄身の部分は、分子プロセス技術により独自の成分を組み合わせて「卵黄」を形成している。白身、黄身を形成するいずれの技術も、現在特許を出願している。

YO-Eggの植物成分をベースとした代替卵は、コレステロールを含まず、サルモネラ菌など動物由来の食中毒が発生する恐れもない。

出典:YO-Egg

インスタグラムによると、目玉焼きだけでなく、フリッタータ(キッシュに似たオムレツ料理)も作ることができる。

急速な成長が見込まれる代替卵市場

アメリカの植物卵市場の伸びを示したグラフ 出典:GFI

植物性代替卵の市場は、代替ミルクと比べるとシェアはまだ小さいものの、アメリカのプラントベース市場においては2019年から2020年にかけて約2.7倍に成長している。

最新の報告によると、世界の卵市場は、2020年の2131億ドルから2021年には2273億ドルに成長すると予測される。2025年には2974億ドルに達すると見込まれる

特に、アジアは世界最大の卵市場となっており、2020年には市場全体の64%をアジアが占めている。

温室効果ガスの排出量が最も多い畜産品は牛肉だが、卵も1kgあたりの温室効果ガス排出量が4.67kgと、無視できない影響をもたらしている。

出典:YO-Egg

国内では9割以上の養鶏場が、バタリーケージと言われる集約飼育方式を導入しており、鶏は一生満員電車に乗り続けるような状況に置かれている。

こうした集約飼育では、感染予防のために抗生物質が投与されるが、抗生物質が効かなくなる耐性菌の問題も指摘されている。

さらに、日本では2020/21年シーズンに鳥インフルエンザによる殺処分された数は711万羽と、1シーズンでの被害としては過去最多となっている。

こうした背景からも、今後、動物性卵から植物性卵への切り替えは加速していくと予想される。

YO-EggはYosefa Ben Cohen氏が2019年に設立したイスラエル企業。

同氏は2021年のAgriFood 女性経営者コンテスト(AgriFood Women’s Entrepreneurship Competition)のファイナリストに選出されている。

日本企業も植物卵に参入

出典:YO-Egg

代替卵への参入企業は増えており、最近では日本のネクストミーツが植物性卵「NEXT EGG 1.0」の商品化に成功した。

キューピーも業務用の代替卵を開発している。

海外では、代表格となるイート・ジャストのほか、シンガポールのFloat FoodsOsomeFood、インドのEvo Foods、イスラエルのEgg’n’upなどが登場している。

なかでも、YO-Eggの競合となるのが、シンガポールのFloat Foodsだ。同社も卵白と卵黄に分かれた植物性卵を開発しており、来年にシンガポールでの販売を目指している。

 

参考記事

Israeli Startup YO-Egg Creates Sunny-Side-Up Vegan Egg Sans Chickens

Israeli Startup YO-Egg Creates Hyper-Realistic Product Offering Same Nutrients as Poultry Eggs

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:YO-Egg

 

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉開発に取り組む企業をまとめたレポートを無料でお配りしております。

●全66社

●全15ページ

の無料レポートです。

登録は1分で終わりますので、ぜひこの機会にご利用ください。

メールマガジンにご登録いただいた方には、 週1~2回フードテックの最新ニュースをお届けしております。

↓↓↓↓↓

メールマガジン登録はこちらから

 

>> <<

関連記事

  1. ナイジェリア初の植物肉企業VeggieVictoryに世界の投資…
  2. 酵母で油脂を開発するMelt&Marbleが約9600…
  3. 【完全保存版】代替魚・代替シーフードベンチャー企業25社まとめ【…
  4. Big Idea Venturesの第3コホートに参加する15社…
  5. 6つの豆タンパク質から代替魚を開発する米Good Catch、カ…
  6. Avant Meatsが中国バイオ医薬品企業QuaCellと提携…
  7. ドバイが次のフードテックハブになる?UAEがドバイにフードテック…
  8. 中国の植物肉HEROTEINが米培養油脂Mission Barn…

おすすめ記事

Numilkが家庭用植物ミルクメーカーを発表、クラファンの累計支援額は目標の2倍以上に

感染が拡大する新型コロナウイルスの影響を受け、トッピングやカスタマイズが自由な次…

スウェーデンHookedが約6200万円を調達、2021年春にスウェーデンで市販化予定

このニュースのポイント●スウェーデンHooked…

香港IXON社が肉を2年間常温保存できるASAP技術を開発

香港のスタートアップIXON Food Technologyは画期的な食品保存方…

微生物発酵でシーフードを開発するAqua Cultured Foods、2022年の市場投入を目指す

アメリカを拠点とするAqua Cultured Foodsは、微生物発酵技術によ…

微生物でタンパク質を作るNature’s Fyndが約46億円を資金調達、2021年に製品化へ

このニュースのポイント●Nature’s Fyn…

エリンギ由来のジャーキーを作るハワイ発のMoku Foods

ハワイを拠点とするスタートアップ企業Moku Foodsは植物性ジャーキーを発売…

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業66社をまとめたレポート(全15ページ)を無料でお配りしております。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(10/28 15:18時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(10/28 09:09時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,881円(10/27 20:01時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP