Foovo Deep

GEAが代替タンパク質の技術センターをドイツに開設

 

食品・飲料・製薬業界向けの世界大手システムサプライヤーであるドイツ企業GEAは今月、培養肉や微生物発酵の製品を試験・製造するための中心ハブとして、ドイツ、ヒルデスハイムに技術センターを開設したことを発表した。

New Food Application and Technology Center of Excellence (ATC)と名付けられたこのセンターでは、GEAのクライアント企業が細胞培養・発酵のパイロットラインを使用して、研究室から商用規模の製造まで「迅速な」イノベーションを進めることが可能となる。

細胞農業製品の商用化を支援するGEAの新センター

出典:GEA

ATCには、微生物発酵・細胞培養により肉、ミルク、シーフード、卵の代替品を生産するためのパイロット工場がある。クライアント企業はATCの新しい試験プラットフォームを使用することで、大規模工場に初期投資することなく、ベンチスケールから工業スケールへ移行できるようになる。

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

関連記事

アイキャッチ画像の出典:GEA

 

関連記事

  1. 香港グリーンマンデーのヴィーガンカフェGreen Commonが…
  2. Finless Foodsが約40億円を調達、培養マグロの製造と…
  3. Motif FoodWorks、精密発酵による代替タンパク質開発…
  4. 精密発酵で代替パーム油を開発するC16 Biosciencesが…
  5. 培養魚スタートアップのFinless Foodsが植物性マグロに…
  6. 韓国の培養肉企業CellMEATが約4億7千万円を調達、培養肉の…
  7. Meati Foodsの菌糸体肉、全米のホールフーズ全店舗で発売…
  8. ゲイツ氏、ベゾス氏が支援するNature’s Fyn…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

EUが精密発酵・藻類由来食品を開発する企業に約78億円の資金提供を発表

欧州連合(EU)は今月、欧州イノベーション会議(EIC)の「Work Progr…

3D Bio-Tissuesが植物性足場を使用しない培養ステーキ豚肉の開発に成功

イギリスの培養肉スタートアップ3D Bio-Tissuesは、100%の培養ステ…

アジア初の精密発酵CDMO企業ScaleUp Bioが間もなく施設をオープン|CEO Francisco Codoner氏にインタビュー

今年、シンガポールで食品に特化した精密発酵施設が2施設オープンする。食品…

チェコのBene Meat Technologies、培養ペットフードで欧州当局の認可を取得

細胞培養によるペットフードを開発するチェコ企業Bene Meat Technol…

SavorEatがパーソナライズ化された3Dプリント植物肉バーガーを発表

イスラエルのSavorEatは28日、3Dプリンターを搭載したロボットシェフのプ…

植物肉企業Plantedが約100億円を調達、植物由来の鶏胸肉を発売

植物由来の代替肉を製造販売するスイス企業Plantedは1日、シリーズBラウンド…

次回Foovoセミナーのご案内

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

精密発酵レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,671円(04/15 12:08時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(04/15 21:25時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(04/16 00:54時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(04/15 17:59時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(04/15 10:46時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(04/15 20:58時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP