代替プロテイン

培養肉生産用のアニマルフリーな血清を開発するMultus Mediaが約2.4億円のシード資金を調達

>> <<

 

培養肉開発に使用するアニマルフリーな血清を開発するMultus Mediaが160万ポンド(約2億4000万円)のシード資金を調達した。

このラウンドには、SOSVZero Carbon CapitalMarinya Capitalなどのベンチャーキャピタルに加え、英国研究イノベーション機構(UKRI)が参加した。

Multus Mediaは調達した資金で、最初の商品となる血清「Proliferum M」の市販化を目指す。

Multus Media は、2019年に設立されたロンドンを拠点とするスタートアップ企業。

アクセラレーターIndieBioのプログラムに以前参加していた同社は、培養肉の生産コスト削減に寄与する増殖培地を開発している。

出典:Multus Media

培養肉の開発では、細胞が成長するために培地が必要とされる。

培地には栄養成分として血清が添加されるが、当初使用された血清はFBSという生まれていない子牛の血清で、倫理的な問題が指摘されるほか、高価なことが培養肉生産における課題となっていた。

現在では、多くの培養肉企業がアニマルフリーな血清の開発を進めている。Multus Mediaもそのリストに加わったわけだが、Multus Mediaが開発する血清は、これまでのものよりも長く使用できるという特徴を持つ。

海外メディアThe Spoonによると、従来の血清は2、3日おきに交換する必要があったが、Multus Mediaは従来の2倍長く使用できる血清を開発している。

Multus Mediaは血清を構成する成分の処方を同定し、これから血清を生産するフェーズに移る。血清は「Proliferum M」という商品名で、年末までに市販化し、2022年の終わりまでに増産する予定。

出典:Multus Media

現時点では完全にアニマルフリーな血清ではないが、研究開発を続け、血清から動物成分は取り除くことを目指す。生産能力を高めることができれば、2026年までに1リットルあたり1ドル未満で「Proliferum M」を生産できると見積もっている。

血清から動物由来成分を除去しようという取り組みは世界的に増えている。

カナダのFuture Fieldsは、培養肉業界の成長を加速させるために、培養肉プレーヤーから培地の開発へとビジネスモデルをシフト。3月に最初の製品となる血清を培養肉企業に供給した。今後はクライアントのニーズに応じてカスタマイズした血清を開発していく。

シンガポールのTurtleTree Scientificは、哺乳動物細胞用培地を大量生産しているJSBiosciencesと提携し、工業規模での培地の開発を目指している。

出典:Multus Media

これらの周辺技術に取り組む企業のほかに、培養肉プレーヤーであるオランダのモサミートも、培地からFBSを除去し、培地コストを88分の1に落とすことに成功している。

培養魚を開発する香港のAvant Meatsは、FBSを使わない培地ですでに90%のコスト削減を実現しており、今後はさらに75%のコストダウンを目指している。

イスラエルのFuture Meatのように、約110gあたり約400円までコストダウンに成功している企業も登場している。

培養肉が食卓に並ぶためには、生産コストの削減が不可欠となる。

8年前は1枚のパテが3500万円もする非現実的なものだったが、多くの参入企業によるイノベーションにより、培養肉は低コスト化に向かっている。

 

参考記事

Multus Media Raises $2.2M for Cultured Meat Serum Replacement

IndieBio VC Backs Low-Cost Animal-Free Growth Media To Scale Affordable Cultivated Meat

 

 おすすめ記事

アイキャッチ画像の出典:Multus Media

 

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉開発に取り組む企業をまとめたレポートを無料でお配りしております。

●全66社

●全15ページ

の無料レポートです。

登録は1分で終わりますので、ぜひこの機会にご利用ください。

メールマガジンにご登録いただいた方には、 週1~2回フードテックの最新ニュースをお届けしております。

↓↓↓↓↓

メールマガジン登録はこちらから

 

>> <<

関連記事

  1. イギリスのマクドナルドがマックプラントを導入、2022年に全国導…
  2. 細胞農業によるキャビア製造でGeneus Biotechがヴァー…
  3. フィンランドの研究チームが細胞培養によるコーヒー生産に成功
  4. 韓国の培養肉企業CellMEATが約4億7千万円を調達、培養肉の…
  5. 3Dプリンター製サーモンを開発するRevo Foodsが約1億9…
  6. Avant Meatsが中国バイオ医薬品企業QuaCellと提携…
  7. スイスの研究チームが研究室で細胞培養によるチョコレートを開発
  8. 【8/24】注目のフードテックベンチャー・ネクストミーツ社佐々木…

おすすめ記事

培養ロブスターを開発する米Cultured Decadenceが約1億7000万円を調達、州政府による細胞農業企業への初出資

細胞農業スタートアップのCultured Decadenceがプレシードで160…

Moleyが自動調理ロボット「モーレイ・ロボット・キッチン」の販売を開始

調理ロボットを製造するイギリスのモーレイロボティックス(Moley Roboti…

Apeel Sciencesが約31億円を資金調達、小規模農家の市場アクセス改善を本格支援

このニュースのポイントApeel Science…

アレフ・ファームズがアジアへの培養肉導入加速に向けてタイ・ユニオン、CJ第一製糖と提携

イスラエルの培養肉企業アレフ・ファームズが、アジアの食品大手2社と基本合意書(M…

世界初!アレフ・ファームズが3Dプリンターで培養リブロース肉を開発

イスラエルのアレフ・ファームズ(Aleph Farms)が培養リブロース肉の3D…

【完全保存版】代替魚・代替シーフードベンチャー企業25社まとめ【2021年版カオスマップ】

この記事では、代替魚・代替シーフードの開発に取り組む国内外のベンチャー・スタート…

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業66社をまとめたレポート(全15ページ)を無料でお配りしております。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(10/28 15:18時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(10/28 09:09時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,881円(10/27 20:01時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP