代替プロテイン

微細藻類を活用するカナダのProfillet、ホールカットの植物性ナマズをFuture Food-Techで初披露

 

微細藻類を活用して植物性シーフードを開発するProfilletが、サンフランシスコで先週開催されたFuture Food-Techで、ホールカットの代替ナマズを初披露した

Profilletは、「次の10億人にいかにして食事を提供するか」という地球が直面する課題に取り組むため、2023年に設立されたカナダ企業。微細藻類タンパク質を開発するSmallfoodTerra BioindustriesによりTeam Profilletとして結成された

現在の食料システムでは、未来の世代に十分な量の食料を提供できず、代替魚を始め、より広範囲な食品をより効率的に製造する必要があるとProfilletは考えている。

同社はサーキュラーエコノミー、ネットゼロ、費用対効果の高いオメガ3脂肪酸の提供に焦点を当て、ホールカットな植物性シーフード製品を開発している。生産プロセスではSmallfoodによる微細藻類のバイオマス発酵と、Terra Bioindustriesの使用済み穀物からアップサイクルしたタンパク質を使用している

なぜナマズなのか

出典:Profillet

Profilletは、ホールカットの白身魚の開発種を選定する際、種毎の温室効果ガス排出量、世界の魚の消費量、国ごとに食される魚種、魚の養殖コストなど、さまざまな要素を検討した。

結果、養殖アメリカナマズChannel Catfish)が世界の動物由来食品の中で、最も温室効果ガス排出量が多いとの結論にいたる。環境負荷では牛肉の影響が指摘されるが、Profilletは養殖アメリカナマズこそが最も温室効果ガス排出量が多いとの結論により、開発種をナマズに決めた

XPRIZE Feed the Next Billionファイナリスト6社に選出

出典:Profillet

同社は魚ならではのフレーク状の層を大規模に再現する技術を有している

Future Food-Techでは同社共同創業者であり、トロント市のベストシェフに選ばれたDough MacNish氏が現地で代替ナマズを調理して、100食分を試食として提供したほか、調理前の原料そのものも展示された。初披露された代替ナマズが微細藻類が使用しているものか、現在Profilletに確認している。

Profilletは、XPRIZE Feed the Next Billionコンペのファイナリストに選出されており、今年7月にアブダビで開催される決勝戦で、700万ドルの獲得を目指している。同コンペのファイナリストには3Dプリンターで代替サーモンを開発するRevo Foodsや中国の培養肉企業CellXなども選出されている

藻類を活用した代替シーフード開発

出典:Profillet

微細藻類は高レベルのタンパク質、ビタミン、ミネラル、オメガ3脂肪酸を誇り、栄養価の高い代替タンパク質原料となるだけでなく、急速な成長速度、必要資源の少なさ、年間を通じて生産可能であるなど、環境に優しい食料源とされる。

ドイツのホーエンハイム大学の研究チームは、微細藻類の最大の可能性は代替シーフードにあると考えている。これは、微細藻類のオメガ3脂肪酸が空気に触れると急速に酸化し、魚の風味をもたらすためだという。

研究チームはPhaeodactylum tricornutumという微細藻類を使用した代替シーフードの開発に取り組んでいる。    

フランスの代替シーフード企業OLALA!は、藻類や植物タンパク質を使用した代替シーフード製品を欧州で販売している。同社製品に占める藻類の割合は現状はそれほど多くないため、藻類を最大限に活用するためにスタートアップ、研究者と協力しているという

 

参考記事

https://www.profillet.ca/

Profillet LinkedIn 投稿ページ(記事該当箇所にリンク)

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Profillet

 

関連記事

  1. ゲイツ氏、ベゾス氏が支援するNature’s Fyn…
  2. スペインNovameatが3Dプリンター製培養肉の試作品を発表
  3. Better Dairyはアニマルフリーチーズの最前線で約25.…
  4. BioBetterはタバコ植物を活用して培養肉用の成長因子を開発…
  5. 二酸化炭素、電気から乳タンパク質の生成へ|ソーラーフーズの新たな…
  6. 培養ウナギ肉の開発に取り組む北里大学・池田大介准教授にインタビュ…
  7. Hevo Groupが代替卵製品OUVEGGをスペインのスーパー…
  8. ダノンとBrightseedが提携を拡大、AIを活用して植物の隠…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

培養肉生産の複雑さを乗り越える(Gelatex-Athanasios Garoufas氏による寄稿文)

本記事は、Gelatex Technologies(エストニア企業)で最高事業開…

菌糸体由来肉の米Meati Foodsが約199億円を調達、今年後半に大型工場から出荷を開始

菌糸体由来の代替肉を開発する米Meati Foodsは今月、シリーズCラウンドで…

米培養肉UPSIDE Foodsが世界で初めてFDAの安全性認可を取得、上市に向けて躍進

アメリカの培養肉企業UPSIDE Foodsは16日、アメリカ食品医薬品局(FD…

米Matrix F.T.が独自マイクロキャリアで作成した培養鶏肉を発表

培養肉用の足場とマイクロキャリアを開発する米Matrix F.T.(旧称Matr…

代替肉ブランドTiNDLEを開発するNext Gen Foodsが約114億円を調達、米国本格進出へ

植物由来の代替肉を開発するシンガポール企業Next Gen Foods(ネクスト…

培養肉企業メンフィス・ミーツが社名をUPSIDE Foodsに変更、年内に培養鶏肉の販売を目指す

世界で最初に培養肉バーガーを発表し、話題を呼んだオランダ企業モサミートとあわせて…

次回Foovoセミナーのご案内

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

精密発酵レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,671円(04/14 12:07時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(04/13 21:24時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(04/14 00:54時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(04/14 17:58時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(04/14 10:45時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(04/13 20:57時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP