Foovo Deep

微細藻類を活用するカナダのProfillet、ホールカットの植物性ナマズをFuture Food-Techで初披露

 

微細藻類を活用して植物性シーフードを開発するProfilletが、サンフランシスコで先週開催されたFuture Food-Techで、ホールカットの代替ナマズを初披露した

Profilletは、「次の10億人にいかにして食事を提供するか」という地球が直面する課題に取り組むため、2023年に設立されたカナダ企業。微細藻類タンパク質を開発するSmallfoodTerra BioindustriesによりTeam Profilletとして結成された

現在の食料システムでは、未来の世代に十分な量の食料を提供できず、代替魚を始め、より広範囲な食品をより効率的に製造する必要があるとProfilletは考えている。

同社はサーキュラーエコノミー、ネットゼロ、費用対効果の高いオメガ3脂肪酸の提供に焦点を当て、ホールカットな植物性シーフード製品を開発している。生産プロセスではSmallfoodによる微細藻類のバイオマス発酵と、Terra Bioindustriesの使用済み穀物からアップサイクルしたタンパク質を使用している

なぜナマズなのか

出典:Profillet

Profilletは、ホールカットの白身魚の開発種を選定する際、種毎の温室効果ガス排出量、世界の魚の消費量、国ごとに食される魚種、魚の養殖コストなど、さまざまな要素を検討した。

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Profillet

 

関連記事

  1. Yali Bioが精密発酵による代替乳脂肪を使用したアイスクリー…
  2. インポッシブルフーズが植物性ソーセージを小売で販売開始
  3. 精密発酵で天然着色料を開発するPhytolonがギンコ・バイオワ…
  4. デンマークの精密発酵企業21st.BIO、持続可能な乳タンパク質…
  5. 分子農業企業Moolec Scienceが豚タンパク質を作る大豆…
  6. 微細藻類からタンパク質を開発するBrevelがイスラエルに商用工…
  7. Vowがシンガポールで培養ウズラ肉の販売認可を取得、今月レストラ…
  8. 小麦胚芽由来の低コスト成長因子を開発する名大発スタートアップNU…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

イスラエルの培養肉企業Steakholder Foods、バイオ3Dプリンターの商用化に向けて加速

イスラエルの培養肉企業Steakholder Foods(旧称MeaTech)は…

イート・ジャストの代替卵JUST EggがEU当局の認可を取得

植物由来の代替卵を開発するアメリカのスタートアップ企業イート・ジャストは、主力製…

伝統的なチーズ製法で植物チーズを開発するデンマーク企業FÆRM

デンマークのフードテック企業FÆRMは、伝統的なチーズ製造プロセスと酵素の力で、…

精密発酵セミナー動画-2023年4月開催-

2023年4月に開催した精密発酵セミナーの視聴用ページです。会員の方だけ視聴いただけます。…

ソーラーフーズが約13億円を調達、来年前半に商用工場Factory 01を稼働

二酸化炭素と微生物を活用して代替タンパク質ソレインを開発するソーラーフーズ(So…

イギリスのマクドナルドが代替アイスクリームの試験販売を開始

マクドナルドがイギリスで代替アイスクリームの試験販売を開始した。チョコレ…

マイコプロテイン・菌糸体タンパク質レポート好評販売中

精密発酵レポート好評販売中

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,760円(07/19 13:05時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(07/19 22:32時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(07/20 02:17時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(07/19 18:59時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(07/20 11:33時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(07/19 21:57時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP