代替プロテイン

「本物のようにほぐれる」ホールカットの代替タラを開発するアイルランド企業Sea&Believe

 

アイルランドのスタートアップSea&Believeは、ビーガン向けホールカットのタラを発表した。既に製品化している海藻を用いたカツやバーガーはアイルランドの50か所で販売されている。

IndieBioで代替タラのフィレのデモを行った創設者のJennifer O’Brien氏は、アイルランドの海藻の機能性に関する研究に携わってきた。若いころに慢性喘息に良いと海藻を食べていた同氏は、後に研究から海藻に含まれる天然成分に様々な効果を見つけている。

代替タラが重要である理由

タラのフリッター イメージ画像

フィッシュアンドチップスは英国やアイルランドではサンデーローストのように人気のある伝統食だ。20世紀にタラの需要が増加して漁獲量が増えすぎたうえに、タラの生息環境の変化や海洋汚染もありタラは絶滅寸前種と考えられている。気候変動は更にタラの個体量に影響を与えるだろう。

タラは冷たい深海ものが高級品とされるが、地球の気温上昇で海水温も上がるとタラは冷たい環境を求めて棲むようになってしまう。フィッシュアンドチップスには足りなくなるため、代替タラが重要となるのである

資金を調達して海藻農場の設置へ

出典:Sea&Believe

O’Brien氏が最初にアイルランドの海藻に関心を抱いたのは、脱カーボンや海洋酸性化に対する対策となると考えたからだった。同氏は「アイルランドの海藻に何か特別な成分があることはわかっていたので、その要因を解明して事業化していきたかった」と述べている。

ホールカットの代替タラは市場ニーズとのギャップを埋めるものとして期待される。完成すれば1尾あたり25gのタンパクを含み、代替魚肉では初めて普通の魚肉のようにほぐせるものとなる可能性がある。

研究開発を進めるためにSea&Believeは300万ドル(約3.8億円)の資金調達を得ようとしている。資金を調達できればアイルランドの北西に新たな海藻農場を作って海藻の供給体制を整えることも考えている。

魚の乱獲対策としての海藻養殖

フィッシュアンドチップス イメージ画像

海藻養殖はSea&Believe独自のモデルではないが、魚介類タンパクの乱獲対策として広がる可能性がある。海藻養殖は持続可能で多くの品種の海藻が短期間で収穫できてその活用法も多い。

海藻は代替魚肉の他に意外な製品の基本素材としての可能性も検討されている。

カリフォルニアのUmaro Foods(旧名Trophic)はAgFunderがリード投資家として300万ドル(約3.8億円)の資金調達を得て海藻ベーコンを開発している。

食品以外ではドイツのスタートアップVyldが海藻由来の持続可能なタンポンを製造している。開発の背後には体に良いだけでなく月経製品の民主化という考えもある。海藻タンポンには漂白剤は不要でVyldは「ケルポン」と名付けている。

海藻養殖により食品素材を生産している例としては、寒天アルギン酸がよく知られている。寒天はテングサ属の海藻から得た多糖類で日本では古くからところてんなどに利用されてきた。

同様に海藻から生産している多糖類としてはカラギナンがゲル化剤としてゼリーやグミ、プリンなどに広く用いられている。このカラギナンを含む海藻トチャカの一般名をirish mossと言い、カラギナンという名称はこの海藻の集積地であるアイルランドの海辺のCarragheenan村に因んだもので、Sea&Believeが拠点とするアイルランドは海藻の利用で長い歴史があると言える

寒天やカラギナン、また、海苔に利用している紅藻類は、既に年間1800万トン以上が収穫されているが、紅藻類には大豆の5倍のタンパクが含まれることから代替タンパク源の有力な候補の一つとして今後も検討が進むものと考えられる。

 

参考記事

‘It Flakes Like The Real Thing’: Irish Startup Debuts Whole-Cut Vegan Cod

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Sea&Believe

 

関連記事

  1. 米Wild Earth、2023年に細胞培養によるペットフード製…
  2. 培養肉企業メンフィス・ミーツが社名をUPSIDE Foodsに変…
  3. フランスの培養肉企業Vital Meat、シンガポール当局へ承認…
  4. 精密発酵チーズのNew CultureがCJ第一製糖と提携、20…
  5. 【2024年1月16日】Foovo初の現地セミナー開催のお知らせ…
  6. 培養シーフードのShiok Meatsが生産コスト50ドル/kg…
  7. 微細藻類で代替タンパク質を開発するBrevelが約25億円を調達…
  8. Alt Farmは3Dプリンターで作った植物代替和牛で2023年…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

培養肉生産の複雑さを乗り越える(Gelatex-Athanasios Garoufas氏による寄稿文)

本記事は、Gelatex Technologies(エストニア企業)で最高事業開…

韓国が培養肉特区を創設、商用化の鍵となる細胞供給で特例を設ける

韓国政府は、培養肉など細胞性食品の開発を目的とした特区を創設した。この特区の正式…

代替魚・代替シーフードベンチャー企業25社まとめ【2021年版カオスマップ】

この記事では、代替魚・代替シーフードの開発に取り組む国内外のベンチャー・スタート…

ピザ自販機のカナダ企業PizzaFornoがアメリカへ進出

新型コロナの発生により、自動販売機が新しく生まれ変わろうとしている。日本…

藻類で培養肉用培地のコストダウンを図る東京女子医科大学、培養廃液もリサイクル

2021年8月29日に第3回細胞農業会議(日本細胞農業協会・培養食料研究会主催)…

タバコ植物で成長因子を開発するBioBetterがパイロット工場を開設

培養肉の製造に必要な成長因子を低コストで開発するBioBetterは今月、食品グ…

次回セミナーのご案内

マイコプロテイン・菌糸体タンパク質レポート予約注文開始

精密発酵レポート好評販売中

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,671円(05/18 12:26時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(05/17 21:43時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(05/18 01:20時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(05/17 18:18時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(05/18 11:01時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(05/17 21:15時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP