代替プロテイン

スイスの研究チームが研究室で細胞培養によるチョコレートを開発

>> <<

 

細胞培養による培養肉の開発が世界的に進んでいるが、今後はチョコレートも工場で作られるかもしれない。

スイスの研究チームは、細胞培養によるチョコレートを製造した。

チューリッヒ応用科学大学(ZHAW)の研究チームは、細胞培養により直接チョコレートが製造できることを発表した。チームによると、研究室で細胞から直接チョコレートが製造されたのはこれが初となる。

出典:swissinfo.ch / Christian Raaflaub

研究チームを率いるのは、細胞培養部門の責任者であるRegine Eibl教授。このチームは製薬業界向けの細胞培養の研究に大部分の時間を割いており、チョコレートを作る予定はなかったという。

「このアイデアは同僚であるTilo Hühn氏が思いついたものです。

彼は、カカオ豆から植物ベースの細胞培養物を抽出することを試せるかどうか私に尋ねました。

細胞培養物が、チョコレートと感じる知覚と感覚効果にとって非常に重要なポリフェノールを生成するかどうかを確認したかったのです」(Regine Eibl教授)

チームは、カカオの表面を洗浄し、豆の一部を抽出、4分の1に切断して、完全な暗闇の環境下で29℃の培地で培養した。

約3週間後、豆の切断面に「カルス」と呼ばれるかさぶた状のものが生成された。

出典:swissinfo.ch / Christian Raaflaub

研究者はそれを振とうフラスコにいれ、浮遊培養した後、バイオリアクターで増殖させた。

得られたバイオマスを粉末にし、ココアバター、砂糖、レシチンなどを加えたチョコレートが動画で紹介されている。

出典:swissinfo.ch / Christian Raaflaub

このプロセスにより、好きなだけチョコレートを作ることができるという。ケフィア菌でヨーグルトを作るように、必要な時にだけ食べることが可能となる。

チョコレートの需要は急増している。チョコレートの原料調達には、森林破壊問題が指摘されている。また、児童労働を伴う容認できない状況も指摘されている。

細胞培養によるチョコレートは、原料調達のための土地の使用、農薬が不要となり、輸送をなくしサプライチェーンのコストを下げるほか、児童労働の解決につながる可能性がある。

しかし、研究チームは、カカオ農家から仕事を奪うつもりはないと強調する。

「私たちの主な目標は、農業を飛び越して農家の生活を奪うことではありません。代替案をテストすることです。

カカオ豆の伝統的な生産を時代遅れにすることはありませんし、またそうしたくもありません」 (Tilo Hühn氏)

現在、チームが開発したチョコレートは市販のチョコレートよりはるかに高価なものとなっている。

出典:swissinfo.ch / Christian Raaflaub

Hühn氏は、培養肉の開発と比べて、研究室で作られるチョコレートは「明らかに安い」とし、大量生産できれば価格を下げられると語る。

しかし、チームは当面は、大量生産を計画していない。引き続き、細胞培養によるチョコレートの生産プロセスと、従来の生産プロセスの比較を続ける。

 

参考記事

Lab-developed chocolate passes the taste test

Lab-Grown Chocolate Could Be The Future of Sustainable Confectionery

 

おすすめ記事

アイキャッチ画像の出典:swissinfo.ch / Christian Raaflaub

 

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉開発に取り組む企業をまとめたレポートを無料でお配りしております。

●全66社

●全15ページ

の無料レポートです。

登録は1分で終わりますので、ぜひこの機会にご利用ください。

メールマガジンにご登録いただいた方には、 週1~2回フードテックの最新ニュースをお届けしております。

↓↓↓↓↓

メールマガジン登録はこちらから

 

>> <<

関連記事

  1. 培養ハイブリッド肉を開発する米New Age Meatsが約2億…
  2. モサミートがEUから助成金を授与、Nutrecoと共同で培地コス…
  3. 培養魚を開発するAvant MeatsがシンガポールのA*STA…
  4. 菌糸体ステーキ肉の開発に挑むスペイン企業Libre Foods
  5. 植物性チーズのStockeld Dreameryが約21億円を調…
  6. ビヨンドミートの新商品ソーセージ、10月から全米の食料品店で販売…
  7. イスラエルのFuture Meatが培養肉の生産コスト削減に再び…
  8. 空気と電気からタンパク質を作るSolar Foodsが約5億4千…

おすすめ記事

モサミートがEUから助成金を授与、Nutrecoと共同で培地コストの1/100削減を見込む

オランダの培養肉企業モサミートと同社のパートナー・投資会社であり水産飼料大手Nu…

キッチンカーで植物肉を広めたい|学生団体Planmeetがクラウドファインディングをスタート

植物肉という食の選択肢を広げるために、早稲田大学などの学生による学生団体Plan…

代替エビを開発するNew Wave Foodsが約18億円を調達、3月末までに飲食店で提供予定

植物ベースの代替魚開発に取り組むNew Wave Foodsが、シリーズAラウン…

イート・ジャスト(Eat Just)の培養肉が世界で初めてシンガポールで販売承認を取得

このニュースのポイント●イート・ジャスト(Eat…

培養シーフードを開発するShiok Meatsが資金調達、シンガポールに生産工場建設へ

培養シーフードを開発するシンガポールのShiok Meatsが、Woowa Br…

エリンギ由来のジャーキーを作るハワイ発のMoku Foods

ハワイを拠点とするスタートアップ企業Moku Foodsは植物性ジャーキーを発売…

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業66社をまとめたレポート(全15ページ)を無料でお配りしております。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(10/28 15:18時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(10/28 09:09時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,881円(10/27 20:01時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP