代替プロテイン

植物性チーズのStockeld Dreameryが約21億円を調達

▼10/26培養肉セミナーのご案内(画像をクリック)

-------------

 

植物性チーズを開発するスウェーデン企業Stockeld DreameryがシリーズAラウンドで1650万ユーロ(約21億円)を調達した。

ベルギーのベンチャーキャピタルAstanor VenturesとイギリスのベンチャーキャピタルNorthzoneがラウンドを主導し、Trellis RoadEurazeoNorrskenEdastraGullspång Re:foodなどが参加した。今回の調達で、Stockeld Dreameryの調達総額は1980万ユーロ(約25億円)となる。

「世界で最も野心的なチーズ」作りを目指すStockeld Dreameryは、発酵させたえんどう豆・そら豆を原料にフェタチーズを開発している。今年5月には初商品「Stockeld Chunk」を発売した。

シードラウンドで325万ユーロ(約4億2千万円)を調達した2020年6月時点では、プロトタイプをいくつか作った段階で、試食テストもまだ実施していなかった。その後、試食会を重ね、商品発売フェーズまで到達した。

出典:Stockeld Dreamery

同社は2019年に設立されてから1年でチームを4名から22名に増やしている。今回調達した資金はチーム拡充にあて、スタッフを現在の22名から50名まで増やす。

2022年には、スウェーデン、ストックホルムにある本社と実証プラントに移転する。この工場は、50名のスタッフが研究開発するのに十分なスペースを備える。

5月に発売された新商品は、タンパク質を13%含む。フェタチーズのようにサラダや温かい料理に使うことができる。

IPCCが8月に発表したレポートは、今後10年で温度上昇が1.5度を超える可能性があるという新しい推定を発表している。温室効果ガス排出量を即時に、迅速かつ大規模に削減しない限り、温度上昇を1.5度、2度にさえ抑えることは難しいとレポートは指摘。

出典:Stockeld Dreamery

畜産を含む現在の食料システムは、広大な土地、多くの水を必要とし、牛のゲップによる温室効果ガスの排出も問題視される。特にチーズは牛肉、羊肉に次いで温室効果ガスの排出量が3番目に多い動物製品とされ、畜産による環境負荷を減らすため、脱・動物性チーズの動きが進んでいる。

2020年にアメリカの植物ベース市場で最も伸びたカテゴリーは卵(前年比約2.7倍)となり、代替チーズは約1.42倍と3番目に伸びたカテゴリーとなった。2019年には12億ドルだったヴィーガンチーズ市場は2027年には44億ドルに達すると予想されている。

Stockeld Dreameryの商品は現在、ストックホルムの限られたレストラン、チーズ専門店でしか扱われていないが、今後は新商品をリリースし、海外展開もしていくとしている。

 

参考記事

We’ve raised a €16.5M (~$20M) Series A round. It’ll help us do more, sooner

Stockeld Dreamery Raises €16.5 Million for Legume-Based Alternative Cheeses

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Stockeld Dreamery

 

▼10/26培養肉セミナーのご案内(画像をクリック)

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉開発に取り組む企業をまとめたレポートを無料でお配りしております。

●全66社

●全15ページ

の無料レポートです。

登録は1分で終わりますので、ぜひこの機会にご利用ください。

メールマガジンにご登録いただいた方には、 週1~2回フードテックの最新ニュースをお届けしております。

↓↓↓↓↓

メールマガジン登録はこちらから

 

>> <<

関連記事

  1. 微生物発酵で飲食用のアニマルフリーなコラーゲンを開発する米Gel…
  2. Esco Asterが培養肉の製造承認をシンガポールで取得
  3. 大豆を使ってチーズを開発するNobell Foodsが約82億円…
  4. 食肉生産者を培養肉生産者に変えるドイツ企業Innocent Me…
  5. 食品廃棄物を活用してマイコプロテイン由来の代替肉を開発するMyc…
  6. 菌糸体ステーキ肉の開発に挑むスペイン企業Libre Foods
  7. 微生物でタンパク質を開発するNature’s Fyndが約385…
  8. インポッシブルフーズが香港・シンガポールの食料品店で販売を開始、…

おすすめ記事

エリンギ由来のジャーキーを作るハワイ発のMoku Foods

ハワイを拠点とするスタートアップ企業Moku Foodsは植物性ジャーキーを発売…

連続細胞培養技術を開発する英CellulaREvolutionが約1億4千万円を調達

イギリスを拠点とする培養肉スタートアップCellulaREvolutionが今月…

培養フォアグラを開発する仏Gourmeyが約11億円のシード資金を調達、仏政府も支援

培養フォアグラを開発するフランス企業Gourmeyが1000万ドル(約11億円)…

フードロス削減のために米Surge Alertが開発した気候モニタリングデバイス

フードロスを減らすため、ニューヨークを拠点とするSurge Alertは24時間…

キッチンOSのイニットがGoogleクラウドと提携、食料品購入のパーソナライズ化を強化

パーソナライズ化された食品購入ソフトを提供する米イニット(Innit)がGoog…

菌糸体から代替肉を作るAtlast Foodが約43億円を調達

菌糸体から代替肉を開発するAtlast FoodがシリーズAで4000万ドル(約…

第2回Foovoセミナーのお知らせ

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業66社をまとめたレポート(全15ページ)を無料でお配りしております。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(10/26 15:15時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(10/26 09:08時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,881円(10/25 20:00時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP