セミナー

【2024年1月16日】Foovo初の現地セミナー開催のお知らせ~精密発酵、分子農業から代替脂肪動向まで~

 

本セミナーは終了しました。ご参加ありがとうございました!

当日のセミナー動画・資料はこちらにアップしております。ぜひご覧ください。

—————————-

 

2024年1月16日(火)、Foovo初の現地セミナーを開催します。

2020年9月の開設以来、Foovoは計10回のセミナーを開催してきました

現地開催をご要望する声に応えまして、この度、初のリアルイベントを都内で開催する運びとなりました。

本イベントでは、特に注目度が高い精密発酵、分子農業、代替脂肪ソリューションをテーマに開催します。

講演後にネットワーキング・交流の場もご用意しており、代替タンパク質の最新動向に関心の高いFoovo会員同士で連携を強める絶好の機会です。ぜひご参加ください。

 

 

■セミナー概要

  • 日時2024年1月16日(火)13:00-16:00(予定)
  • 場所新富町駅(東京都中央区)徒歩1分の会議室
  • 対象Foovo会員の方
  • 開催方式現地開催のみ
    (ライブ配信はありません。当日の録画は後日アーカイブ配信します)

 

■当日の流れ(予定)

12:30-

開場・受付開始

 

13:00-13:35 

「代替脂肪の最新動向」(Q&A 5分含む)

佐藤あゆみ(Foovo代表)

 

13:35-14:10 

「精密発酵と分子農業の現在地」(Q&A 5分含む)

橋詰 寛也氏(株式会社Kinish代表取締役・CEO)

 

14:10-14:20 

休憩

 

14:20-15:05 

「フードテックの国際動向-精密発酵と分子農業を中心に-」(Q&A 5分含む)

坂元 雄二氏(バイオインダストリー協会企画部部長)

 

15:05- 

ネットワーキング・交流会(16:00頃までを予定)

 

 

■登壇者情報

株式会社Kinish代表取締役・CEO 橋詰 寛也

外資系経営コンサルティング会社にて組織人事・戦略コンサルティングに従事後、日本マクドナルドに入社。日本マクドナルドではプライシング・事業戦略立案をリードした後に、デリバリー事業の事業開発責任者を担当。
2023年株式会社Kinishを創業。資金調達を行い、現在植物分子農業の事業化に向けて研究開発を実施中。

 

バイオインダストリー協会企画部部長 坂元 雄二氏

1982年 九州大学農学部修士課程終了後、麒麟麦酒(株)に入社。
2013年 バイオインダストリー協会(日本バイオ産業人会議)に出向し、現在に至る。
内閣府バイオ戦略ワーキングチーム委員(2018)、早稲田大学上級研究員。

 

Foovo合同会社代表 佐藤あゆみ

薬剤師、新薬開発、中国語翻訳者を経て、2020年9月にFoovoを開設。

 

 

■お申込み方法と注意点

★本セミナーのお申込みは1月14日(日)までにお願いいたします★

 

※本セミナーは有料会員限定ですので、会員でない方が下記ページからの申込みされても、参加できませんのでご注意ください。

また、会員の方が職場の方をお連れになりたい場合、お手数ですが、お1人ずつ会員登録をお願いいたします(会員登録はこちらから)。

 

お申込みページ(有料会員限定です)

※上記フォームにアクセスできない方は、メールでお申込みください(contact@foovo.co.jp)。

 

現在会員でない方は、こちらのページより、先に会員登録をお願いいたします。

現地開催のため、先着順で90席までとなりますので、お早めにお申し込みください。

 

 

■協賛企業様

特別スポンサー

―日本細胞農業協会 CAIC様(https://cellagri.org/

 

応援スポンサー

-KAKAWARU合同会社様(https://kakawaru.co.jp/

 

 

引き続き、協賛いただける企業様を募集しております。お申込み方法など詳細は以下の協賛趣意書をご確認ください。

協賛趣意書

 

 

■本イベントに関するお問い合わせ先

Foovo事務局:contact@foovo.co.jp

 

 

関連記事

  1. 米国IPOを目指すMeat-Techが3Dプリンターで10mmの…
  2. TissenBioFarmが韓国初の細胞農業支援センターで10K…
  3. 「競争よりも共創」代替肉で環境問題に挑むネクストミーツが目指すも…
  4. 砂糖削減・代替砂糖ソリューションを開発するスタートアップ企業13…
  5. 培養肉用の食用足場を開発する米Matrix Meatsがシードラ…
  6. キッチンカーで植物肉を広めたい|学生団体Planmeetがクラウ…
  7. ケンタッキー、ビヨンド・ミートの代替フライドチキンを全米で販売
  8. Future Fieldsが約15億円を調達、ショウジョウバエで…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

スペインのLibre Foodsが菌糸体由来の代替鶏胸肉を発表、2024年に発売へ

菌糸体を活用して代替肉を開発するスペイン企業Libre Foodsは先月、欧州初…

世界初!シンガポールOsomeFoodが開発したマイコプロテイン由来の代替ゆで卵

シンガポールを拠点とするOsomeFoodは、世界初となるマイコプロテイン由来の…

スターバックスがパーフェクトデイの代替ミルクを試験導入

スターバックスが、アニマルフリーな乳製品を開発するパーフェクトデイの代替ミルクを…

二酸化炭素でタンパク質を作るArkeon Biotechnologiesがパイロット工場を開設

オーストリアのスタートアップ企業Arkeon Biotechnologiesは今…

米Checkerspot、微細藻類を活用したヒト乳脂肪類似体を開発

アメリカのバイオテック企業Checkerspotは微細藻類の発酵により、ヒト乳脂…

韓国の代替肉企業Zikooinが約26億円を調達、植物肉工場を来年稼働

韓国の代替肉スタートアップZikooinは先月、2300万ドル(約26億円)を調…

次回セミナーのご案内

マイコプロテイン・菌糸体タンパク質レポート予約注文開始

精密発酵レポート好評販売中

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,671円(05/23 12:27時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(05/22 21:46時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(05/23 01:24時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(05/23 18:21時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(05/23 11:04時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(05/23 21:18時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP