アップサイクル

ビールの醸造で発生する廃棄大麦をアップサイクルするReGrainedとは

 

アメリカ、デラウェア州を拠点とするReGrainedは、ビールの醸造で発生する大麦などの穀物廃棄物を活用してタンパク質粉末を開発している。ビールの醸造で残る、風味がよく香ばしい穀物の可能性に着目した。

そのままであれば廃棄されるものを再利用し、新しい付加価値を付与することをアップサイクルという。

ReGrainedはビールの醸造で発生する使用済み穀物(約95%が大麦で、小麦・ライ麦も含む)を使用し、「ReGrained SuperGrained+」という粉末にアップサイクルする。

出典:ReGrained

同社の独自技術は、アメリカ農務省との共同開発によるもの。穀物由来の最終粉末は、アーモンド粉末と同じタンパク質、消化をサポートするプレバイオティクスを含み、全粒粉の3倍の食物繊維を含んでいる。

公式ECサイトではアップサイクル商品となるスナックが1袋4ドルで販売されている。

今年4月にはクッキー生地のECサイトを運営するDoughpと、ReGrainedのアップサイクル粉末を使った新しいクッキー生地の作成で提携した。「SuperGrained+」を含むクッキー生地は、通常の2倍のタンパク質、6倍の食物繊維を含み、4月からDoughpのサイトで販売されている。

出典:ReGrained

ReGrainedは、このようなコラボを今後も多く実施していきたいとコメントしていた。

このコメントの通り、今年8月には、オーガニックパスタを販売するSemolina Artisanal Pastaとの提携を発表。「SuperGrained+」を配合したプレミアムパスタが、10月から消費者、外食産業向けに発売される。

新しいコラボ製品は、全粒粉の3倍以上の食物繊維と2倍のタンパク質に加えて、消化をサポートするプレバイオティクスが含まれている。

このほか、サンフランシスコベイエリアのアイスクリームショップBI-RYTEでも、「SuperGrained+」を配合したアイスクリーム(APPLE FRITTER)が販売されるなど、幅広くコラボを展開している。

出典:ReGrained

日本企業もビールの醸造で発生する穀物廃棄物のアップサイクルに着目している。

投資会社Future Food Fundは今年3月、ReGrainedに出資した。Future Food Fundは、オイシックス・ラ・大地が設立したファンドで、国内外の先進的な食品・農業・ヘルスケア領域への投資、販売や商品開発などの支援をしている。

Future Food Fundとのパートナーシップにより、日本でも「SuperGrained+」を使ったアップサイクル商品がリリースされる可能性がある

Future Food Fundの出資額は公開されていないが、ReGrainedはこれまでに2018年9月のシードラウンドで250万ドル、2020年1月の株式投資型クラウドファンディング(金銭によるリターンを受け取れる投資型クラウドファンディングの1つで、出資の見返りとして株式を受け取ることができるもの)で74万4300ドルを調達している。

ReGrainedのほかにもアップサイクルに対する取り組みは増えている。ベルギーのEverGrainも、ビールの醸造で発生する使用済みの大麦を活用して代替タンパク質粉末を開発している。

イギリスのサプラント(The Supplant Company)は、とうもろこしや小麦などの廃棄される部分を使って砂糖を開発している。スウェーデンのMycorenaにいたっては、代替肉の原料となるマイコプロテインの発酵培地の栄養源として、廃棄される食品廃棄物を活用している。

 

参考記事

ReGrained Launches New Cookie Dough with Doughp and Partners with Future Food Funds in Japan

ReGrained collaborates on upcycled pasta

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:ReGrained

 

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉・魚開発に取り組む企業をまとめたレポート2報を無料でお配りしております。

●全101社

●全23ページ

の無料レポートです(2022年3月更新版)。

登録は1分で終わります(下記画像をクリックするとページにジャンプします)。

 

>> <<

関連記事

  1. 英Jack & Bryがジャックフルーツを使った代替切…
  2. アレフ・ファームズがアジアへの培養肉導入加速に向けてタイ・ユニオ…
  3. イスラエルのChickPがひよこ豆由来のビーガンマヨネーズを開発…
  4. 香港グリーンマンデーがイギリス飲食店に進出、今年中に本格展開へ
  5. 幅広い植物肉製品を開発するHungry Planetが約27億円…
  6. 中国バーガーキングが植物肉バーガーを発売開始
  7. 培養肉企業MeaTechが約100グラムの3Dプリントされた培養…
  8. 【10/26】日本発の培養肉企業ダイバースファーム社セミナー開催…

おすすめ記事

ゲイツ氏、ベゾス氏が支援するNature’s Fynd、発酵タンパク質を使った新商品を発表

微生物発酵で代替タンパク質を開発する米Nature’s Fyndが、最初の商品を…

スウェーデンHookedが約6200万円を調達、2021年春にスウェーデンで市販化予定

このニュースのポイント●スウェーデンHooked…

ブロックチェーンを活用して透明性の高いサーモン養殖に取り組むKvarøy Arctic

国連食糧農業機関(FAO)によると、世界の養殖魚生産量は1990年から2018年…

Haofoodはピーナツを使用した代替チキンで約4.5億円を調達

上海のHaofoodはピーナツタンパクを用いたビーガンチキンで、350万ドル(約…

インドネシア企業Mycotech Labが開発した動物を犠牲にしないキノコ由来の皮革Myleaとは

インドネシアにはテンペという伝統食品がある。テンペは日本の納豆のように大…

フードロス削減に取り組むオランダ企業OneThirdが約1億9000万円を調達

フードロス削減に取り組むオランダ企業OneThirdが150万ユーロ(約1億90…

精密発酵レポート販売のお知らせ

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(07/05 18:34時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(07/06 12:15時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,881円(07/05 23:47時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(07/06 14:36時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP