代替プロテイン

国内初|グリーンカルチャーが植物性ゆで卵の開発に成功

2022年1月セミナーはこちらから▼

 

植物肉Green Meatで知られる日本のスタートアップ企業グリーンカルチャーが、植物性ゆで卵のプロトタイプを開発した

プラントベース食品の開発では、液状の代替卵の開発は国内外でも事例が増えているが、ゆで卵の開発事例は少ない。植物ベースのゆで卵の開発成功は、国内ではグリーンカルチャーが初となる。

グリーンカルチャー、植物性ゆで卵の開発に成功

出典:グリーンカルチャー

同社は「健康と地球とずっと。」を理念に、環境負荷の軽減、世界的な食料需要の増加に対応するため、植物肉の開発・製造・販売を行っている。

通信販売専門店として設立された同社は、今年春に外食産業向けのB2Bをスタート。

植物肉「Green Meat™シリーズ」の第1弾となる「Green 小籠包™」は半年以内に1.6万食販売され、7月にはシュウマイをリリースした。

3月にはマカオへ進出、6月には植物ベースの代替魚をレストランで提供した。

グリーンカルチャーが開発した植物性ゆで卵は、サラダやお弁当のおかずとしてそのまま使用したり、つぶして料理に使ったりすることができる。世界的に植物卵の開発が進むなか、味・質感だけでなく、ゆで卵という難易度の高い形状での開発にあえて挑戦した。

使用した原料の詳細は明らかにされていない。同社は今後、プロトタイプから量産化を目指す。

加熱する代替卵の開発

世界の卵市場は、2020年の2131億ドルから2025年には2974億ドルに達すると見込まれる

特に、アジアは世界最大の卵市場となっており、2020年には市場全体の64%をアジアが占めている

プレスリリースによると、日本は中国に続き、世界で2番目に卵の消費量が多い。日本は世界的にみて卵消費大国であり、代替卵の開発が注目されている。

卵は牛肉など主要動物肉、チーズなどに続き、8番目に温室効果ガスを排出する食品とされ、環境負荷が大きい。また、国内では9割以上の養鶏場がバタリーケージ飼育と呼ばれる集約飼育方式を導入しており、鶏は一生満員電車に乗り続けるような状況で飼育されている。

集約飼育では、感染予防のために抗生物質が投与されるが、抗生物質が効かなくなる耐性菌の問題も指摘されている。

こうした背景から、世界的にも代替卵に取り組む企業は急増している。

OsomeFoodが開発した代替ゆで卵 出典:OsomeFood

JUST Eggで知られるアメリカのイート・ジャストを始め、最近ではゆで卵、目玉焼きを再現した商品開発の流れが加速している。

スイスの小売大手ミグロスは先月、植物性ゆで卵を発売した。シンガポールのOsomeFoodはマイコプロテイン由来のゆで卵を発売している。

シンガポールのFloat Foods、イスラエルのYO-Eggは黄身と白身に分かれた目玉焼きにできる代替卵を開発している。国内でも代替卵の開発が進んでおり、ネクストミーツは植物性卵「NEXT EGG 1.0」の商品化に成功した。キューピーも業務用の代替卵を開発している。

 

参考記事

<注目&急成長中「植物性食品」市場最前線>フードテックベンチャー「グリーンカルチャー」日本初「植物性ゆで卵」の開発に成功

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:グリーンカルチャー

 

2022年1月セミナーはこちらから▼

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉開発に取り組む企業をまとめたレポートを無料でお配りしております。

●全66社

●全15ページ

の無料レポートです。

登録は1分で終わりますので、ぜひこの機会にご利用ください。

メールマガジンにご登録いただいた方には、 週1~2回フードテックの最新ニュースをお届けしております。

↓↓↓↓↓

メールマガジン登録はこちらから

 

>> <<

関連記事

  1. Motif FoodWorksが約249億円を調達、植物肉をアッ…
  2. MeaTechが低コストな培養脂肪の生産方法で米国仮出願を提出
  3. 肉屋出身者が立ち上げたIvy Farm|2023年までに英国で培…
  4. Big Idea Venturesの第3コホートに参加する15社…
  5. 培養肉企業フューチャーミートが約394億円を調達、生産コストを1…
  6. ダノンとBrightseedが提携を拡大、AIを活用して植物の隠…
  7. 菌糸体から代替肉を作るMeati Foodsが約29億円を資金調…
  8. 二酸化炭素から動物飼料用のタンパク質を作るDeep Branch…

おすすめ記事

ゲノム編集で野菜・果物に新しい命を吹き込む米Pairwiseが約94億円を調達

Pairwiseは収量も栄養もあるのに、匂いなどの理由で人気のない食品を、ゲノム…

えんどう豆由来の代替ミルクを開発するSproudが約6.8億円を調達

えんどう豆を主原料に代替ミルクを開発するSproudが480万ポンド(約6億8千…

フードロスに取り組む米Apeel Sciencesが約274億円を調達

フードロスに取り組む米Apeel SciencesがシリーズEラウンドで2億50…

スペインNovameatが3Dプリンター製培養肉の試作品を発表

このニュースのポイントスペインNovameatが…

中国の植物肉企業Starfieldが約114億円を調達、湖北省に自社工場を設立

中国の代替肉スタートアップ企業Starfield(スターフィールド)は、シリーズ…

フィンランドの研究チームが細胞培養によるコーヒー生産に成功

フィンランド技術研究センター(VTT)の研究チームは、細胞農業によりコーヒー豆を…

Foovoセミナーのお知らせ

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業66社をまとめたレポート(全15ページ)を無料でお配りしております。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(01/19 16:29時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(01/19 10:14時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,881円(01/19 21:24時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP