Foovo Deep

ノルウェー研究評議会が5年間の細胞農業プロジェクトに出資、培養肉・精密発酵による食品開発強化へ

 

ノルウェーの国家研究戦略を決める政府系機関ノルウェー研究評議会(The Research Council of Norway)が、細胞農業による食品の研究開発に資金提供を行った。

このプロジェクトはARRIVALと名付けられ、Nofima(ノルウェー食品・漁業・水産養殖研究所)主導のもと2023年に開始する。培養肉、精密発酵を含む細胞農業技術の開発を進める。

Nofimaは2018年に設立された欧州最大の食品・漁業・水産養殖の研究所とされるノルウェー研究評議会は研究と革新的プロジェクトに投資を行う政府系機関であり、ノルウェー全省庁からの研究資金を管理し、あらゆる研究分野における基礎研究・応用研究とイノベーションに資金を割り当てている。

政府系機関が細胞農業プロジェクトに資金提供を行うことは、ノルウェー政府が培養肉や精密発酵による新しい食品生産を重視している表れと言える。

Nofimaでは現在、2つの細胞農業プロジェクトが進行している。Precisionと今回発表されたARRIVALだ。

Nofimaが進める2つの細胞農業プロジェクト

出典:Onego Bio

Precisionはバイオテクノロジープロセス、スマートセンサー、データ分析ツールを開発することで持続可能な食料生産への貢献を目指すものであり、取り組む3分野の1つに細胞農業が含まれている。Precisionは2021年から2025年まで実施されており、Foundation for Research Levy on Agricultural Products(FFL)から資金提供を受けている。

最近承認された研究プロジェクトARRIVALは、「将来の食料生産のための細胞農業によるバイオテクノロジーの到来」(ARRIVAL of Cellular Agriculture-Enabling biotechnology for Future Food Production)という意味を込めて名付けられたもので、ノルウェー研究評議会から資金提供を受けている。

Nofimaが主導するARRIVALには、Sintef Industryオスロメトロポリタン大学ノルウェー農村地方研究所(Institute for Rural and Regional Research;Ruralis)、ノルウェー技術委員会(The Norwegian Board of Technology)、農業協同組合Nortura ASとその子会社Norilia ASなどが参加している。

「食料生産における革命」:細胞農業

出典:モサミート

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Nofima

 

関連記事

  1. GOOD Meatがシンガポールで培養鶏肉の販売を一時停止、再開…
  2. マメ科植物の種子から植物性ホイップクリームを開発するANDFOO…
  3. AIエンジンで代替タンパク質を開発するThe Live Gree…
  4. 中国の培養肉企業Jimi Biotechnologyが100%培…
  5. パーフェクトデイ、精密発酵の「biology-as-a-serv…
  6. 植物ミルクをより持続可能に:英MYOMが開発した新タイプのオーツ…
  7. 精密発酵CDMOのScaleUp Bioが最初のクライアント企業…
  8. オランダのFarmless、約7.5億円を調達し農地不要のタンパ…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

植物工場のスプレッドが40億円を調達、代替肉・いちごの新規事業を加速

京都を拠点とする植物工場スタートアップのスプレッドは今月、シリーズAラウンドで4…

培養サーモンの米Wildtype、レストラン・小売との提携を発表

細胞培養による培養サーモンを開発するアメリカのWildtype(ワイルドタイプ)…

ネスレが焼きたてのピザを提供する自販機を試験導入

ネスレが冷凍ピザ製品「DiGiorno」を3分で焼き上げるピザ自動販売機の試験を…

Novameatが約7億円を調達、独自3Dプリント技術による代替ステーキ肉製造の更なるスケール化へ

独自の3Dプリント技術を使い植物性の代替ステーキ肉を製造するバルセロナのスタート…

牛を手放し「型破り」な転身を実現したイギリス農家と、それを支援するRefarm’d

畜産農家のなかには、古くからのやり方はよくないと思いながらも、ほかに生計を立てる…

代替肉ブランドTiNDLEを開発するNext Gen Foodsが約114億円を調達、米国本格進出へ

植物由来の代替肉を開発するシンガポール企業Next Gen Foods(ネクスト…

次回Foovoセミナーのご案内

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

精密発酵レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,671円(04/19 12:11時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(04/19 21:26時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(04/19 00:56時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(04/19 18:01時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(04/19 10:46時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(04/19 21:00時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP