代替プロテイン

Space Fが韓国初の培養鶏肉と牛肉、そして培養豚肉プロトタイプを発表

 

韓国の培養肉企業SpaceFは、既存の培養豚肉プロトタイプをさらにアップグレードした培養豚肉と、ミートボールやパティとして使用される新しい培養牛肉プロトタイプ、そしてSpaceF初となる培養鶏のささみとナゲットを発表した。

新しく改良された培養豚肉は、「白いソーセージ」と言われるドイツの伝統的なヴァイスヴルストとして作られた。

今回のアップグレードでは、当初より少ない足場材料で、筋肉組織がより発達されており、繊維質が従来の豚肉に非常に似ているという。

世宗大学・ソウル国立大学と連携して開発した培養豚肉

出典:SpaceF

SpaceFは2021年5月、世宗大学とソウル国立大学と連携し韓国初の培養豚肉プロトタイプを発表した

SpaceFは、ウシ胎児の血液からとれる血清・ウシ胎児血清(FBS)を使用しない培養肉の開発に精力的に取り組んでいる。FBSは安定性や安全面、倫理面など様々な課題のある培地成分のため、多くのスタートアップが代替品を探し求めているものだ。

SpaceFの最高経営責任者(CEO)であるキム・ビョンフン氏は声明で「今回のプロトタイプと既存の培養肉を比較すると、大量生産の技術と無血清培養技術を使用することで価格を下げるための基盤技術を構築した。私たちは、食品市場における消費者の多様なニーズに積極的に対応していく」と表明している。

更なる商業化と低価格実現に向けたパートナーシップ

出典:SpaceF

SpaceFは2021年、Daesang Corporationと連携を発表し、韓国の培養肉企業を世界に通用するプレーヤーにすることを目標としたパートナーシップを結んだ。現在、2025年までに規制当局の承認を取り製品の商品化をするという目標に向けて進んでいる。

そして従来の肉と同等の価格での提供という面では、Daesang に加え、培養肉の無血清培地を開発しているXcell Therapeuticsとの連携でさらに促進されることが期待されている。

また、SpaceFは2021年8月にシリーズAで630万ドル(約7.7億円)を調達しており、今回のプロトタイプをもとにさらなる生産規模の拡大を図る。

成長する韓国の代替タンパク質業界

出典:SpaceF

近年、韓国初の代替タンパク質企業が多数、革新的な動きを起こしている

植物性チーズを開発するYangyooは米国市場へ参入を予定しており、CellMEATはFBSを使用しない培養独島エビのプロトタイプを発表している。

またヴィーガン牛肉のメーカーであるZikooinはアジア最大の植物ベースの製造工場を建設する計画を発表している。

近年韓国のヴィーガン人口は増加しており、特にコロナウイルス感染拡大時に露呈した肉産業の健康上の危険と持続不可能な特性を受けて更なる加速を見せている。

韓国菜食主義連合(KVU)が発表した統計によると、韓国国内では約50万人もの+ヴィーガンがおり、10年以内に3倍に増えたという。また植物中心の食事をするフレキシタリアンが特に増加すると予想しており、1000万人(韓国人口の20%)に達する可能性があると推定している

 

参考記事

Space F Claims Korea’s First Cultivated Chicken And Beef Prototypes Alongside New Pork 2.0

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Space F

 

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉・魚開発に取り組む企業をまとめたレポート2報を無料でお配りしております。

●全101社

●全23ページ

の無料レポートです(2022年3月更新版)。

登録は1分で終わります(下記画像をクリックするとページにジャンプします)。

 

>> <<

関連記事

  1. 【完全保存版】培養肉ベンチャー企業20社まとめ【2020年】
  2. 植物性卵・培養鶏肉を開発するイート・ジャストが新たに約219億円…
  3. 「競争よりも共創」代替肉で環境問題に挑むネクストミーツが目指すも…
  4. 微生物発酵でシーフードを開発するAqua Cultured Fo…
  5. 微生物を活用してアニマルフリーなチーズを開発するFormo、年内…
  6. 培養シーフードのShiok Meatsが培養肉企業Gaia Fo…
  7. 植物性ペットフードV-planetが日本、韓国で発売を開始
  8. 牛を使わずに乳製品を開発するDe Novo Dairy|南アフリ…

おすすめ記事

青果物の鮮度保持期間を延ばすHazel Technologiesが約76億円を調達

アメリカ農務省(USDA)によると、アメリカでは供給される食料の30-40%が廃…

菌糸体ベーコンを開発するAtlast Foodが社名をMyForest Foodsに変更、今秋に2工場を開設

菌糸体由来の代替肉を開発するアメリカ企業Atlast Foodは25日、社名変更…

Moleyが自動調理ロボット「モーレイ・ロボット・キッチン」の販売を開始

調理ロボットを製造するイギリスのモーレイロボティックス(Moley Roboti…

800DegreesとPiestroが提携し完全自動のピザ自販機製作を開始

自動ピザ製造販売機を製作しているPiestroは昨年8月、大手ピザレストランの8…

中国の培養肉Joes Future Foodが約12億円を調達、実証プラント建設へ

中国の培養肉企業Joes Future Food(中国語名:周子未来)がシリーズ…

南米を代表するチリのフードテック企業NotCo、シェイク・シャック創業者ダニエル・マイヤー氏から支援を受ける

アマゾン創業者のジェフ・ベゾス氏から支援を受けるチリの代替ミルク企業NotCoが…

ニュースメルマガ登録で無料レポートをプレゼント

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(05/22 18:01時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(05/23 11:51時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,881円(05/22 23:08時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP