Foovo Deep

ひよこ豆タンパク質粉末を開発するChickPが約9億円を調達

 

ひよこ豆を原料にタンパク質粉末の開発に注力するイスラエル企業ChickPが、シリーズAラウンドで800万ドル(約9億1000万円)を調達した。

Genisys Capital Privateがラウンドを主導、ベジタリアン向けの食品ソリューションを提供するシンガポール企業Growthwell Groupが参加した。

グローバル展開を加速するひよこ豆タンパク質スタートアップ

出典:ChickP

ChickPはニュートラルな味と高い機能性が特徴のひよこ豆タンパク質粉末を製造している。エルサレムのヘブライ大学で開発された特許技術を活用しており、ひよこ豆タンパク質を90%含有するのが特徴だ。

栄養価が高く、無味な同社製品は、ドリンク、スナック、シリアル、代替肉、代替乳製品など幅広い食品に適用できる。

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

関連記事

アイキャッチ画像の出典:ChickP

 

関連記事

  1. 酵母で油脂を開発するMelt&Marbleが約9600…
  2. 2023年精密発酵業界の全貌:認可企業の動向、2024年予測、C…
  3. Remilkの精密発酵乳タンパク質がシンガポール当局の認可を取得…
  4. ChickPがひよこ豆由来のクリームチーズ、チェダーチーズを開発…
  5. 6つの豆タンパク質から代替魚を開発する米Good Catch、カ…
  6. フードテックで注目|精密発酵セミナー開催のお知らせ
  7. 培養母乳を開発するイスラエル企業Bio Milk、2022年にサ…
  8. 世界初|スペインの乳製品メーカー、細胞農業による乳製品開発を支援…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

イート・ジャストがシンガポールにアジア初の生産拠点を建設、培養肉の協業も

植物性代替卵のイート・ジャストがアジア進出拡大に乗り出した。投資機関Pr…

培養ウナギ肉の開発に取り組む北里大学・池田大介准教授にインタビュー

写真はイメージ画像日本で江戸時代から食されてきたウナギは絶滅危惧種に指定…

微生物発酵でシーフードを開発するAqua Cultured Foods、2022年の市場投入を目指す

アメリカを拠点とするAqua Cultured Foodsは、微生物発酵技術によ…

牛を手放し「型破り」な転身を実現したイギリス農家と、それを支援するRefarm’d

畜産農家のなかには、古くからのやり方はよくないと思いながらも、ほかに生計を立てる…

Mycorenaが菌類由来の代替脂肪「Mycolein」の発売を発表

スウェーデン企業Mycorenaが菌類由来の代替脂肪「Mycolein(マイコレ…

牛を使わずに乳タンパク質を開発するイスラエルのRemilkが約139億円を調達

精密発酵によりアニマルフリーな乳製品を開発するイスラエル企業Remilkがシリー…

次回Foovoセミナーのご案内

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

精密発酵レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,671円(04/19 12:11時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(04/19 21:26時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(04/19 00:56時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(04/19 18:01時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(04/19 10:46時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(04/19 21:00時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP