Foovo Deep

「代替タンパク質大国」を目指すイスラエルの今をクローズアップ-2022年2月-|市場動向・新規スタートアップ企業・研究者・政府の動き

 

イスラエルの代替タンパク質企業は100社以上に上り、うち40%がブレイクスルー技術を有するスタートアップとされる。

具体的には、培養肉企業が8社(畜産肉の代替肉が4社、培養シーフードが4社)、培養ミルク企業が1社発酵タンパク質企業が10社ある。発酵タンパク質のスタートアップ数ではアメリカに次ぐ世界2位となる。

スタートアップを支援するインキュベーター、アクセラレーターは7つあり、多くの場合、民間部門と公的部門が共同で資金提供している。

2018年から2020年まで3年間の代替タンパク質の調達額は、サイバーセキュリティなどイスラエルのほかの主要産業をはるかに上回り、1位となった。

2021年には培養シーフード企業が新たに4社登場(企業名は記事後半に記載)したことからも、イスラエルの代替タンパク質市場は急速に伸びているといえる。

本記事では、イスラエルの代替タンパク質市場について、植物肉・培養肉・発酵タンパク質のカテゴリ別状況、他セクターとの比較から、主要研究者、政府による取り組み、細胞農業スタートアップ企業(2022年2月現在)の情報をまとめている(全6700字)。

イスラエルの代替タンパク質:カテゴリ別の状況

イスラエル経済省によると、イスラエルの1人あたりの研究開発投資は世界1位となる。

出典:GFI Israel

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

 

関連記事

アイキャッチ画像はFuture Meatの画像を引用し、Foovoが作成

 

関連記事

  1. 中国の培養肉スタートアップ南京周子未来食品が約3億円を資金調達
  2. 精密発酵スタートアップが欧州の「不透明な」規制枠組みの改善に向け…
  3. モサミートはいかにしてFBSを使わずに培養牛肉を生産したのか?研…
  4. DSM・フォンテラが設立した精密発酵企業Vivici、資金調達を…
  5. 培養魚スタートアップのFinless Foodsが植物性マグロに…
  6. 牛を使わずにモッツアレラチーズを開発する米New Culture…
  7. イギリスのマクドナルドがマックプラントを導入、2022年に全国導…
  8. 6つの豆タンパク質から代替魚を開発する米Good Catch、カ…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

菌類由来の熱安定性に優れたビーガン着色料を開発するMichromaとは

アルゼンチンのMichroma(ミクロマ)は菌類を活用してビーガンな赤色着色料の…

イスラエルのChickPがひよこ豆由来のビーガンマヨネーズを開発

イスラエルのChickPが、ひよこ豆を原料とした植物性マヨネーズを開発した。…

廃水を活用して菌糸体タンパク質を開発するHyfé Foods、スケールアップを前倒しで完了

代替タンパク質などの必需品を持続可能な方法で生産するアメリカの気候テック企業Hy…

米Liberation Labs、アメリカで精密発酵工場の建設を開始

米Liberation Labsは先月、アメリカ、インディアナ州リッチモンドで専…

中国の植物肉ブランドHey Maetが資金調達に成功、中国全土への展開を狙う

中国の植物肉ブランドHey MaetはShuangta Food(双塔食品)より…

Steakholder Foodsが3Dプリンティングによる培養霜降り牛肉を発表

イスラエルの培養肉企業Steakholder Foods(旧称MeaTech)は…

次回Foovoセミナーのご案内

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

精密発酵レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,671円(04/19 12:11時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(04/19 21:26時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(04/19 00:56時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(04/19 18:01時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(04/19 10:46時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(04/19 21:00時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP