Foovo Deep

「代替タンパク質大国」を目指すイスラエルの今をクローズアップ-2022年2月-|市場動向・新規スタートアップ企業・研究者・政府の動き

 

イスラエルの代替タンパク質企業は100社以上に上り、うち40%がブレイクスルー技術を有するスタートアップとされる。

具体的には、培養肉企業が8社(畜産肉の代替肉が4社、培養シーフードが4社)、培養ミルク企業が1社発酵タンパク質企業が10社ある。発酵タンパク質のスタートアップ数ではアメリカに次ぐ世界2位となる。

スタートアップを支援するインキュベーター、アクセラレーターは7つあり、多くの場合、民間部門と公的部門が共同で資金提供している。

2018年から2020年まで3年間の代替タンパク質の調達額は、サイバーセキュリティなどイスラエルのほかの主要産業をはるかに上回り、1位となった。

2021年には培養シーフード企業が新たに4社登場(企業名は記事後半に記載)したことからも、イスラエルの代替タンパク質市場は急速に伸びているといえる。

本記事では、イスラエルの代替タンパク質市場について、植物肉・培養肉・発酵タンパク質のカテゴリ別状況、他セクターとの比較から、主要研究者、政府による取り組み、細胞農業スタートアップ企業(2022年2月現在)の情報をまとめている(全6700字)。

イスラエルの代替タンパク質:カテゴリ別の状況

イスラエル経済省によると、イスラエルの1人あたりの研究開発投資は世界1位となる。

出典:GFI Israel

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

 

関連記事

アイキャッチ画像はFuture Meatの画像を引用し、Foovoが作成

 

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉・魚開発に取り組む企業をまとめたレポート2報を無料でお配りしております。

●全101社

●全23ページ

の無料レポートです(2022年3月更新版)。

登録は1分で終わります(下記画像をクリックするとページにジャンプします)。

 

>> <<

関連記事

  1. 培養魚のWanda Fishがタフツ大学と独占的ライセンス契約を…
  2. トマトで代替マグロを開発するスペイン企業Mimic Seafoo…
  3. ダノンとBrightseedが提携を拡大、AIを活用して植物の隠…
  4. Gelatex、年間300トンの培養肉生産を可能とする足場生産の…
  5. 米イート・ジャスト、新しい培養鶏肉製品で再びシンガポール当局の販…
  6. スーパーミート、来年アメリカに培養肉工場建設を計画
  7. Cooler Screens|店舗の冷蔵食品棚を動的な広告に変え…
  8. イスラエルの培養肉企業MeaTechが世界で初めてNasdaq市…

おすすめ記事

ピザ自販機のカナダ企業PizzaFornoがアメリカへ進出

新型コロナの発生により、自動販売機が新しく生まれ変わろうとしている。日本…

えんどう豆由来の代替ミルクを開発するSproudが約6.8億円を調達

えんどう豆を主原料に代替ミルクを開発するSproudが480万ポンド(約6億8千…

韓国LOUNGE’LABがロボットアイスクリームショップBrown Banaをソウルにオープン

AI、ロボット、ブロックチェーンを活用する韓国のスタートアップLOUNGE'LA…

スウェーデンHookedが約6200万円を調達、2021年春にスウェーデンで市販化予定

このニュースのポイント●スウェーデンHooked…

食料品店の救世主!食品廃棄を減らして売上を伸ばすShelf Engineが約44億円を調達

食料品店が直面する食品廃棄・在庫切れ問題を、AIを活用して解決するShelf E…

Alt Farmは3Dプリンターで作った植物代替和牛で2023年の上市を計画

香港科技大学からうまれたAlt Farmは3Dプリンター技術の活用を進める会社で…

ニュースメルマガ登録で無料レポートをプレゼント

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(05/22 18:01時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(05/23 11:51時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,881円(05/22 23:08時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP