Foovo Deep

鶏を使わずに卵白タンパク質を開発するフィンランド企業Onego Bioが約12億円のシード資金を調達

 

精密発酵により卵白タンパク質を開発するフィンランド企業Onego Bioはシードラウンドで1000万ユーロ(約12億円)を調達した

イギリスのベンチャーキャピタルAgronomics、フィンランドのベンチャーキャピタルMaki.vcが参加した。これはOnego Bioにとって初の資金調達となる。

同社はトリコデルマ・リーセイという糸状菌を活用し、世界で最も使用される動物タンパク質である卵に関連する環境問題の解決を目指している。

鶏を使わずに同等な卵白タンパク質を開発するOnego Bio

出典:Onego Bio

Onego Bioはフィンランド技術研究センター(VTT)のスピンオフベンチャーとして2022年に設立された。創業間もないスタートアップだが、共同創業者のChristopher Landowski氏Jussi Joensuu氏はVTTで長年にわたり、卵白タンパク質の開発に従事してきた。

Landowski氏はVTTが先日Naturefoodに発表した論文の共著者でもある。

残る1名の共同創業者兼CEOであるMaija Itkonen氏はOnego Bio発足にあたりメンバーに加わった。

CEOのMaija Itkonen氏 出典:Onego Bio

オーツ麦由来の植物肉企業Gold&Greenの創業者であるItkonen氏は、6年前の植物肉と、現在の細胞農業には共通点があると考える。

現在、国内外とりわけ海外では、食料品店に植物肉製品が陳列されることは珍しくない。しかし、同氏がGold&Greenを立ち上げた6年前はそうではなかった。現在の細胞農業についても、「本物の商品が市場に出るのを待つだけ」の状態だと見る。

Gold&Greenのオーツ麦由来肉は15ヵ国で販売されている。植物肉が市民権を得た今、「新しいことを始める時期が来た」と考えた同氏は、Onego Bioの立ち上げに加わった。

精密発酵:ヒトインスリンから卵白タンパク質まで

出典:Onego Bio

ゲル化、発泡、結合、乳化などの独自の機能性を備える卵白は、代替成分で置き換えるのが非常に困難とされる。

そこで近年、急速に利用が拡大しているのが精密発酵だ。

精密発酵はビールの醸造に似ている。糖を取り込んだ微生物は発酵によりアルコールを生成する。精密発酵では、微生物には卵白タンパク質の「情報」がプログラムされている。「情報」を持った微生物に糖を与えると、アルコールではなく、卵白タンパク質が分泌される。

酵母を例に精密発酵を図解したもの Foovo作成

最終産物をろ過・精製することで、動物を使うことなく目的のタンパク質を入手できる。

このように微生物を「生産工場」として活用する手法を精密発酵という。精密発酵は1980年代にジェネンテック社がヒトインスリン全合成に成功したブレイクスルーから始まり、コスト削減とともに現在、食品の領域に浸透している。

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Onego Bio

 

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉・魚開発に取り組む企業をまとめたレポート2報を無料でお配りしております。

●全101社

●全23ページ

の無料レポートです(2022年3月更新版)。

登録は1分で終わります(下記画像をクリックするとページにジャンプします)。

 

>> <<

関連記事

  1. 植物性代替肉SavorEatがイスラエルでIPO(上場)、202…
  2. 世界初|MeliBioがミツバチを使わない「本物のハチミツ」を試…
  3. 中国の植物肉HEROTEINが米培養油脂Mission Barn…
  4. 代替油脂のパイオニアCUBIQ Foodsが約7.8億円を調達、…
  5. アフリカ発の培養肉企業Mzansi Meat、2022年後半の市…
  6. Big Idea Venturesの第3コホートに参加する15社…
  7. 中国企業HaoFoodのピーナッツを原料とする代替肉が上海レスト…
  8. オーストラリアv2foodが約57億円を資金調達、植物性代替肉で…

おすすめ記事

モサミートがEUから助成金を授与、Nutrecoと共同で培地コストの1/100削減を見込む

オランダの培養肉企業モサミートと同社のパートナー・投資会社であり水産飼料大手Nu…

イスラエルの培養肉Future Meatが世界初の培養肉生産施設をイスラエルに開設

イスラエルの培養肉企業Future Meatが世界初の産業用培養肉生産施設を開設…

菌糸体からステーキ肉を開発するMeati Foodsが約55億円を調達、2022年に商品の販売へ

菌糸体からブロック肉を開発する米Meati Foodsが、シリーズBで5000万…

Finless Foodsが約40億円を調達、培養マグロの製造と植物性マグロの販売を拡大へ

植物由来や細胞培養の代替シーフードを製造するアメリカのFinless Foods…

香港グリーンマンデーがイギリス飲食店に進出、今年中に本格展開へ

香港グリーンマンデーがイギリスに進出する。同社の代替ポーク『オムニポーク…

フィンランドの研究チームが精密発酵による代替卵白の開発に成功

フィンランドの研究チームは精密発酵技術により、動物を使うことなく卵白タンパク質の…

ニュースメルマガ登録で無料レポートをプレゼント

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(05/22 18:01時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(05/23 11:51時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,881円(05/22 23:08時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP