代替プロテイン

じゃがいもを原料に代替チーズソースを開発したLoca Foodとは

>> <<

 

現在、プラントベースの代替チーズの原料は、カシュー、アーモンド、ココナッツ、大豆などがあるが、じゃがいもを原料に使う企業は多くない。

そんな中、Loca Foodはじゃがいもを使って植物性のチーズソースを開発している。

主原料は、じゃがいも、人参、ひまわり油で、すべてGMO(遺伝子組換え)でない原料を使用している。

チーズのような風味を出すために栄養酵母も使っている。

出典:Loca Food

Loca Foodは、サンフランシスコのオラクル・スタジアム、サンフランシスコ大学、アメリカの半導体メーカーNVIDIAなどで2019年からパイロット販売を実施していた。

2020年にはレストラン、小売、野球場で発売予定だった。しかし、多くの企業同様、コロナウイルスの影響を受け、計画を中断せざるを得なかった。

現在はホームページでのみ販売しているが、まもなくサンフランシスコの食料品宅配会社Good EggsやシカゴのPop-Up Grocerでも取扱いが開始される。

ホームページでは1本あたり約350mLの2本入りを25ドルで販売している。味はマイルドとスパイシーの2種類。

出典:Loca Food

Loca Foodはアメリカ南部で育った創業者Lauren Joyner(ローレン・ジョイナー)氏のこだわりから生まれた。

多くの人がプラントベースへ移行するように、ローレンの友人や家族もプラントベースへ移行した。

その中で、ローレンはプラントベースへシフトした人の中に動物由来のチーズソースだけは手放せない人が多いことに気づく。

地元で探しても、動物性チーズに代わる代替品は非常に限られていた。あったとしても、高価で、アレルゲンとなるナッツを原料にしているものばかり。

そうした現状を知ったローレンは、植物原料を使ったチーズを作ることを決意する。

創業者のLauren Joyner氏 出典:Loca Food

Loca Foodのチーズは、原料にアーモンド、大豆、乳製品、グルテンといったアレルギー物質を含まないため、アレルギーを持つ人にとっては有望な選択肢となる。

米国国立衛生研究所(NIH)によると、世界人口の65%は乳糖不耐症とされる。

ヴィーガンチーズの市場規模は今後も増加が見込まれ、2019年には12億ドルだったヴィーガンチーズ市場は2027年には44億ドルに達すると予想されている。

出典:Loca Food

アレルゲンにならない代替チーズを作る企業にはLoca Food以外にも、カリフラワーを使うGrounded Food、レギューム(マメ科植物)を使うNoquoなどがある。

アレルゲンに限定しなければ、微生物を発酵させて牛乳に含まれるものと同じ乳タンパク質を開発するパーフェクトデイChange FoodsLegendairy Foodsなどがある。

このほか、Loca Foodのようにじゃがいもを原料にチーズを作る企業もいる。

GOOD PLANeTはココナッツオイルとじゃがいものデンプンを使ってモッツァレッラチーズを開発している。HeartBestは、じゃがいもとタピオカのデンプンと使ってシュレッドタイプのチーズを作っている。

Loca Foodはサンフランシスコを拠点とするスタートアップ企業で、これまでにシードラウンドで資金調達を実施している(調達額は非公開)。

ラウンドはSiddhi Capitalが主導し、Clear Current CapitalRose Culinaryやエンジェル投資家が参加した。

 

参考記事

Loca Food Makes Vegan Queso Cheese from Potatoes

 

関連記事

 

アイキャッチ画像の出典:Loca Food

 

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉開発に取り組む企業をまとめたレポートを無料でお配りしております。

●全66社

●全15ページ

の無料レポートです。

登録は1分で終わりますので、ぜひこの機会にご利用ください。

メールマガジンにご登録いただいた方には、 週1~2回フードテックの最新ニュースをお届けしております。

↓↓↓↓↓

メールマガジン登録はこちらから

 

>> <<

関連記事

  1. 培養肉はどんな産業を生み出すのか?|SKSJ2020参加レポート…
  2. イスラエルの培養肉Future Meatが世界初の培養肉生産施設…
  3. ネスレがマレーシアに植物肉工場を建設&乳製品フリー「ミロ」を発売…
  4. ビル・ゲイツも出資|細胞培養により代替母乳の開発を目指すBiom…
  5. 中国発の培養肉企業CellXが資金調達、2021年に試作品発表へ…
  6. ほうれん草の葉を使った培養肉用の新しい食用足場|ボストンカレッジ…
  7. 大豆を使ってチーズを開発するNobell Foodsが約82億円…
  8. バイオ3Dプリンターで植物性代替サーモンを開発するLegenda…

おすすめ記事

チリのユニコーン企業NotCoが約259億円を調達、アメリカに続き欧州・アジアを目指す

代替ミルクなどプラントベース食品を開発するチリのユニコーン企業NotCoがシリー…

スイスの研究チームが研究室で細胞培養によるチョコレートを開発

細胞培養による培養肉の開発が世界的に進んでいるが、今後はチョコレートも工場で作ら…

エリンギ由来のジャーキーを作るハワイ発のMoku Foods

ハワイを拠点とするスタートアップ企業Moku Foodsは植物性ジャーキーを発売…

サムスンがIoTアプリに買い物機能を備えた「SmartThings Cooking」を追加、シームレスな料理を追求

サムスンはCES2021でレシピ検索から買い物機能まで備えたSmartThing…

個人から企業まで|貼るだけで果物の鮮度を保持するシールを開発したRyp Labsとは

アメリカ、ワシントン州を拠点とするRyp Labsは、果物の保存期間を最大14日…

代替肉のRedefine Meatがイスラエルで5つの新商品を発売、年内の欧州進出を目指す

3Dプリンターを活用するイスラエルの代替肉企業Redefine Meat(リディ…

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業66社をまとめたレポート(全15ページ)を無料でお配りしております。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(07/30 13:52時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(07/30 07:38時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
990円(07/30 18:09時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています

Foovoによる【今月のピックアップ本】

ミドリムシ博士の超・起業思考 ユーグレナ最強の研究者が語る世界の変え方

ミドリムシ博士の超・起業思考 ユーグレナ最強の研究者が語る世界の変え方

鈴木健吾
1,650円(07/30 07:55時点)
発売日: 2021/04/16
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP