Foovo Deep

細胞培養により牛乳を開発するBrown Foodsが約3.2億円を調達

 

哺乳類細胞の培養により牛乳を開発するBrown Foodsは今月、シードラウンドで236万ドル(約3億2000万円)を調達した。

アメリカ、インドに拠点を構えるBrown Foodsは調達した資金を、商品開発、培養プロセスのスケールアップにあてる。

Brown Foodsは設立1年のスタートアップだが、3ヶ月で「本物の牛乳」を生産できたと発表している来年には「小規模なスケールアップ」を実現し、今後数年以内に市場へ商品を投入することを目指している。

本物の牛乳の再現に挑戦するBrown Foods

イメージ画像

代替乳製品市場は成長を続けており、2021年にはアメリカの植物ミルク売上は26億ドルに達し、小売全体の16%を占めた

しかしBrown Foodsは、植物由来ミルクでは従来の乳製品を完全に置き換えることはできないと考えている。

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:イメージ

 

関連記事

  1. ノルウェー研究評議会が5年間の細胞農業プロジェクトに出資、培養肉…
  2. 培養肉用の安価な足場を開発するGelatexが約1.3億のシード…
  3. Ÿnsectのミールワームタンパク質、アメリカでペットフード製品…
  4. 細胞培養ソーセージを開発するNew Age Meatsが約28億…
  5. DAIZが植物性代替卵「ミラクルエッグ」の開発に成功、ハイブリッ…
  6. 米Lypid、独自のビーガン脂肪を使用した代替豚バラ肉Lypid…
  7. 代替魚・代替シーフードベンチャー企業25社まとめ【2021年版カ…
  8. スーパーミート、来年アメリカに培養肉工場建設を計画

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

ソーラーフーズ、シンガポールでソレインの販売認可を取得

二酸化炭素と微生物を活用して代替タンパク質ソレインを開発するソーラーフーズ(So…

微生物発酵CDMOのスイス企業Planetaryがコニカミノルタと提携、発酵タンパク質の生産性向上・コスト削減を目指す

スイスに拠点を置くバイオマス発酵・精密発酵のCDMO企業Planetaryは今月…

EUが出資するFEASTSが発足:欧州における培養肉・培養シーフードの未来を拓く共同研究コンソーシアム

先月、培養肉・培養シーフードに関する欧州のコンソーシアムFEASTS(Foste…

「本物のようにほぐれる」ホールカットの代替タラを開発するアイルランド企業Sea&Believe

アイルランドのスタートアップSea&Believeは、ビーガン向けホール…

RoboBurgerが世界初のハンバーガー全自動販売機の提供を開始

過去にはピザの自販機やサラダボウルの自販機を取り上げてきたが、アメリカの代表的な…

3D Bio-Tissuesが植物性足場を使用しない培養ステーキ豚肉の開発に成功

イギリスの培養肉スタートアップ3D Bio-Tissuesは、100%の培養ステ…

マイコプロテイン・菌糸体タンパク質レポート好評販売中

精密発酵レポート好評販売中

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,760円(07/19 13:05時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(07/19 22:32時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(07/20 02:17時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(07/19 18:59時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(07/20 11:33時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(07/19 21:57時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP