Foovo Deep

細胞培養により牛乳を開発するBrown Foodsが約3.2億円を調達

 

哺乳類細胞の培養により牛乳を開発するBrown Foodsは今月、シードラウンドで236万ドル(約3億2000万円)を調達した。

アメリカ、インドに拠点を構えるBrown Foodsは調達した資金を、商品開発、培養プロセスのスケールアップにあてる。

Brown Foodsは設立1年のスタートアップだが、3ヶ月で「本物の牛乳」を生産できたと発表している来年には「小規模なスケールアップ」を実現し、今後数年以内に市場へ商品を投入することを目指している。

本物の牛乳の再現に挑戦するBrown Foods

イメージ画像

代替乳製品市場は成長を続けており、2021年にはアメリカの植物ミルク売上は26億ドルに達し、小売全体の16%を占めた

しかしBrown Foodsは、植物由来ミルクでは従来の乳製品を完全に置き換えることはできないと考えている。

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:イメージ

 

関連記事

  1. Redefine Meatが70のレストランと新規パートナーシッ…
  2. イート・ジャストの培養肉部門GOOD Meatが約184億円を調…
  3. 豆を使わずに細胞培養コーヒーを開発するフランス企業STEM
  4. 【5/17】廉価な成長因子を開発するスタートアップNUProte…
  5. 日立造船とNUProtein、成長因子生産に必要な原料の自動製造…
  6. ゲノム編集で熱帯作物の栽培効率を高めるTropic Biosci…
  7. 韓国の培養肉企業SeaWithは2022年末までにレストランでの…
  8. モサミートはいかにしてFBSを使わずに培養牛肉を生産したのか?研…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

単細胞タンパク質を開発する独MicroHarvest、ポルトガルにパイロット工場を開設、来年製品の発売へ

ドイツの単細胞タンパク質企業MicroHarvestは今月、ポルトガル、リスボン…

マクドナルド、ビヨンドミートと開発した植物性マックナゲットをドイツで発売

マクドナルドはビヨンドミートとの提携を通じて、ドイツのマクドナルド1400店舗で…

分子農業で代替タンパク質と成長因子を開発するスタートアップ企業4社

分子農業(Molecular Farming)とは、植物を「バイオリアクター」「…

ADMがAir Proteinと空気タンパク質を使用した代替肉の研究開発で提携

世界大手の農産物加工・食品原料メーカーである米ADM(アーチャー・ダニエルズ・…

杏子の種から植物ミルクを開発するKern Tecが約19億円を調達、廃棄される核果の種をアップサイクル

杏子、プラム、チェリーなどの核果の種を活用して、代替ミルク、スプレッドなどを開発…

Shiruが「見た目も挙動も動物油脂のような」植物性代替脂肪「OleoPro」を発表 

カリフォルニアを拠点とするフードテック企業Shiruは、最初の製品となる代替脂肪…

次回Foovoセミナーのご案内

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

精密発酵レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,671円(04/19 12:11時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(04/18 21:26時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(04/19 00:56時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(04/19 18:01時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(04/19 10:46時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(04/18 21:00時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP