Foovo Deep

Numilkが家庭用植物ミルクメーカーを発表、クラファンの累計支援額は目標の2倍以上に

 

感染が拡大する新型コロナウイルスの影響を受け、トッピングやカスタマイズが自由な次世代自販機や、家庭用フードロボットが海外では増えている。

通常、次世代自販機または家庭用フードロボットのどちらかに取り組む企業がほとんどだが、中にはラーメン自販機から家庭用調理器までてがけるYo-Kai Expressのような企業もある。

ニューヨークを拠点とするNumilkも、植物性代替ミルク(プラントベースミルク)の次世代自販機から始まり、このほど家庭用の植物ミルクメーカーNumilk Homeを発表した。

自宅で植物ミルクを作れるNumilk Home

Numilk Homeは自宅で植物性代替ミルクを作れる家庭用フードロボット。

コーヒーメーカーほどの大きさのNumilkは数十秒で植物性ミルクを作ってくれる

本体には原料パウチと専用ボトルがついている。

使用方法は本体に水を注ぎ、専用ボトルを設置して、好きな原料パウチをトップにセットし、ボタンを押すだけ。

出典:Numilk

 

専用ボトルに材料と水が注がれ、混合される。16オンス(約450g)サイズの専用ボトルは食器洗浄機に対応しているので洗浄もお手軽だ。

専用ボトルの底には特別な乳化装置が搭載されており、ボトルに注がれた原料と水を乳化する

原料パウチはアーモンド、大豆、オーツ麦、チョコレートなどさまざまなフレーバーが用意されている。

原料パウチには増量剤、加工された甘味料、保存料などは含まれない。例えばアーモンドであれば、細かく砕かれたアーモンド粉末とヒマラヤ岩塩と必要なものだけが含まれている。

ホールフーズに導入された次世代自販機Numilk Kiosk

出典:Numilk

家庭用Numilkは、同社がすでにスーパー9店舗に導入している自販機ミルクメーカーNumilk Kioskの家庭用バージョンとなる。

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

 

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉・魚開発に取り組む企業をまとめたレポート2報を無料でお配りしております。

●全101社

●全23ページ

の無料レポートです(2022年3月更新版)。

登録は1分で終わります(下記画像をクリックするとページにジャンプします)。

 

>> <<

関連記事

  1. 培養ハイブリッド肉を開発する米New Age Meatsが約2億…
  2. ロティ、ピザなどのフラットブレッドを90秒で作る家庭用フードロボ…
  3. 食肉大手JBSが培養肉に参入、培養肉企業BioTech Food…
  4. 微生物発酵でサステイナブルな着色料を開発するデンマーク企業Chr…
  5. UPSIDE Foodsが培養シーフード企業Cultured D…
  6. 二酸化炭素から動物飼料用のタンパク質を作るDeep Branch…
  7. 肉屋出身者が立ち上げたIvy Farm|2023年までに英国で培…
  8. 800DegreesとPiestroが提携し完全自動のピザ自販機…

おすすめ記事

タイソンが出資するNew Wave Foodsが代替エビをアメリカの飲食店で発売

アメリカのスタートアップ企業New Wave Foodsは、アメリカの飲食店で植…

培養肉用の安価な足場を開発するGelatexが約1.3億のシード資金を調達

エストニアの培養肉スタートアップ企業Gelatexはシードラウンドで120万ドル…

ニューヨーク発・シェフと消費者をつなぐCookUnity|パーソナライズされた定期デリバリー

コロナウイルスの発生で、外食の機会が減り、ウーバーイーツなどデリバリーを取る機会…

スターバックスがパーフェクトデイの代替ミルクを試験導入

スターバックスが、アニマルフリーな乳製品を開発するパーフェクトデイの代替ミルクを…

ドイツのAlife Foodsがアニマルフリー培養培地を用いて培養シュニッツェルを開発

ドイツのフードテックスタートアップAlife Foodsは、欧州のスパイス大手F…

イスラエルのFuture Meatが培養肉の生産コスト削減に再び成功

イスラエルの培養肉スタートアップFuture Meatが、培養鶏肉の生産コスト削…

ニュースメルマガ登録で無料レポートをプレゼント

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(05/21 17:58時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(05/22 11:51時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,881円(05/21 23:08時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP