ロボット

Numilkが家庭用植物ミルクメーカーを発表、クラファンの累計支援額は目標の2倍以上に

 

感染が拡大する新型コロナウイルスの影響を受け、トッピングやカスタマイズが自由な次世代自販機や、家庭用フードロボットが海外では増えている。

通常、次世代自販機または家庭用フードロボットのどちらかに取り組む企業がほとんどだが、中にはラーメン自販機から家庭用調理器までてがけるYo-Kai Expressのような企業もある。

ニューヨークを拠点とするNumilkも、植物性代替ミルク(プラントベースミルク)の次世代自販機から始まり、このほど家庭用の植物ミルクメーカーNumilk Homeを発表した。

自宅で植物ミルクを作れるNumilk Home

Numilk Homeは自宅で植物性代替ミルクを作れる家庭用フードロボット。

コーヒーメーカーほどの大きさのNumilkは数十秒で植物性ミルクを作ってくれる

本体には原料パウチと専用ボトルがついている。

使用方法は本体に水を注ぎ、専用ボトルを設置して、好きな原料パウチをトップにセットし、ボタンを押すだけ。

出典:Numilk

 

専用ボトルに材料と水が注がれ、混合される。16オンス(約450g)サイズの専用ボトルは食器洗浄機に対応しているので洗浄もお手軽だ。

専用ボトルの底には特別な乳化装置が搭載されており、ボトルに注がれた原料と水を乳化する

原料パウチはアーモンド、大豆、オーツ麦、チョコレートなどさまざまなフレーバーが用意されている。

原料パウチには増量剤、加工された甘味料、保存料などは含まれない。例えばアーモンドであれば、細かく砕かれたアーモンド粉末とヒマラヤ岩塩と必要なものだけが含まれている。

ホールフーズに導入された次世代自販機Numilk Kiosk

出典:Numilk

家庭用Numilkは、同社がすでにスーパー9店舗に導入している自販機ミルクメーカーNumilk Kioskの家庭用バージョンとなる。

Numilk Kioskは食料品店用の自販機で、買い物客がボタンを押すだけで、乳製品を含まない代替ミルクを作れる装置となる。

ユーザーはまず再利用可能な専用ボトルを2ドルで購入。専用ボトルは1回購入すれば何度でも使える。1杯のミルクの価格は3.99ドル。

Numilk Kioskで作られたミルクは、冷蔵庫にいれておくと7~10日ほど保存できる。

同社によると、各自販機の製造コストは現在3万ドルで、1個の自販機あたり年間5万ドルの収益をあげている自販機の生産数を増やせると、製造コストは1台あたり1万5000ドルまで下げられるという。

この記事を書いている時点で、Numilk Kioskはニューヨーク、ニュージャージーのホールフーズ(アメリカのスーパーチェーン店)8店舗と別のスーパー1店舗の計9箇所に導入されている。

出典:Numilk

同社が自販機タイプのNumilk Kioskをホールフーズに導入したのは2018年のこと。

2020年には、より多くの人に「無駄」を排除した、環境に優しく、美味しい植物性代替ミルクを届けるため、初となる卓上型のNumilk Proをリリース

6月には1台目がカフェに導入、これまでに5台が導入されている。

これは主にカフェ、レストラン、店舗用に開発されたもので、ボトルは32オンス(約900g)サイズとなる。

出典:Numilk

NumilkはAri Tolwin氏Joe Savino氏が2017年に設立したアメリカ東海岸を拠点とするスタートアップ。

起業家精神のほかにあったのは紙ナプキンに書いたアイディアだけ。手探りの状態でスタートした同社は、クレジットカード、ファミリーローンを最大限に駆使し、設立からわずか1年でニュージャージーにあるホールフーズに1台目の自販機を導入した。

この時導入された自販機Numilk Kioskは現在にいたるまで稼働を停止していない。

Numilkのチームは現在では12名に増え、本部をニューヨークに、技術と製造の拠点をノースカロライナ州ローリーにおいている。

クラウドファンディングでの調達額はすでに2倍に

自販機、店舗用のNumilkに続く家庭用のNumilk Homeはまだ開発段階となり、現在、キックスターターでクラウドファンディングを実施している。

2020年3月からNumilk Homeの開発をスタートした。2022年8月までに支援者に発送される。

約1000万円の目標額に対し、この記事を執筆時点で倍以上の2000万円を超える支援が集まっている

出典:Numilk

Numilkはクラウドファンディングに先立ち、アメリカのテレビ番組Shark Tankに3月に登場し、マーク・キューバン氏から200万ドル(約2億1000万円)の出資を受けている。

クラウドファンディングの発送先に残念ながら日本は含まれないが、アメリカ、プエルトリコ、カナダに住んでいる人は注文すると、来年の夏までにNumilk Homeが届く。

キックスターターで現在購入を受け付け中のNumilk Homeは1台(ボトル、原料パウチを含む)199ドル。限定500個の販売で、すでに479個の注文が入っている。

 

参考記事

Numilk’s Home Plant-Based Milk Machine Blows Past Kickstarter Goal

This company is making a Keurig-type gadget for plant-based milk — and they just landed a $2 million deal from Mark Cuban

Numilk Home | Plant-Based Milk Machine

 

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉開発に取り組む企業をまとめたレポートを無料でお配りしております。

●全66社

●全15ページ

の無料レポートです。

登録は1分で終わりますので、ぜひこの機会にご利用ください。

メールマガジンにご登録いただいた方には、 週1~2回フードテックの最新ニュースをお届けしております。

↓↓↓↓↓

メールマガジン登録はこちらから

 

>> <<

関連記事

  1. インドNymbleの料理ロボットJulia(ジュリア)がSKS2…
  2. トッピングから焼き上げまで3分で完成するピザ自販機Piestro…
  3. 夕飯の準備は出社前の2分で完了!冷蔵機能のあるスマート調理器具S…
  4. ロティ、ピザなどのフラットブレッドを90秒で作る家庭用フードロボ…
  5. コンタクトレスなキオスク型スムージーロボットBlendid、株式…
  6. 「移動型レストラン」自販機3.0のスウェーデン企業VEATが初の…
  7. Simbe Roboticsが在庫管理ロボットTally3.0を…
  8. Amazonで圧倒的な高評価を誇る家庭用カクテルロボットのBar…

おすすめ記事

チリのフードテックNotCoが約89億円の資金調達に成功、米国進出を目指す

チリのフードテックスタートアップのNotCoは、新たに約89億円の資金調達に成功…

安価な成長因子を開発するカナダのFuture Fieldsが約2億3千万円を調達、培養肉を「大衆品」に

培養肉開発のために安価な成長因子を開発するFuture Fieldsがシードラウ…

TurtleTree Scientificが商用規模での細胞培養培地の開発でJSBiosciencesと提携

細胞農業に取り組むTurtleTree Scientificが、商用規模での細胞…

細胞を培養して人工母乳を開発するTurtleTreeが約6億3千万円を調達

このニュースのポイント●人工母乳を開発するシンガ…

培養脂肪を開発するMission Barnsが約26億円を調達、パイロット工場の建設へ

シリコンバレーを拠点とする細胞農業スタートアップのMission Barnsがシ…

中国企業HaoFoodのピーナッツを原料とする代替肉が上海レストランで販売開始

上海を拠点とする代替鶏肉スタートアップHaoFoodが上海のレストランと代替肉の…

フードテックを理解するのに役立つ書籍

 

 

 

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業66社をまとめたレポート(全15ページ)を無料でお配りしております。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

PAGE TOP