代替プロテイン

【現地レポ】シンガポールの精肉スーパーHuber’s Butcheryが来月から培養肉を販売

2024年5月16日更新

 

シンガポールで培養肉が販売されてから2年。これまでに販売認可を取得した唯一の企業はアメリカのイート・ジャストだが、今月、新たな動きが発表された。

同社培養肉GOOD Meatがシンガポールの精肉店Huber’s Butcheryで販売されることとなった(予約が必要)。今月7日から10日まで、招待されたゲストは来年1月にレストランで提供される鶏肉料理を早期に入手できると発表された。

1月からHuber’s Butcheryで培養肉を購入できるほか、隣接するレストランHuber’s Bistroで、GOOD Meatの培養鶏肉料理を注文できるようになる(予約が必要で、在庫がある限り)。

Huber’s Butcheryは「陳列ケースとレストランメニューに地元で生産された新しい製品を追加できて嬉しく思います」とプレスリリースで述べている。

*上記の通り、Huber’s Butcheryの陳列コーナーでも販売する旨のプレスリリースを出していたが、実際は隣接レストランでの提供がメインだったと思われる(2024年5月追記)。

培養肉を販売、提供する世界初の精肉店Huber’s Butcheryとはどんな場所なのか?店を実際に訪れてみた。

培養肉を販売する世界初の精肉スーパーHuber’s Butchery

マーライオン公園からバスで郊外へ40分程行ったところにHuber’s Butcheryはある。オシャレエリアで知られるデンプシーヒルの入り口のすぐそばだ。

少し離れたところから撮影したのがこちら。

店頭には牛の看板が設置され、一目で精肉店だとわかった。

徒歩で来ている人は他にはおらず、郊外にも関わらず、車の往来が多い。

店の正面。ここは入口ではなく、出口。

2階が入口になっている。

2階からはいる不思議な構造だと思って進むと、肉コーナーが見えてきた。2階はソーセージなど加工肉を取り扱っているよう。

一定の間隔で壁にはディスプレイが設置されている。見ると、GOOD Meatの広告が流れている。

店員に培養肉があるか尋ねると、今はないけど1階だと教えてくれる。

1階の様子がこちら。2階よりも人が多い。

来月からここに培養肉が並ぶのかと想像してしまう。

列に並ぶと、順番に注文を聞いてくれる。培養肉について聞いてみたら、来月からだよとの回答。回答した店員は培養肉を食べたことはないと言っていた。

いろいろ聞きたかったけれど、仕事中なのでそれ以上は聞かず、店内を回ることに。

2階から入店して、1階へ行くにはエレベーターを使う。エレベーター横にフロア案内がある。

実はこのお店、現地の人には自明だが、精肉店というより、さまざまな食材を取り扱う高級スーパーというのが正しいと思う。

パスタやチーズ、調味料、油から野菜まで、必要なものは揃っていた。みりんなど日本の調味料も取り扱っている。

店内で見かけるのは西洋人が多く、富裕層エリアではないかと思う。

隣接レストラン「Hurber’s Bistro」で培養肉料理を提供

隣にHurber’s Bistroというレストランがある。ここで来月から、予約客限定で培養肉料理が提供されるようだ。

最初に培養肉を提供したシンガポールのレストラン「1880」は会員制レストランだが、Hurber’s Bistroは気軽に入れそうな感じで、もう少し敷居が低くなると思う。

Hurber’s Bistro。店内の様子が見える。

実はレストランのさらに奥には、買い物客・レストラン客限定の公園がある。子連れのファミリーがゆっくり食事を楽しめるように公園が併設されている。

シンガポール植物園に近く、郊外で視界を遮るものがないほど開けた場所なのに、車の往来が多いことから人気のあるスポットに見えた。一定の層が定期的に訪れる場所のようだった。

 

イート・ジャスト(GOOD Meat)のプレスリリース

GOOD Meat Partners with Huber’s, World’s First Butchery to Sell Cultivated Meat

https://www.goodmeat.co/butchery

 

関連記事

 

関連記事

  1. 精密発酵で代替パーム油を開発するC16 Biosciencesが…
  2. アレフ・ファームズ、タイ初の培養肉工場建設でBBGI、Fermb…
  3. 英培養肉企業Higher Steaksが約43億円を調達、社名を…
  4. 小麦胚芽由来の低コスト成長因子を開発する名大発スタートアップNU…
  5. タイソンの植物肉ブランドRaised & Rooted…
  6. BioBetterはタバコ植物を活用して培養肉用の成長因子を開発…
  7. 牛を使わずに乳製品を開発するDe Novo Dairy|南アフリ…
  8. 廃水を活用して菌糸体タンパク質を開発するHyfé Foods、ス…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

オーストラリアのVow、南半球最大の培養肉工場をオープン

オーストラリアの培養肉スタートアップVowは、年間30トンの培養肉を生産できる同…

Hyper-Robotics、「箱」の中でロボットがピザを作る完全自動化レストランをローンチ

イスラエルで完全自律型のロボットレストランを開発するHyper-Robotics…

フードロス削減に取り組むオランダ企業OneThirdが約1億9000万円を調達

フードロス削減に取り組むオランダ企業OneThirdが150万ユーロ(約1億90…

上海の培養肉企業CellXがパイロット工場を開設、年内に米・シンガポールで申請へ

上海を拠点とする培養肉企業CellXは今月、中国初の大規模なパイロット工場の完成…

イスラエル政府が培養肉コンソーシアムに約23億円の助成金を提供

イスラエル経済産業省傘下のイスラエル・イノベーション庁(Israel Innov…

MicroSaltは通常の半分量で、同じ塩味を実現する画期的な塩「MicroSalt®」を開発

アメリカ人は1日平均3.4gの塩分を摂取しているといわれる。これはFDA…

次回セミナーのご案内

マイコプロテイン・菌糸体タンパク質レポート予約注文開始

精密発酵レポート好評販売中

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,671円(05/21 12:27時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(05/21 21:45時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(05/22 01:23時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(05/21 18:20時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(05/21 11:03時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(05/21 21:17時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP