Foovo Deep

オランダ企業The Protein Brewery、マイコプロテインFermoteinの認可をシンガポールで取得

 

オランダのフードテック企業The Protein Breweryは先月、発酵由来の真菌バイオマス成分Fermoteinについてシンガポール食品庁(SFA)から製造・販売・輸入に関する認可を取得したことを発表した

同社はアメリカでGRAS自己認証を取得しており、今回のシンガポール当局による承認により、アメリカに続きシンガポールでも事業を拡大する考えだ。

The Protein Brewery、米国に続きシンガポールでも承認

出典:The Protein Brewery

2020年に設立されたThe Protein Breweryは、人口増加、気候変動、食料安全保障問題に対応するため、栄養価が高く、健康的で持続可能なマイコプロテインFermoteinを開発した。

同社が特定した菌種は、トウモロコシからジャガイモ、キャッサバ、サトウキビに至るまで、炭水化物が豊富で水効率の良い、地元で入手可能なさまざまな作物で増殖できる

食物繊維、タンパク質が豊富で色・味・匂いがニュートラルなマイコプロテインFermoteinは、ビールの醸造のようにタンクの中で製造できるため、理論的に世界のあらゆる場所でタンパク質生産が可能になる。同社が実施したライフサイクルアセスメントによると、Fermoteinは牛肉生産で必要な土地の1%、水の5%ですむことが証明されているという

特許から読み取れる真菌と開発戦略

出典:The Protein Brewery

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:The Protein Brewery

 

関連記事

  1. キッチンカーで植物肉を広めたい|学生団体Planmeetがクラウ…
  2. 代替ハチミツの米MeliBioが約6.7億円を調達、今春より生産…
  3. 大手プロテインブランドMyproteinが精密発酵タンパク質を使…
  4. TurtleTree、精密発酵ラクトフェリンの上市に向けて最初の…
  5. 穀物の腐敗検知・予測センサーのTeleSenseが約10億円を資…
  6. じゃがいもを原料に代替チーズソースを開発したLoca Foodと…
  7. 代替肉のビヨンド・ミートがマクドナルド、ヤム・ブランズとの提携を…
  8. 韓国の培養肉企業SeaWithは2022年末までにレストランでの…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

ネスレ、アニマルフリーな乳製品開発で精密発酵スタートアップと提携

ネスレが精密発酵市場に参入する。ネスレは12日、精密発酵により乳タンパク…

イート・ジャストの培養肉部門GOOD Meatが約110億円を調達、今年の調達総額は約305億円に

イート・ジャストの培養肉部門GOOD Meatは先月、9700万ドル(約110億…

【参加レポート】第34回食品開発展2023年10月@東京

「食品開発展2023」が10月4日から3日間、東京ビッグサイトで開催されている。…

微生物発酵で赤色着色料を開発するChromologicsが約8億円を調達

微生物発酵により着色料を開発するChromologicsが、シードラウンドを60…

Umami BioworksとCell AgriTech、東南アジア最大の培養肉工場計画を発表

シンガポールの培養シーフード企業Umami Bioworksとそのパートナーであ…

食品廃棄物を活用してマイコプロテイン由来の代替肉を開発するMycorenaとは

スウェーデンの代替肉企業Mycorenaは、廃棄される植物をアップサイクルして、…

次回セミナーのご案内

マイコプロテイン・菌糸体タンパク質レポート予約注文開始

精密発酵レポート好評販売中

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,671円(05/21 12:27時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(05/20 21:44時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(05/21 01:22時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(05/21 18:20時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(05/21 11:03時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(05/20 21:17時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP