Foovo Deep

米The Better Meat Co.がマイコプロテイン由来のフォアグラをリンクトイン本社で提供

 

マイコプロテインを使った代替肉を製造販売する米The Better Meat Co.が、カリフォルニア、サニーベールにあるリンクトイン本社で、代替フォアグラと代替ターキーハム(七面鳥のハム)を提供した。

今月最初の一週間、リンクトイン本社勤務の従業員は、マイコプロテインを使って作られた代替フォアグラを食べる機会を得た。

カリフォルニア州では生産方法に動物倫理上の問題があるとして、動物由来のフォアグラの販売は禁止されている。これに対し、動物の代わりにマイコプロテインを使ったThe Better Meat Co.の代替フォアグラはカリフォルニアで唯一合法的なフォアグラとして提供された。

同社CEOのPaul Shapiro氏は、「光栄なことにBon Appetit Management Co.と提携して、リンクトインのチームメンバーに未来の味を提供できました」とコメントしている。

生産期間が1日未満のマイコプロテイン「Rhiza」

出典:The Better Meat Co.

2018年に設立されたThe Better Meat Co.は、B2B向けにマイコプロテインを使った代替肉を製造販売している。

カリフォルニア州サクラメントを拠点とする同社は、菌糸体由来のマイコプロテイン「Rhiza(リザ)」を使い、ステーキ肉から鶏胸肉までさまざまな代替肉製品を生産している。

「Rhiza」の生産プロセスではじゃがいもなどの農業副産物をアップサイクルして、微生物発酵により1日かからずにマイコプロテインを生成している。

The Better Meat Co.によると、「Rhiza」は植物肉の生産で通常使用される、押出による植物タンパク質単離物よりもニュートラルな風味と、肉らしい食感を備えた食品成分となるという。その多様性について同社は、「ひき肉からブロック肉の代替品として比類のないものだ」と主張している。

「Rhiza」は卵よりも多くのタンパク質、牛肉より多くの鉄分、バナナより多くのカリウムを含む、アレルゲンを含有しない「完全なタンパク質」だという。

出典:The Better Meat Co.

生産で行う唯一の処理は「水の除去で、用途によっては細断すること」だとShapiro氏は海外メディアのインタビューで回答している。分別、単離、押出といった通常の植物肉生産で必要となるプロセスを介さずに「発酵を通じて肉らしい食感を備えた食品を生産」している。

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:The Better Meat Co.

 

関連記事

  1. 香港グリーンマンデーの代替豚肉オムニポークが米国上陸
  2. 【世界初】米The Every Companyがアニマルフリーな…
  3. イスラエルのYO-Eggが黄身と白身に分かれた代替卵を開発
  4. 機械学習でタンパク質収量を増やす英Eden Bioが約1.6億円…
  5. All G Foodsが約24億円を調達、細胞農業に特化したVC…
  6. 中国Dicosが米イート・ジャストの代替卵をメニューに追加、50…
  7. Daisy Labがシード資金を調達、今年半ばに精密発酵プロトタ…
  8. Mirai Foodsが厚さ1.5cm以上の培養テンダーロインス…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

日本ハム、動物血清の代わりに食品成分で培養肉を作製

日本ハムは、培養肉の生産過程で必要となる培養液の主成分を、動物血清から食品成分に…

英WNWNがカカオフリーチョコレートのB2B販売を開始

カカオフリーのチョコレートを開発する英WNWN Food Labsは今月、ベーカ…

インテグリカルチャーが培養フォアグラの開発に成功、試食を実施

培養肉を開発する日本のインテグリカルチャーは今月、アヒル肝臓由来細胞を培養した培…

ドイツのThe Cultivated B、EFSAに向けた培養ソーセージの承認申請手続きを開始

ドイツの培養肉企業The Cultivated Bは14日、欧州食品安全機関(E…

二酸化炭素、水素、微生物からタンパク質を作る米NovoNutrientsが約5.1億円を調達

工業的に排出された二酸化炭素、水素、微生物を活用して代替タンパク質を開発するNo…

細胞を培養して代替母乳を開発するTurtleTreeが約6億3千万円を調達

このニュースのポイント●代替母乳を開発するシンガ…

次回Foovoセミナーのご案内

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

精密発酵レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,671円(04/19 12:11時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(04/18 21:26時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(04/19 00:56時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(04/19 18:01時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(04/19 10:46時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(04/18 21:00時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP